Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

白金台のビンテージマンションリノベーション計画Y邸

白金台Y邸

白金台で築29年の中古マンションのリノベーションのお手伝いをすることになりました。面積は175平米(53坪)の大型ヴィンテージマンションです。

140916shirokanedaiY-01

手前がリビングで、奥に人が立っているのがダイニングという変形リビングダイニングのお宅です。リビングは面積的にも広くて、整形ですが、ダイニングは梁型が目立ち天井も低く、このままではちょっと寂しいイメージでした。

140916shirokanedaiY-02

キッチンは一度手を入れているようですが、それでもビンテージ感ある変形キッチンでした。外国人向けで高さが高く、面積の割にはレイアウトが使いづらそうなので、新しいレイアウト案をご提案することになりました。

140916shirokanedaiY-03

こちらもビンテージ感がを感じる浴室です。在来工法なので、全面的にやり直しをすると大がかりな工事になることをご説明したところ、まずは古さを感じさせないように手直しして欲しいとのお話になりました。浴室乾燥機がついていいないので、天井の高さを少し落として、浴室乾燥暖房機を設置することになりそうです。

140916shirokanedaiY-04

大きな主寝室は、ちょうど窓前に樹木があって、気持ち良い部屋でした。クロゼットが不足しているので、壁際に一直線にクローゼットを設けることになりそうです「。

140916shirokanedaiY-05

キッチンの床の点検口から覗き込んだ床下の配管状況です。キッチン回りの床はスラブが下がっており、こちらのように水回りの給排水管が更新できるようになっていました。木製の束立てと鋼製の束が混じっており、幾度かリフォームをされた経歴が判ります。

140916shirokanedaiY-07

今回はスケルトンでのリノベーションではなく、消費税込で2000万円の予算で、どこまで手直しできるかというスタイルでの計画となっているので、間取りの変更をなるべく抑えて、目立って古い設備の更新やデザインのリニューアルを中心に広い面積を有効活用しながらどうバランスを取ってゆくかが難しい判断になりそうです。

140916shirokanedaiY-06

実は、以前違うお部屋でしたが、リフォームのご相談でこちらのマンションを拝見したことがありました。マンション内装の雰囲気はわかっておりましたので、事前に送っていただいていた平面図をベースにして、どこをどのように手直ししたら良さそうかを勝手に考えていたものをお見せしたところ、概ね気に入って頂けたようでした。

ページトップへ戻る