Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ビフォー&アフター 横浜伊勢山Y邸の竣工検査

横浜伊勢山Y邸

横浜伊勢山Y邸のリノベーション工事が完了いたしました。

早速に家具なしではありますが、竣工写真を撮影させて頂きましたので、リノベーション前と後を比較するビフォー&アフターの写真を作ってみました。
リビング側から玄関ホールを見返したアングルの写真です。かつては、リビングとダイニングが大きな可動建具で仕切られていましたが、それを撤去して、二つの空間を一体化しました。また、玄関ホールからの建具が唐突だったり、PSや柱型のせいで凸凹していたラインを特注の大型スチールサッシでスッキリと整理してみました。

因みに、こちらがお客さまの竣工検査時の様子です。前とは打って変わったシックで高級感のあるデザインになったことで、とても喜んでくださいました。

こちらからリビングからダイニングを見た写真のビフォー&アフターです。スチールサッシはリビング側にせり出してきていますが、ラインがきれいに揃ったことと、ダイニングとの仕切り建具が無くなったことで、却って広く感じられるのではないでしょうか?窓のサッシと連続した大判の鏡も効いていますね。

ダイニングからキッチンを見返したアングルです。L字カウンタースタイルだったキッチンを二つに分けて、ダイニングに対面したカウンター側にシンクを持ってきています。また、冷蔵庫が隠れた位置におけるレイアウトとなっていましたが、冷蔵庫をより使いやすい位置に変更するとともに、ワインセラーとワイングラス収納を冷蔵庫の隣に持ってきて、華やかさを加えています。
以前は空間的にもキッチンとダイニングが分断されていましたが、キッチンカウンターの甲板と側面板をダイニングにまで廻すことで、両者が繋がって見えるように感じられるようになりました。ただ深く折り上げただけだった天井にも、ダイニングテーブルを照らす照明ボックスを浮かせ、折り上げがわも間接で照らしたことで、懐が大きな空間になりました。

キッチンカウンターからダイニングとリビングを見返したアングルです。空間がガタガタしていたものが、すっきり整理されて、リビングまで見通しの良い空間になりました。

左が改装前の玄関ホールで、右がリフォーム後です。玄関のタタキ部分とホールが天井の高さや間接照明、右側の収納の奥行きの変化などできちんと区分けされたことで、空間の形が判りやすくなっています。高級感のある大理石やスチールサッシを使ったことで、よりシックに仕上がっています。

こちらは来客用トイレの比較です。以前のレイアウトは、なぜこれだけの広さがあるのに、こんなに手洗いが小さかったのだろうかという疑問しか浮かびませんでしたが、広いカウンターと大き目の手洗いが付け加わり、より使いやすいレイアウトになったと思っています。

その他の写真は、ビフォーが上手く撮影できていなかったので、比較できませんが、こちらはキッチンです。通り抜け型にしたことで、カウンターは分かれてしまっていますが、シンクの位置が使いやすくなっていたり、ワインセラーやその背面の家電カウンターと見せるところと隠すところが上手く切り分けることができたと思っています。

玄関ホールのスチールサッシのディテールです。デザインは苦労しましたが、カッチリとスタイリッシュに仕上がりました。右手の壁にはコート掛け収納が隠れており、左手には(写真には写っていませんが)キッチンへと通じる引き戸があります。

カウンター本体とメディスンキャビネットだけを利用して、カウンター甲板とシンクと水栓、扉も作り直したリノベーション洗面カウンターです。右手の柱型も取り込んで、脱衣カゴを収納するニッチやリネン収納を一体的にデザインすることができて、とても使いやすくなったと思っています。
ようやく完成したこの横浜伊勢山Y邸ですが、当初の予定通りリノベーション工事完了後に販売されることになりそうです。もうすぐ、この空間のサイズに合わせて購入して頂いたソファーやダイニングセットが入って、内覧して頂くことができるようになる予定です。

 

 

ページトップへ戻る