「学校・セミナー」のアーカイブ

「仕事にできるかマンションリフォーム」セミナー@東京建築士会

東京建築士会の住宅問題委員会からのお声掛けで、ビジネスとしてのマンションリフォームについてのせセミナー、その名も「仕事にできるかマンションリフォーム」というお題でお話をさせて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

定員一杯とはならなかったようですが、70名以上の方々が参加してくださり、熱心に聴講してくださいました。ほぼ全ての方々が建築士の有資格者というプロ中のプロの中で、どこまでビジネスとしてのマンションリフォームについてお話してよいのか、随分迷いましたが、今の僕らが判っていること、知っていること、ほぼ全てを公開することといたしました。

建築士会セミナー_150213-14

元々、マンションリフォームにターゲットを絞って設計事務所を始めた訳でなないので、どのような経緯でマンションリフォームに特化したのかから説明を始めました。チャートにある白金台W邸と鵠沼W別荘は、ちょうど同じ時期に同じお施主さまのご依頼で、白金台にあるマンションのリフォームと神奈川県藤沢市に戸建ての新築別荘を設計監理した際の経験を纏めた比較シートとなっています。

建築士会セミナー_150213-46

その他にも

  • 具体的なマンションリフォームの設計手法
  • 建築士がどのようにマンションリフォームに参入すべきか
  • 建築士ならではのマンションリフォームとは
  • マンションリフォームのお施主さまのイメージ像

等についてご説明させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

始めに、僕の方で70分のお話をした後、建築設計工房パッソ・ア・パッソの鈴木さんがマンションリフォームの実務やお施主さまとのコミュニケーション方法を、生き生きとした失敗談なども交えてお話をしてくださいました。写真は、鈴木さんのお話の後に質問をお受けしている様子です。
ここでは、より実務に際した具体的な質問が多く、

  • 施主プレゼンのどの段階で設計料や設計契約の話をするのか
  • 施工業者を選定する際に注意している点について
  • ウェブで集客する際にどのようなキーワード設定をしているのか

など、こちらとしてもここまでお話してよいのかという際どい回答になりました…。

まだ、アンケートの集計待ちではありますが、概ね好評だったとのことを事務局側から伺っており、まずはホッとしております。お声掛けくださった住宅問題委員会の皆さま、事務局としてサポートしてくださった東京建築士会の皆さま、そしてご興味を持ってセミナー聴講に来てくださった皆さま、どうもありがとうございました!

 

タグ

2015年02月13日 | 「仕事にできるかマンションリフォーム」セミナー@東京建築士会 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション マンションリフォーム 学校・セミナー

東京建築士会でのセミナー告知

来月2月13日(金)に東京建築士会にてマンションリフォームについてのセミナーを行います。全体のタイトルは「仕事にできるかマンションリフォーム」で、各務は「ビジネスとしての高品質マンションリフォーム設計」というお題でお話させて頂く予定です。

最終141120_住宅問題委員会セミナー3チラシ

東京建築士会は建築士有資格者の職能団体の東京支部で、会員は建築設計事務所、建設業、工務店、不動産業、官公庁、学校等の職域に広く分布し、建築士の資格を有する者の全てを対象としているそうです。今回のセミナーはその中の住宅問題委員会が主催で、これまで建築士があまり取り組んでいなかったマンションリフォームに着目し、どのように建築士であることを活かして仕事に取り組んでいるかを説明して欲しいとのご依頼を受けております。
登壇者は私、各務だけでなく、この道の先輩で女性建築家として暮らしやすいマンションリフォーム設計に取り組んでいらっしゃる建築設計工房パッソ・ア・パッソの鈴木ひとみさんもお話して下ることになっております。プロの建築士向けのセミナーですので、素人の方には難しい内容となるかと存じますが、これからマンションリフォームに取り組みたい建築士の方々は是非いらしてください。

 

タグ

2015年01月26日 | 東京建築士会でのセミナー告知 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 学校・セミナー

