和風住宅リフォームの解体

和風住宅リフォームの解体

昨夏ご紹介した、かつて和風旅館だった風格のある住宅をリフォームするプロジェクトですが、ゆっくり設計を進め、ようやく工事が始まることになりました。

古民家の床下構造

工事開始と同時に、床の畳を剥し、床下を開けてみたものが、左の写真です。どうですか!この床を支える材料(大引きといいます)の太さ。実測してみた所、太い箇所では32センチ(!)もありました。普通の民家であれば、屋根を支える梁として使っても、全く遜色ない立派さでした。

巨大な大引き

なぜ見えない床下に、こんなに立派な材料を使ったのかは不明ですが…。大引きの立派さには似つかわしくないひ弱な束は補強し、一部腐っている柱はジャッキアップし、新しい柱材で継ぎ。
同時に床のタワミも補正してゆく手筈になっています。
家を支えている基礎ともいえる部分をしっかりと補強した上で、今後の工事を進めやすくするために、床のレベル(平行性)を確保してゆく予定です。

タグ

2008年01月15日 和風住宅リフォームの解体 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 日本家屋リフォーム


»
«