Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

目白の高級マンションリフォームY邸完成

目白Y邸

目白の高級マンションのリフォームをお手伝い致しました。

140624mejiroY-02

実はこちらのお施主さまのYさまは、以前目白エリアの他の中古マンションをご購入してリフォームする計画があった際に、物件購入のアドバイスやリフォームプランの作成をお手伝いさせて頂いたお客さまでした。色々な事情で、今回別のマンションを購入することになったとのことで、こちらでもリフォームのご相談を頂きました。

140624mejiroY-14

こちらがリフォーム前のリビングです。以前の持ち主の方がテレビを中心とした生活をするために、大きなテレビボードを壁に組み込んでありました。Yさまは北欧テイストの家具を集めていらっしゃるとのことで、このテレビボードはデザイン的にもライフスタイル的にも合わないので撤去したいとのご希望でした。まだ、築8年と新しいマンションなので、他には大きく手を加える必要はないとのことでしたが、お好きなインテリアテイストや、二人のお子さまたちの部屋や子供部屋の考え方、また細かい点で気になる箇所をどのようにリフォームすべきか等のご相談に乗ることになりました。

140624mejiroY-13

他にも、仕上げ材については床以外はほぼ全面交換、水廻りの設備も交換すべきかクリーニングで済ますべきかなど、迷っていらっしゃる項目が沢山あったので、とにかくそれらの要望を一つの図面に纏めて、見積りができるようにしてゆきました。
当初リフォーム工事は不動産屋さんが紹介してくれた大手のS社で行う予定でしたので、この図面を渡して見積りを依頼致しました。ただ、営業マンの反応が悪く工期 も二度も順延になったりで不信感が強くなってしまったので、こちらからお付き合いのあるリフォーム会社のリフォームキューさんをご紹介したところ、大きく工事費を減額することもできたと感謝して頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

一度見積りの前に仕上げ材を決定するために、こちらの事務所に来て頂き、沢山のサンプルの中からデザインとコストパフォーマンスを重視して、床のカーペット、壁紙を選んで頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

通常のマンションリフォームの設計&監理とは違い、デザインアドバイスというスタイルで設計料をコストダウンしています。コストダウンした分、工事最中の現場を見に行く契約ではありませんでしたが、内容に細かい指示が多かったので、抜けやミスがないかを確認するために、スタッフの前田君に現場を見に行ってもらいました。

140624mejiroY-01

こちらがリフォームが完成して、家具が入って暮らし始めた情景です。写真で見ると、それほど大きな違いが無いように感じられるかもしれませんが、古びたり黄ばんだりした箇所が全て修繕されており、きれいでさっぱりとした快適な空間に生まれ変わっていました。

140624mejiroY-04

玄関ホールは、高級な大理石張りの床なのに、巾木が木で作られていたものを床と同じ柄の大理石に変え、正面の壁にはテクスチャーのある特殊な壁紙を張ることをアドバイス致しました。

140624mejiroY-03

当初は特殊なテレビボードがあった壁は、収納を撤去してから、デザインの大枠を決めた上で、造作家具が作れるタイム&スタイル社をご紹介して作って貰った造作本棚&飾り棚です。

140624mejiroY-05

素敵な主寝室は、当初は天井シーリングライトの照明となっていたものを調光のダウンライトに変え、壁紙やカーペットも質が良くてCPが良い製品をご紹介させて頂きました。

140624mejiroY-06

お二人の子供部屋です。当初はリビングを削って、もう一つ部屋を増やすことも検討なさっていました。お子様の年齢を考えて個室が必要になるのはまだ先なので、そこまで今の段階で費用を掛けることはないのではとアドバイスして、二段ベッドにあった照明計画に手直しすることになりした(従来は折り上げ中央部にシーリングライトでしたが、二段ベッドの上段の子供と干渉するので、位置をずらしてライティングダクトを採用しました)。

140624mejiroY-07

仕様自体は問題なかった浴室ですが、アクリル製の浴槽が黄ばんで不潔に見えたので、浴槽を白くコーティングすることをお勧めいたしました。また、水栓金物は交換し、透明ガラス張りだった浴室扉には曇りガラスシールを張ることとアドバイスしました。

140624mejiroY-08

洗面も細かく手を入れて手直ししましたが、もしかしたら一番奥さまに感謝して頂いたは、この洗濯機コーナーかもしれません。以前はビルトイン型の容量が小さい洗濯乾燥機とその上の奥行きのある収納でしたが、お子さまたちが遊び盛りなことから、日本製の大型洗濯機に交換して、上部にはオープンな棚とハンガーを引っ掛けられるバーを設けています。

140624mejiroY-11

まだ家具のレイアウトがしっくりとしていないという事だったので、テレビの位置を移動し、それに合わせてソファーのレイアウトを変更し、ダイニングの位置をずらすアドバイスをさせて頂きました。

140624mejiroY-10

リフォーム工事は、現場を纏めて貰ったリフォームキューの岩波さん、こちら側のまとめをして貰ったうちのスタッフの前田君と完成の様子を見学に伺わせて頂きました。築浅のマンションリフォームでは、どこを残して、どこをリフォームするかの判断が最も難しい課題です。目白Y邸では、引っ越しの日程がほぼ決まっているスピード感の中で、お施主さまの意見を細かく伺い、コストパーフォーマンスに留意しながら今すぐやるべきリフォーム項目を纏めるお手伝いをさせて頂いたことを大きく評価して頂きました。
冷たいお茶と美味しいマカロンをご馳走になりながら、ここまでのリフォームの楽しかった話しに華を咲かせ、楽しい時間を過ごさせて頂きました!

 

ページトップへ戻る