第3回マンションリフォーム事例発表会@REPCO

マンションリフォーム推進協議会(REPCO)主催の第3回マンションリフォーム事例発表会にて発表の機会を頂きました。

R0048290

発表事例は、第31回住まいのリフォームコンクールで優秀賞を受賞した世田谷区N邸です。コンクール応募時の「部屋の凹凸を利用した機能付きニッチで生活に潤いを」をタイトルにしてプレゼンいたしました。

世田谷区N邸_発表会用資料_141117-7

いつもお決まりのパターンですが、既存住宅の問題点を設計者視点で纏めて…

世田谷区N邸_発表会用資料_141117-4

お客様のリフォームに際してのご要望とそれに対しての設計側の考え方を整理して…

世田谷区N邸_発表会用資料_141117-16

メインのリビングダイニング空間の周りに、機能と特有の空間性を持ったニッチを配置し行くリフォームが完成したという流れでご説明いたしました。

R0048293

他の発表事例は三井不動産リフォームや長谷工リフォーム、ミサワホームイングや住友林業ホームテックなどの超大手企業ばかりの中で、個人設計事務所系はただ一人の発表でした。
3年連続での発表で、今回はオオトリを務めさせていただきました。

R0048305

発表会後には、リフォームコンクールの審査委員長である理科大名誉教授の真鍋先生の講評を頂きました。発表会の帰り道、真鍋先生と地下鉄で偶然隣の席に座らせて頂いたので、コンクールや事例発表などでの忌憚のないご意見を伺うことができたのが、また大きな収穫でした。

タグ

2014年11月17日 | 第3回マンションリフォーム事例発表会@REPCO はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション 世田谷区N邸 学校・セミナー

「奥様を喜ばす建築家のキッチン提案」プロ向けセミナー@オゾン

先週と先々週の2週連続で、新宿リビングデザインセンターオゾンにて、プロの建築家・インテリアデザイナー向けのセミナー「奥さまを喜ばす建築家のキッチン提案」を行いました。

140808ozone_kitchen-01

昨年のユーザー向けのセミナー「建築家とのおいしいキッチンリフォーム」でもお話しさせて頂いたオゾン内の「暖炉とコンロ」ショールームです。

140808ozone_kitchen-11

これまでのキッチン設計の経験を元に、3つのタイプのキッチン設計の事例をパワーポイントで説明いたしました。
3つのタイプとは、

  • 子育て&料理大好きキッチン
  • 人を招く2ウェイキッチン
  • 料理を作らないキッチン

です。そのお施主さまの考え方や特徴、設計者としてヒアリングで注意すべき点、機器選択で考えるべきポイント等を整理致しました。。その後、それらを纏めたキッチン設計のコツまで解説致しました。

140808ozone_kitchen-03

実は今回のセミナーは、「オゾン内のショールームの幾つかが連携して主催するセミナー」という、オゾンとしても初めて試みだったそうです。パワポを使ってのお話の後は、主催者である二つの会社のショールームを、建築家視点で案内・解説させて貰いました。
まず初めはレンジフードの最大手・富士工業さんのinnoinno(イーノ・イーノ)です。いつも愛用しているアリアフィーナや、実際には使ったことがないですが、いつも気になっていた換気ライトを、お施主さまに説明するうえでのポイントや採用するうえでの注意点を中心に、富士工業の奥さんと説明させて貰いました。

140808ozone_kitchen-04

こちらは、もう一つの主宰者であるドイツの金物メーカー(商社?)の雄・ハーフェレのショールームです。写真の引き出し式パントリー金物は、価格がそれなりに高いですが、奥行きがあるキッチン収納を効率的に使える優れもので、これまでに5回ほど採用させて貰ったことがあります。その他、レイリングシステムや引き出し金物などについて、ハーフェレの佐野さんと大木さんに詳しい解説をして貰いました。

