「その他」のアーカイブ

保護中: 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ

2016年11月21日 | 保護中: 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

家具搬入&備品取り付け@六本木N邸

設計検査を終えて、順次指摘してポイントの是正工事が進行中の六本木N邸の現場ですが、是正工事の邪魔にならない部分から大型テレビや家具の搬入・取り付けが始まっています。

写真03_pt

現在一般マーケットで手に入る一番大型サイズの84インチの超大型テレビとその周辺機器が現場に届きました。

写真16_pt

今回はテレビとDVD、ステレオシステムと7.1chのサラウンド対応スピーカーシステムに加え、照明のコントロールや窓のブラインドの開閉、さらにはエアコンまでをアイパッドで一括コントロールするシステムを採用しているので、接続もクレストロンというコンピューターを介して繋ぎこんでもらっています。

DSC_1227_pt

このためにデザインしたニッチに大型テレビとB&Oのスピーカー、その隣にクレストロンやアンプ、お施主さまお手持ちのコンピューターゲームなどが設置されました。テレビの手前の床には、マナ・トレーディングに依頼したリミテッド・エディションのラグも搬入されています。

写真06_pt

細かい設定が必要はデリケートで複雑な作業なので、結局繋ぎ込みと設置でほぼ丸一日掛ってしまいました…。

写真26_pt

その間に、寝室に面した大型バルコニーにはデドン(ニチエス)でお願いした屋外用ソファーとテーブルが2セット入ってきました。

DSC_1223_pt

かたや寝室には、造作家具屋のYPOに依頼していたヘッドボードの設置が始まっています。ヘッドボードを初めとした幾つかの特注置き家具のデザインプロセスは、以前のブログでご紹介したものです。

DSC_1278_pt

元々、こちらの寝室は今回のリフォームではいじらない予定でしたが、他の部屋のグレードが上がってきたので、やはりこちらにも手を加えたいとのお施主様のご希望で、このように手を食わることになりました。とはいえ、壁や建具は残した状態でグレードアップを図ったので、このヘッドボードも既存の壁やコンセントをいじらずに単体で成り立つデザインで考えています。
ちょうど引き出しのなった個所の下部が点検口になっており、背部のコンセントと接続ができるような仕組みとしています。

DSC_1274_pt

こちらは丸一日掛りでも完成しませんでした。でもレザーの緞子張りパネルが入ったシックなデザインは、とてもカッコよく仕上がりそうです。

DSC_1275_pt

同じ寝室の正面壁に設置するチェストも運び込まれてきました。

写真15_pt

LDには白いカレカッタ・ドーロの大理石天板のフレックスフォルムのダイニングテーブルとインテリアズのダイニングチェアが設置されていました。ダイニングの照明の位置と丸柱、そしてダイニングテーブルがきれいに入るかが一番の問題でしたが、図面通りの場所に設置して貰ったところ、本当にうまくマッチしています。

写真22_pt

写真では軽やかに見えるダイニングテーブルですが、実は大理石の天板だけで約200キロの重量があるとてもヘビーなテーブルでした。大の成人男性6人掛りで慎重に共用廊下部分を運んでいる様子です。

DSC_1220_pt

大物のミノッティのソファーの設置も始まりました。大きいですが、こちらのマンションは大型エレベーターなどの面で搬入経路に恵まれているので、ここまでの搬入はそれほど難しいポイントはなかったようです。

DSC_1283_pt

リビングの壁際には、やはりYPOに依頼した特注のコンソールが設置途中です。中央に照明やスマートフォンなどの充電用にコンセントを設け、天板をレザー張りで仕上げるデザインですが、とてもスタイリッシュな出来になりそうです。

完成後の六本木N邸の写真はこちらをご覧ください。

 

 

タグ

2015年04月22日 | 家具搬入&備品取り付け@六本木N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション 六本木N邸

モルテーニの新しいショールーム見学

アルフレックスが扱っているイタリアの高級家具メーカー・モルテーニの新しいショールームが青山に完成したとのこと、オープニングパーティーに伺って参りました。

IMG_0374

根津美術館の並びでB&Bやジャズ・ライブハウスのブルーノートなどが並ぶ通りから少し奥まった個所に新しいショールームがありました。

IMG_0375

モルテーニの家具デザインもしているパトリシア・ウルキオラがデザインした2層吹き抜けになった新しいショールームの空間でした。ハイエンドの家具ですが、ショールームのインテリアは、高級素材ばかりを使った派手な空間では決してなく、素材を上手に使った、モルテーニの家具作りにも通じる丁寧な作りのインテリアとなっていました。

IMG_0369

505という名前のシステム家具シリーズで間仕切られた空間は、シンプルで軽快で家具がとても見やすい構成になっていました。これまではアルフレックスの家具の裏に置かれており、大きさばかりが目立っていましたが、オリジナルなショールームという場所を得たことで、家具自体が生き生きとして見えました。

IMG_0368

スタッフ全員でショールームに伺ったので、担当の小牧さんと記念撮影をさせて頂きました。左からスタッフの竹田さんと前田君、アルフレックスの小牧さんと各務です。
本日は建築&インテリアのプロ向けのオープニングで、あまりゆっくり見学することができなかったので、また日を改めてじっくり見学に伺いたいと思っています。

 

 

タグ

2015年03月13日 | モルテーニの新しいショールーム見学 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

白金台のビンテージマンションリノベーション計画Y邸

白金台で築29年の中古マンションのリノベーションのお手伝いをすることになりました。面積は175平米(53坪)の大型ヴィンテージマンションです。

140916shirokanedaiY-01

手前がリビングで、奥に人が立っているのがダイニングという変形リビングダイニングのお宅です。リビングは面積的にも広くて、整形ですが、ダイニングは梁型が目立ち天井も低く、このままではちょっと寂しいイメージでした。

