Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

キッチン取付け工事@横浜伊勢山Y邸

横浜伊勢山Y邸

リノベーション再販プロジェクトとしてスタートした横浜伊勢山Y邸ですが、工事が進んでオーダーキッチンの取付工事となってきました。

キッチン中央に十字型の通路が通って、4分割されている変形キッチンとなっていますが、それぞれのパートが小さく見えなく、使いやすくなるようにデザイン的な工夫をしています。

ダイニングからキッチン側を見た正面には、シンクのある大きなオープンカウンターキッチンと、通路の先にはビルトインのワインセラーが入るレイアウトとなっています。ワインセラー置き場の横で、柱に隠れた個所に冷蔵庫が来て、ワインセラーの後ろのカウンターに電子レンジやトースターなどの調理機器類を隠せるようになっています。

こちらが通路に立って、ガスレンジカウンター(右)と調理機器置き場を兼ねるカップボード(正面奥)で、左側の通路に沿って、ワインセラーと冷蔵庫置き場が並んでいます。

キッチンの一番奥にパントリー(食品庫)がありますが、そちら側からキッチンを見返した写真です。右側のカップボードが、ダイニングから完全に隠れた位置関係にあることが判ります。

玄関ホール側からは、引き込み扉でキッチンが隔たっていますが、それを開けると寝室側の廊下にまで一直線で動線が通じています。

その他、キッチンと繋がったダイニングの壁面パネルや、折り上げ天井の照明ボックスも仕上がってきています。

ダイニングの反対側の壁には、ウォールナットのフローリングを羽目板状に貼った壁があり、ワインセラー置き場にも同じ羽目板があり、呼応するデザインとなっています。左奥に見える広いバルコニーにもウッドデッキを張る予定です。

リビングから玄関ホールを見返した写真です。今は一体に繋がってしまっていますが、大きなスチールサッシが入って、二つの空間を視覚的には繋げながら、空間としては間仕切ってゆくことになります。

二つの折り上げ天井を繋いでいる、小さな折り上げ部分にもオークの羽目板が貼られました。

 

 

ページトップへ戻る