140808ozone_kitchen-05

3つ目の主宰者である「暖炉とコンロ」に戻って、初日の纏めと次回の予定について説明させて貰いました。自然派住宅設計の女性建築家やシニア向け住宅のプロデューサーから、家具デザイナー、リフォーム設計事務所の若手スタッフ、ハウスメーカーのデザイナーの方まで幅広いプロの方が参加してくださいました。
今回のセミナーの3つの主宰者、ハーフェレさん、富士工業さん、ガスコンロは本当に実際のキッチン設計で愛用している製品、メーカーさんだったので、お話し中で自信を持ってお勧めすることができました。

140808ozone_kitchen-07

こちらはその翌週のセミナーの様子です。初回は座学を中心とした構成でしたが、この日はキッチンスタジオを使って、実際に料理を作る手順、動線を見学しながら、どの段階でどのような設備・器具を使って、どこに手拭きやゴミ箱が必要となるか、コンセントの位置や調味料の置き場所、片付けで気を付けなければいけないポイントなどをシュミレーションを通じて学んで頂きました。
写真中央の暖炉とコンロの小早川さんにはどのようなメニュー(今回は「夏のハンバーグ編」でした!)をどのような手順で作るかを、事前に資料にまで纏めて貰いました。

140808ozone_kitchen-08

第三者として調理の手順を見学していると、自分だけの癖が見えてきたり、新たな発見も色々と見つかり、とても新鮮で楽しい経験となりました。参加者からも質問の嵐になって、小早川さんと各務で意見の相違もあったりで、実に活発な議論の場となりました。

140808ozone_kitchen-12

因みにこちらが、小早川さんが用意してくれた調理手順付きレシピです。こちらに、どの手順でどのような設計者としての注意点が必要かを書き込むスタイルとなっています。

140808ozone_kitchen-09

二日目の第二弾は、各務が現在進行形で設計しているキッチン・レイアウト図を2例、10分の1に拡大した大きな図面で、どのようなことをお施主さまと話しながら、最初の段階からどう変化してきているかを説明しました。参加者の方々からの「こうしたら良いのでは」といったアドバイスなども出てきて、やはり丁々発止の(お話しする側としてはドキドキの)楽しい場となりました。

140808ozone_kitchen-10

そして全てが終わった後では、調理実習で作って貰った、和風おろしハンバーグ、トウモロコシのポタージュ、夏野菜のグリル、ツナ舞茸の炊き込みご飯に加え、オゾン側が用意してくれたおつまみとお酒を頂きながらの懇親会です。ここでも、高額のキッチン設計を受注するためのコツや、ローコストで如何にお施主さまを満足させるキッチンを作るか等についての質問が沢山出て、ゆっくり食事を楽しむことができない程でした…。
各務の知名度不足と、告知の時間が足りなかったことで、残念ながら期待していたほどの参加者が集まりませんでしたが、人数が少なかった分だけ濃密で、踏み込んだ内容の刺激的な内容のセミナーになったと思っています。企画から最後の懇親会までオーガナイズして下さったオゾンの堀内さんと菅野さん、各ショールームの担当者の方々、そして何よりセミナーに参加して下さったプロの方々、どうもありがとうございました!

 

 

タグ

2014年08月05日 | 「奥様を喜ばす建築家のキッチン提案」プロ向けセミナー@オゾン はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 学校・セミナー

建築家とのおいしいキッチンリフォームセミナー@オゾン

新宿のデザインセンター・オゾンにて、「コンロを囲んで体験する 建築家とのおいしいリフォーム」という題目で、キッチンリフォームについてセミナーをさせて頂きました。

131124kitchensemina_ozone-1

会場は東京ガスが作った「暖炉とコンロ」という展示スペースで、写真のようなとてもリラックスした雰囲気の中、少人数の来客の方々に話しかけるようなスタイルでのセミナーとなりました。

ƒJƒKƒ~Œš’zŒv‰æ‚̃fƒUƒCƒ“ƒŠƒtƒH[ƒ€

キッチンリフォームというと構えてしまう方が多いのではと思ったので、お料理を作るプロセスと、キッチンリフォームのプロセスの似ている点を比べて、もっと気軽にキッチンリフォームを考えても良いのではというご提案となりました。

