岸和郎氏設計の清澄の家訪問

岸和郎氏設計の清澄の家訪問

建築家・岸和郎氏が2006年に設計した清澄の家のオーナーが知り合いだと分かり、お願いして住宅の内部を見学させてもらいました。以前、近くを通りかかった際にも、船のような開放的でモダンな住宅で、何とか内部の空間を見たいものだと思ったことがありました。

個人宅ではありますが、5階建てで1・2階は賃貸スペースとして利用し、3階は和室とオフィスとゲストルーム、4階はリビングダイニングとキッチン、5階は主寝室とクローゼットと浴室・洗面、そして屋上階という構成になった大規模な住宅です。

こちらが船の内部のような、開放的で川面に面したリビングの空間です。三面ガラス張りの空間で、冬なのに快晴だったので、暑いくらいにポカポカでした。川を行き交う船が良く見えて、べラダンだから手を振ると、船客が手を振りかえしてくれるのが何とも楽しい経験でした。

同じ階のキッチンです。景色と解放感を重視したキッチンで、軽食用のカウンターコーナーもあります。裏面には収納量十分のパントリーがあり、洗濯機があるユーティリティーへと繋がった回遊動線が用意されています。

3階のオフィスです。ご夫婦がそれぞれ別な用途で使えるように、中央の可動式パーテーションで分割可能となっています。ご主人はもっぱらプロジェクターとスクリーンでテレビを楽しみ、奥さまは大好きな美術書を見ながら執筆活動をすることが多いそうです。

全てがモダンな空間のようですが、3階にはこのような素敵な和室もあります。細い廊下の先の扉を開けると、通り庭があり、その奥にこの和室が現れる仕掛けとなっています。実はご夫妻とも有名な日本のアンティーク品のコレクターなので、どの部屋にも素敵な家具や置物、藍染めの布などが置かれており、それがまた素晴らしい味付けとなって、岸和郎さんのモダンな空間をご自分たちの色に上手に染めていらっしゃいました。

屋上も船上を思わせる開放的な空間ですが、ここにもすごい仕掛けがありました。なんと流れるプールが設置されていました!左側の吹き出し口から水が吹き出し、ずっと一定のスピードで景色を見ながら泳いでいられるようになっているのです。この写真では切れてしまいましたが、右奥には建設中の東京スカイツリーが見えるので、それを見ながら背泳ぎもできそうでした。

タグ

2011年01月11日 岸和郎氏設計の清澄の家訪問 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 見学記


»
«