「広尾I邸」のアーカイブ

広尾I邸の検査・お引渡し

先日中間検査をしたばかりの広尾I邸のリフォーム工事が、早くも完成しお施主さまの検査に立ち会って参りました。

130905hirooH_shunkou-01

Iさまご夫妻とお嬢様が、このタイミングに合わせて再度帰国してくださいました。右に立っているのが、工事をお願いした武田工務店の武田さんです。

130905hirooH_shunkou-02

お嬢様と一緒にキッチンの使い勝手を確認していらっしゃっるHさまの奥さまです。外国暮らしが長いお二人なので、日本のレンジフードを興味深そうに眺めていらっしゃいました。

130905hirooH_shunkou-05

こちらがキッチンの全容です。薄いグリーンの扉と人大の天板、キッチンパネルも薄いグリーンで上品な出来上がりになっていました。

130905hirooH_shunkou-06

この冷蔵庫もキッチン屋のジーマティック社に支給して貰ったものです。冷蔵庫横と上の収納は、キッチン扉に合わせて大工さんに作って貰いました。取手金物もジーマさんにお願いして支給して貰ったので、上手くマッチしたデザインとなりました。

130905hirooH_shunkou-04

まだ、家具が入っていない状態ですが、完成後のリビング・ダイニングです。壁際だけを明るくして、部屋中央にはほとんど照明を設けず、家具横にレイアウトするスタンドライトで部屋の明るさをコントロールする欧米スタイルの生活になる予定です。

130905hirooH_shunkou-07

玄関タタキには大理石敷きになっています。ただし、普通の大理石を張るには厚みが十分になかったので、コンフォート社のイージーストーンを初めて使ってみました。「EASYSTONE」は3ミリ厚の天然大理石を、実(さね)付きの特殊プラスティックに張り合わせた、12㎜の新しい化粧材です。接着剤込みで12.5ミリで仕上げることができ、また目地なしで、突きつけ仕上げが可能で、更に簡単でスピーディな施工性がある素材です。

130905hirooH_shunkou-08

廊下からリビングを見返したアングルです。右側の壁面収納は、古い家具を活かして、扉を塗り直し、取手を交換しています。

130905hirooH_shunkou-10

オーだユニットバスの東京バススタイルにお願いしたメインの浴室もきれいに仕上がっていました。もとはキッチンにあった洗濯機を浴室横の洗面所に移設しています。この両室の排水管は、シンダーコンクリートを斫って、全てやり替えています。

130905hirooH_shunkou-09

こちらは主寝室横のサブの浴室とトイレです。外国人仕様なので、トイレと浴槽が横合わせに並んでいます。こちらには大理石調のタイルを張って貰い、照明を交換し、浴槽も塗装で仕上げて貰いましたが、とても上質な空間に仕上がりました。

130905hirooH_shunkou-11

廊下横には来客用のトレイもあります。こちらの家具のジーマティック社にお願いしています。背面のクロスだけアクセントを張っています。
まだ未成工事や、やり直し工事があるので、まだ本当の完成ではありませんが、一度お引渡しをして、これからはHさまのご家族が帰国時には使い始めることになります。工事途中からのリフォームアドバイスは初めての経験でしたが、お施主様の忍耐力と、工務店の頑張りで何とかお役に立つことができたのではと思っています。

 

タグ

2013年09月05日 | 広尾I邸の検査・お引渡し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリフォーム 広尾I邸

3/4検査@広尾I邸

リフォームアドバイザーとしてお手伝いしている広尾I邸の中間検査に立ち会って参りました。中間と言っても、キッチンのセットアップがほぼ終わり、オーダーのユニットバスも設置されているので、3/4検査といった方がより正確かもしれませ ん。

130830hirooH_chukankensa-1

現在外国に在住中のIさまご夫妻が帰国したタイミングに合わせての現場確認でした。こちらはリビングですが、当初は梁をよけて2箇所は天井を空けて、1スパン分は梁下に合わせてフラットな天井にする予定でしたが、現地を見て頂いた上で、3つのスパン分全てを天井を上げることになり、急遽ボードを撤去して貰いました。

130830hirooH_chukankensa-2

こちらがキッチンの据え付け状況です。お施主さまがご自身で見つけてくださった高級ドイツ製オーダーキッチン屋のキッチンのジーマティック社のショールームの現品処分品だったそうで、格安で手に入れることができたとのことでした。ザッと見たところ、大きな傷もなく、とても良い買い物をなさったことがよく判りました!

