Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リクシルタイアップ広告@建築知識

松濤D邸

建築家向けの専門誌「建築知識(エクスナレッジ社)」の2020年3月号に総合建材製品メーカーのリクシル社とのタイアップ広告に登場させて頂いております。

リクシルタイアップ広告@建築知識

リクシルが新たに開発&発売したフロートトイレのタイアップ広告です。
このフロートトイレ、壁から便器を持ち出し、排水管も壁出しとなるスタイルで、床に接するところがなく、浮いて見えるという代物です。

リクシルタイアップ広告@建築知識

便器で床が接する部分がないので、記事の写真のようにモップや掃除機を便器下にまで差し込めるので、清潔好きな方には喜ばれそうな製品なのです。
アメリカでは良く見かけるものでしたが、日本では公衆便所にはあっても個人のお宅では中々見かけないタイプでした。

リクシルタイアップ広告@建築知識

まだ発売されたばかりなので、僕らも使ったことは無いのですが、今回似たような事例として先日完成お引渡しをした松濤D邸のトイレとその工事プロセスが記事中でも紹介されています。
こちらは、リフォーム前は廊下からトイレの床が一段上がっていたのですが、背面抜きタイプのリクシルの便器を使うことで、床段差を解消することができた事例でした。

リクシルタイアップ広告@建築知識

こちらは、先月大島にあるリクシルの本社内にあるショールームにて、フロートトイレを体験させて貰った際の様子です。

リクシルタイアップ広告@建築知識

リクシルのご担当の中嶋さんに説明して頂きながら、こちらなりの考えやどのような時に使えそうかなどをお話しさせて頂きました。

リクシルタイアップ広告@建築知識

便器のシステムのディテールを見ている最中もカメラのシャッターが切られ、ちょっと緊張しながらの取材撮影でした。

リクシルタイアップ広告@建築知識

その数日後の、松濤D邸のトイレの取材撮影でも、プロのカメラマンの平林克己さんが撮影に来てくれました。

リクシルタイアップ広告@建築知識

リクシル社からも2名、電通から1名、エクスナレッジ社から1名に、カメラマンの平林さん、うちの事務所からは担当の前田君と僕の総勢7名でお邪魔して、Dさまも驚いていらっしゃいました。
リクシルの皆さま、今回はタイアップ広告に使って下さり、どうもありがとうございました。また、大勢での取材撮影にご協力くださったDさまご夫妻、お忙しい中どうもありがとうございました!

リクシルタイアップ広告@建築知識

専門誌としてはちょっと恥ずかしい(編集部の皆さま、失礼…)、このような表紙の雑誌です。書店で見かけましたら、お手に取って頂ければ幸いです。