131124kitchensemina_ozone-2

写真ではちょっと判りにくいのですが、僕が座っている部分が少し高くなっているので、そこに胡坐を組んでお話しするスタイルで、こちらもすっかりリラックスしてしまいました。来てくださった方々は、キッチンリフォームを真剣にご検討中とのことで、熱心にメモを取りながら、話を聞いてくださいました。

ƒJƒKƒ~Œš’zŒv‰æ‚̃fƒUƒCƒ“ƒŠƒtƒH[ƒ€

キッチンリフォームでは、具体的に3つの事例を挙げて、

  • 同じレイアウトで広くするリフォーム、
  • 壁に沿っていたキッチンを対面型にするリフォーム
  • 閉じていた台所をアイランドカウンターにするリフォーム

のご説明を致しました。

ƒJƒKƒ~Œš’zŒv‰æ‚̃fƒUƒCƒ“ƒŠƒtƒH[ƒ€

最後には、これまでのキッチンリフォームの体験を踏まえて、キッチンリフォームのポイントを三か条に纏めてみました。オレンジの部分に各項目の説明があるのですが、ここでは内緒にさせて頂きます。ご興味がある方は、どうぞお問い合わせください…。

131124kitchensemina_ozone-4

セミナーは2部構成になっており、僕のお話のあとは、実際にアイランドキッチンに車座に座ってのお料理体験となっています。お料理の専門家、小早川先生の手際の良いお料理を見ながら、最新ガスコンロの使い方やその特徴について学ぶことができました。使われていたコンロは、実際に使ったことがあるコンロだったので、その良い点や疑問に思う点も、座談会形式の中でお話しすることができました。

131124kitchensemina_ozone-3

お料理実習のあとは、試食会で、土鍋で炊いた炊き込みご飯や、ダッチオーブンで焼いたミートローフなどを参加して下った皆さま、そして今回の企画を作って下さったオゾンのスタッフの方々と一緒に楽しく頂きました。参加して下さった方々、そして企画して下さったオゾンの皆さま、どうもありがとうございました!とても楽しく美味しいセミナーでした。

 

 

 

タグ

2013年11月24日 | 建築家とのおいしいキッチンリフォームセミナー@オゾン はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 学校・セミナー

マンションリフォーム事例発表会@レプコ

昨年から参加させて貰っているマンションリフォーム協議会(REPCO)主宰の第1回マンションリフォーム事例発表会のプレゼンターに選ばれました。

130218MR_jireihappyoukai-2

レプコに参加している会社の社員のみを対象とした発表会で、高輪I邸をサンプルとしてリフォーム工事の際の事前調査の重要性や、経緯的に関わらざるを得なかった共用部に関しての工事についてのお話を20分間でプレゼンさせて頂きました。

130218MR_jireihappyoukai-1

写真のように大盛況で、この道の専門家・プロの方ばかりが140名以上が集まった会場で、大いに緊張しながら発表させて頂きました。

 

130218MR_jireihappyoukai-4

いわゆるリフォーム前後の写真の紹介ではなく、なるべく技術的かつ専門的な内容に特化して欲しいとのご依頼を事務局より承っていたので、現場でどのようなスケッチを描いたか、どのような書式で工事の内容をお施主様にご説明したか等の資料もパワーポイントで発表させて頂きました。

130218MR_jireihappyoukai-3

全員の発表の後には、サプライズゲストとしてリフォームコンクールの審査委員長の上杉啓先生から総評を頂きました。因みに本日発表した会社は、住友林業ホームテック、パナソニック、長谷工リフォーム、三井不動産リフォームといった大手リフォーム会社ばかりで、僕らのような小さな設計事務は1社だけだったので、とても名誉なことと張り切ってお話しして参りました。

タグ

2013年02月18日 | マンションリフォーム事例発表会@レプコ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリフォーム 学校・セミナー 高輪I邸