130830hirooH_chukankensa-3

かつてはビニールタイル敷きだった玄関は、タイル撤去のあと、シンダーコンクリートを斫ってから、モルタルでフラットに均して貰いました。こちらにはブラウン色の天然大理石を張る予定です。

130830hirooH_chukankensa-4

外国人仕様のヴィンテージマンションなので、浴室が二つありますが、そのうちの一つはオーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いしています。タイトな寸法でしたが、きっちり納めてくれていました。

130830hirooH_chukankensa-5

ユニットバスの壁裏で配管されている給水・給湯管です。相当キツキツの寸法で納めて貰っているかがよく判る写真です。もとは在来のタイル張りの浴室でしたが、こちらのタイルを斫ると余分な騒音が発生するので、近隣へのご迷惑も考えて、このような納まりとしています。

130830hirooH_chukankensa-6

主寝室の奥にあるもう一つの浴室は、配管や防水層はやり替えず、既存のタイル上からカチオンタイト(セメント系カチオン性樹脂モルタルの仲介接着用下地調整塗材)を塗って、下地として貰っています。こちらにお施主さまと一緒に選んだユニークなタイルを張る予定です。

130830hirooH_chukankensa-7

主寝室の水廻りは、費用や騒音、そしてスケジュールの事を勘案して、シンダーコンクリートに埋め込まれている排水管は撤去・更新しないことになっています。こちらは浴室手前の洗い場の排水管の錆状況です。赤錆が発生して、水の通路が狭くなっていることが判ります。こちらをワイヤーブラシを使って錆を落とすと、鋳鉄管が傷んで水漏れの原因になる可能性もあるで、お施主様に十分ご説明の上、この状態で新しい洗面カウンターを上に設置し接続することと致しました。非常に難しい判断でしたが、もう一つの洗面と浴室は、排水管を更新しているので、最悪ケースで水が漏った場合でも、そちらを使うことにするとのことで、ご納得して頂くことができました。

 

 

タグ

2013年08月26日 | 3/4検査@広尾I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリフォーム 広尾I邸

広尾のヴィンテージマンションリフォーム計画が始まりました

広尾の築39年、153平米(46坪)のヴィンテージマンションのリフォーム計画が始まっています。

130701hirooHtei_kaitai-1

実は、初めてお話を伺った際には、既にリフォーム工事の工務店が決まっており、プランも当然決まっていたプロジェクトなのです。お施主様が海外に在住中で、デザイン的な助言や留守中の工事チェックで手伝ってくれないかとのご依頼があって、「デザインアドバイス」&「施主代行としての工事チェック」という形でお手伝いすることになりました。

130701hirooHtei_kaitai-2

共通のお知り合いが居たという事情はありますが、メールのやり取りだけで仕事の範疇をほぼ決めて、来日した際に初めて打合せをしたのが、工事着工当日という超変則でのアドバイスは、当然ながら初めての経験です。

130701hirooHtei_kaitai-3

3時間ほどの集中したお打合せをしただけでしたが、その直前にした僕らの現調の結果をお伝えして、予定していなかった浴室周りの排水管の交換も実施することになりました。その打合せの2日後には、写真のような状態で、天井も解体されていました。130701hirooHtei_kaitai-4

キッチンが外された状態での打合せで、かつてはキッチン内にあった洗濯機を洗面に移設し、その場所に冷蔵庫を移設することが決まりました。

130701hirooHtei_kaitai-5

こちらはキッチンキャビネット内に隠されていた謎の配管類です。竣工時の図面の読込みと、管理会社へのヒアリングで、大きく出っ張っている配管は、既に使われなくなった床暖房の給湯管で、更に竣工当初のシンダーコン埋設のキッチン排水管はコロして、5年ほど前にスラブを貫通して新たなる排水管を設置していることが判りました。130701hirooHtei_kaitai-6

こちらは玄関裏の点検口から入ることができたPS内部の配管状況です。手前左の竪管が雑排水と汚水を合流させて排水竪管で、そこから3本の管が横引きされているのですが、なぜか銅管と亜鉛メッキ鋼管が併用されていました。シンダーコンクリート内部のどこかで何らかの方法で異種金属が接続されている可能性もあるので、その危険性をお施主様にお伝えしたうえで、この部分の排水管は全て交換することになりました。
実は、その後の管理組合・管理会社との折衝でも、色々なやり取りがありました。当初はPS内は共有部分なので交換できないと言われましたが、状況を現地にて示して粘り強く交渉した結果、却って横管は今回の工事で交換して欲しいと依頼されることなりました…。130701hirooHtei_kaitai-9

こちらはかつての浴室があった個所の解体状況です。竣工当初は在来工法での浴室だったものを、一度パンユニットの浴室にリフォームされていました。排水管から交換することになったので、オーダーユニット浴室の東京バススタイルの眞柄さんと和久田さんに現地に来て貰い、浴室リフォームの方法を検討致しました。

130701hirooHtei_kaitai-10

さすがこの道のプロのお二人で、現場でどんどんマーカーで工務店さんへの指示を書きこんでゆき、床段差のレベルや、天井高さの設定、給水・給湯管の位置、排水管のルートなどを決めていってくれました。

130701hirooHtei_kaitai-8

そうこうしている間にリビングの天井もほぼ解体され、メールでのやり取りで、新しい天井の形と照明のレイアウト計画も決めることができました。工事の流れを落さない形で、何とか上手くアドバイスして行ければと思っています。Hさまご夫妻、そして工務店の武田さん、どうぞこれからも宜しくお願いいたします!

タグ

2013年07月02日 | 広尾のヴィンテージマンションリフォーム計画が始まりました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリフォーム 広尾I邸