140916shirokanedaiY-02

キッチンは一度手を入れているようですが、それでもビンテージ感ある変形キッチンでした。外国人向けで高さが高く、面積の割にはレイアウトが使いづらそうなので、新しいレイアウト案をご提案することになりました。

140916shirokanedaiY-03

こちらもビンテージ感がを感じる浴室です。在来工法なので、全面的にやり直しをすると大がかりな工事になることをご説明したところ、まずは古さを感じさせないように手直しして欲しいとのお話になりました。浴室乾燥機がついていいないので、天井の高さを少し落として、浴室乾燥暖房機を設置することになりそうです。

140916shirokanedaiY-04

大きな主寝室は、ちょうど窓前に樹木があって、気持ち良い部屋でした。クロゼットが不足しているので、壁際に一直線にクローゼットを設けることになりそうです「。

140916shirokanedaiY-05

キッチンの床の点検口から覗き込んだ床下の配管状況です。キッチン回りの床はスラブが下がっており、こちらのように水回りの給排水管が更新できるようになっていました。木製の束立てと鋼製の束が混じっており、幾度かリフォームをされた経歴が判ります。

140916shirokanedaiY-07

今回はスケルトンでのリノベーションではなく、消費税込で2000万円の予算で、どこまで手直しできるかというスタイルでの計画となっているので、間取りの変更をなるべく抑えて、目立って古い設備の更新やデザインのリニューアルを中心に広い面積を有効活用しながらどうバランスを取ってゆくかが難しい判断になりそうです。

140916shirokanedaiY-06

実は、以前違うお部屋でしたが、リフォームのご相談でこちらのマンションを拝見したことがありました。マンション内装の雰囲気はわかっておりましたので、事前に送っていただいていた平面図をベースにして、どこをどのように手直ししたら良さそうかを勝手に考えていたものをお見せしたところ、概ね気に入って頂けたようでした。

タグ

2014年09月04日 | 白金台のビンテージマンションリノベーション計画Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸

間取りと動線で成功リフォーム エクラに掲載されました

40代後半から50代に掛けての女性向けファッション誌エクラ(集英社)のリフォーム特集に記事を掲載して頂きました。

140603ekura-1

当初は、子育てを終えて自分たちの為に時間とスペースとお金を使ってリフォームをした事例の紹介をとのことだったのですが、ちょうど良い事例がなかったため、50代の女性が考えるべきリフォームについてのポイントについて説明させて頂きました。

140603ekura-2

「間取り」と「動線」について3つのポイントを纏めています。

  1. 空間に2つの役割をもたせて広々と
  2. 今後の暮らしを充実させる趣味専用のコーナーを
  3. 多彩な日常に対応できる裏の動線を設ける

具体的な事例としては、世田谷区N邸、千代田区HI邸、白金台S邸高輪I邸の図面を解説しております。

140603ekura-3

住空間のトレンドやエコロジーに関連して、建材や最新設備を紹介して欲しいとのことだったので、ビルトイン型のワインセラーユーロカーブ、間仕切りにもなるタオルウォーマーPSヒーター、天然素材の呼吸する壁紙ノイエローヴ、システマチックな収納ユニット金物のハーフェレ、天然クォーツの人工大理石シーザーストーン、場所を選ばない暖炉のバイオエタノール暖炉、複数の照明を一か所でコントロールするリビングライコンを紹介させて貰いました。

140603ekura-4

こちらが書いた記事以外にもエリア別に快適アイデアを解説したリフォーム実例も紹介されています。以前から知り合いだったBEAM前中さん渾身の記事で、女性誌でここまで住空間・フォームに力を入れた特集は久しぶり見た気が致します。是非本屋でご購入ください。

 

タグ

2014年06月02日 | 間取りと動線で成功リフォーム エクラに掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 千代田区HI邸 新製品・設備 白金台S邸 高輪I邸

ベイカー@東京ショールーム見学

これまで六本木M邸代官山T邸神戸M邸の家具・インテリア小物でお世話になってきたベイカー@Tokyoのショールームをゆっくり見学して参りました。

130806baker@tokyo-1

静かな東京プリンスホテルの地下に、もっと静かな時間が流れるショールームがあるのです。

130806baker@tokyo-3

アメリカの最高級家具のBaker(ベイカー)、もう少しカジュアルで、それでいてちょっとリッチで価格もリーズナブルなArteriors(アーテリアーズ)、照明器具のVisualcomfort(ビジュアルコンフォート)などの他の日本の家具屋では見られない種類の家具・小物が置かれており、僕らには正に宝箱のようなショールームです。

130806baker@tokyo-2

これらは代官山T邸や六本木M邸で検討した彫刻・アート小物と照明器具です。一点ものでは無いので、予想以上にリーズナブルな価格で購入できることも嬉しいことです。

130806baker@tokyo-4

質感とちょっとしたクセがあって、それが魅力に繋がっている照明ランプ・スタンドを見ているだけで、インテリアのアイデアが浮かんできます。

130806baker@tokyo-5

ソファーも素敵ですが、張られている記事、そしてそれよりクッションの質感がカッコ良いのです。

130806baker@tokyo-6

Safavieh(サファヴィヤ)のラグもユニークな柄で、大きくインテリアの雰囲気を変える武器になりそうです。
これまでも幾度か探し物の相談で伺ってきましたが、なかなかゆっくり時間を取ることができなかったので、扱っている輸入家具の特徴を伺うことができて、インテリアの勉強になるとても楽しいひと時でした。 丁寧にご説明下さった梶田社長、どうもありがとうございました!

タグ

2013年08月21日 | ベイカー@東京ショールーム見学 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション マンションリフォーム 代官山T邸 六本木M邸 神戸M邸