Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

施主検査→お引渡し→リノベーション販売

青山N邸

リノベーション後に販売するプロジェクトとして始まった青山N邸ですが、ようやく改装工事が終わりお客さまの検査に立ち会って参りました。

検査後に撮影した記念写真からですが、中央にこちらのお部屋のオーナーであるNさまご夫妻、販売のお手伝いをしてくださることになっている大成有楽不動産販売三田営業所の野村さんと藤山所長、工事をお願いしたリフォームキューの岩波さんと現場監督の滝川さん、カガミ建築計画の担当の岸本さんと私、各務です。
日当たり抜群のお部屋で、秋口でも半そでで過ごせる温かさでした。

クッチーナにお願いしたキッチンですが、背面収納のコンセントを追加すべきかをNさまの奥さまに見て頂きました。

タイル壁の隙間に設けた照明のスイッチですが、養生を剥がす際に塗装部分が剥げてしまったようで、補修してもらう部分です。

こちらはキッチンの袖壁のディテールですが、鏡面仕上げのステンレスの見切りと、チークのパネル、そしてクオーツストーンのカウンターがカチッと収まっていました。写真が撮影できておりませんでしたが、幾つかの指摘事項があったので、一週間ほどのスケジュールで補修して、その後のお引渡しへと進んでゆくことになりました。

…と、そうこうしているうちに、補修工事も終わり、お引渡しになりました。

再び検査時とほぼ同じメンバーで、指摘箇所の補修内容を確認してゆきました。

リビングのタイル壁の下の隙間に、目地材がはみ出ている箇所が検査時に見つかっていたので、それが補修されていることをチェックして頂きました。

毎回お目に掛る度に、楽しいお話をしてくださるNさまの話に爆笑している、野村さんと岩波さんの様子です。

全ての工事が終わったので、お引渡しの書類に記名捺印して頂き、工事が完了すると同時に、どのような販売方法と金額で広告を出してゆくかを大成有楽不動産販売の野村さんに提案して頂きました。
現在、大成有楽不動産販売から絶賛販売中とのことですので、このマンションのことや、弊社の仕事にご興味の方は、オープンハウスのタイミングなどで訪問して頂ければ幸いです。

 

 

ページトップへ戻る