Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

アムスタイル代官山ショールームでオーダーキッチンの打ち合せ

原宿K邸

マンションのオーナー邸のリノベーションプロジェクト原宿K邸のキッチン打合せの為に、代官山のアムスタイルのショールームにお施主さまと一緒に伺って参りました。

DSC_2823_pt

いつ伺ってもクリーンでスタイリッシュなアムスタイルの代官山ショールームは、お施主さまも設計者もテンションが上がります。ただ、テンションが上がり過ぎてばかりでは、細かい使い勝手やデザインの打ち合せはできませんので、気持ちを落ち着かせて打ち合わせさせて頂きました。

R0051851_pt

今回はデザインだけでなく、収納計画も一緒に考えたいので、事前にキッチンのラフスケッチをこちらで作っておきました。

R0051852_pt

こちらは暫定的なキッチンプランの収納場所を、それぞれ別々に書き出してみたスケッチです。全体を見ながら調理の流れを考えて、各箇所にどのような収納が必要かを考えてゆく流れとなります。

R0051844_pt

引き戸と開き戸の使い分け方法や、手掛けとつまみ付きとプッシュラッチを使った引出のデザインと使い勝手、こういった部分は実際のショールームで体験してみないと違いが判りにくいものですので、何度もアムスタイルの担当の宮本さんにお願いして動作確認をさせて頂きました。

R0051850_ptカウンター甲板や扉のデザインはまだ先のことになりますが、どのような素材が使えるのかをサンプル材を並べて見せて貰いました。

R0051856_pt

今回は、アムスタイルでの打ち合わせはここまででしたが、キッチン計画の延長として、そのまま新宿オゾンにある東京ガスショールームに伺って、最新型ガスレンジの使い方を説明して頂きました。

R0051863_pt

僕らがよく採用させて貰っているプラス・ドゥ・グリレも魚焼きグリルの部分が改良されており、ダッチオーブンの形状やピザも焼けるクッキングプレートもオプションで選べるようになっていました。

R0051880_pt

同じビルの上階にあるレンジフードの富士工業のショールームにも伺ってきました。スタイリッシュなアリアフィーナのシリーズと富士工業の製品の違いを説明して貰いました。

R0051876_pt

昔のレンジフードに比べると、フード内の清掃性が随分上がっているので、内部のシロッコファンのフィルター部分を取り外してもらって、清掃時の流れまで説明して貰いました。
キッチンの内容決定までに、あと3~4回ほどはアムスタイル始め、使い機器類のショールームを回ることになりそうですが、キッチンにこだわりをお持ちのお施主さまも喜んでくださっているので、僕らもやりがいがあります。

 

 

ページトップへ戻る