Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

六本木ヒルズレジデンスのお化粧リフォームプロジェクト

投資・賃貸用リフォーム

これまで何軒ものリフォーム&リノベーションプロジェクトでお手伝いをさせて頂いているMさまからのご依頼で、六本木ヒルズレジデンスの小型物件のお化粧リフォームのデザインを致しました。

基本的な間取りは変更せずに、設備機器の交換(今回はユニットバスとトイレを交換しています)と照明計画の変更以外は、ほぼ内装材を張り替えたり、既存扉をダイノックシート張りにしたりと、お化粧程度のリフォームでした。写真のお部屋がリビングで、左奥に見えているのが寝室です。

上と下でビフォー&アフターなのですが、写真だと何が変っているかイマイチ判りませんね…。実は下がり天井と梁型部分を濃いめのビニールクロスで張り分けて、広めの寝室の中でベッドを置くエリアと、ラウンジチェアやテレビを置く位置を分けたツモリです。写真では違いが判りにくいですが、お客さまからは相当良くなったと褒めて頂きました。
低層階で、ケヤキ並木が目の前に見えているの、とても素敵な寝室です。

こちらはリビングのビフォーアフターです。以前は白い壁紙に囲まただけで、グレード感を感じにくい空間でしたので、クロスのパネル張りとスポットライト照明で正面性を作り、折り上げ天井も間接照明を仕込んで、落ち着いた雰囲気の部屋にリフォームしています。

同じリビングで、玄関とキッチン方向を見返したアングルの写真です。
ダラダラと空間が繋がっていたので、キッチンと玄関は暗めの色調に変えて、リビングとの空間性を違えてメリハリを作っています。

真っ白だった玄関は、既存扉に木目調のダイノックシートと姿見の鏡を張っています。床は住宅の玄関では珍しく塩ビ素材を編み込んだボロンを張ってみました。照明もグレアレスのダウンライトに変えたので、随分ドラマチックな雰囲気になりました。

キッチンは設備類は全く変えずに、床は塩ビシートの張り替え、壁はキッチンパネルで全面を仕上げ、吊戸棚はダイノック巻きとしています。照明も変えていますが、あまり費用を掛けずにグッと落ち着いたイメージになりました。

トイレは便器交換と手洗いを変えています。床素材は、玄関からボロンを張り伸ばして、クロスとダイノックを使って、シックなトイレへとリフォームしています。
通常は、このサイズのお仕事は受けていないのですが、今回はMさまからのご依頼でもあり、あまり費用を掛けずにコストパーフォーマンスにこだわったリフォームも研究しておいた方が、後々のためにも良いのではとの言葉も頂いていたので、チャレンジしてみました。

現在、賃貸募集中ですが、同じ間取りの他の部屋より3割増しの家賃で決まりそうだとの嬉しいニュースが届いております!

 

 

 

ページトップへ戻る