Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

造作家具の搬入据付1_青山N邸

青山N邸

青山N邸の現場に、造作家具の第一弾が搬入されてきました。

一つ目はリビングの柱に絡んだTVキャビネットです。孤を描いた大きな窓が特徴の青山N邸のリビングダイニングの間取りですが、こういった高層マンションなどによくある間取りでは、壁にテレビを配置すると景色に対してソファが背を向けることになってしまうことは、常に悩みの一つでした。そこでちょうど一本窓の中心にあった柱型を造作家具でフカしてテレビをはめ込むデザインを考えたのがこちらです。

玄関ホールからリビングに入って正面に見えるTV家具です。

背面板には一部配線孔が開いており、家具の裏側に配線を通せるように考えています。また、右下には奥行40センチの棚があり、そこにDVD等のAV機器をはめ込めるデザインとしています。

背面には、DVDやTVゲーム等のソフトを収納できる棚を作っています。柱型の下部にマルチメディアコンセントを設けているので、そこからAV機器やテレビに露出配線できるようになっています。

こちらは来客用トイレの手洗いカウンター家具です。壁正面のボードとフラットに納まっている鏡の枠も今回の造作家具屋のライフウッド作です。

ちょうどライフウッドの大迫さんと谷山さん、そしてリフォームキューの岩波さんが現場にいるタイミングだったので、うちのプロジェクト担当の岸本さんと、キッチン横のパネル張り壁のデザインについて打ち合わせをして貰いました。因みに、先日の現場ではまだ設置されていなかったキッチンのカウンター材も据え付けられていました。

この正面に見える壁がそれなのですが、差し込まれているキッチン甲板や、2段に下がっている天井のラインから線を取り出して、TV家具と同じチークの柾目のパネル材をランダムに張る予定で考えてきました。

寸法を谷山さんが出してくれたものをスケッチに描いて、木目の方向を考えてゆきます。全面が木目だと重たくなるので、一部にミラーや塗装パネルを入れることを検討しています。

僕らが打ち合わせしている最中も、クロス屋さんがキッチン内部の天井のクロス張りを進めてくれていました。

最後の一枚は、先ほどの張り出しのキッチンカウンター板の固定方法です。甲板が30センチほど張り出しているので、甲板の下地に鉄板を入れて、この写真のようなL字型のアングル金物を下の壁に固定しています。最終的にはこの壁にはカラーガラスが張られて、甲板下からLEDの間接照明で照らされる予定となっています。

 

ページトップへ戻る