Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

セラとジャクソン・グローエとTフォルム 水回りショールーム巡りツアー

原宿K邸

原宿のマンションのオーナー邸リノベーションプロジェクトのKさまと一緒に、水回り製品関連のショールーム巡りをしました。

DSC_3021_pt

まず最初に伺ったのは、乃木坂にあるセラ・トレーディングのショールームです。セラは欧州のデザイン性が高い水栓金物やシンク、浴槽や水回り金物を輸入展示しているTOTOの小会社です。

DSC_3026_pt

広々とした快適なショールームで、僕らの担当をしてくださっている池田さんに説明して貰いながら、一通りを見学して回りました。

R0052022_pt

水栓やシンク類は、僕らもセラの製品を採用するケースが多いので、特に水栓の使い勝手やシンクのサイズを確認して頂きました。

DSC_3027_pt

次に伺ったのは高級浴槽のジャクソンの青山ショールームです。アクリル製で半身浴などの使い勝手だけでなく、取っ手や付属品までデザイン性にこだわった高級浴槽を、このように実際に浸かった気分で体験することができます。

DSC_3032_pt

ジャクソンのショールーム上階がドイツ製水栓メーカーのグローエのショールームになっています。実は、ちょうど1年前ほどにリクシル社(旧イナックス等の建材メーカーが統合した会社)がジャクソンやグローエといったハイエンド水回り製品メーカーを買収しているので、ジャクソンとグローエは兄弟会社のようになっているのです。

DSC_3036_pt

グローエで定評が高いシャワーヘッドはこのようなコーナーで水圧や、水の流出方法を体験することができるようになっています。イメージとは違うようですが、実は日本製の水栓+シャワーの方が、ドイツ製の水栓+シャワーよりも水圧が弱くなってしまうので、そこのことをお施主さまに実感して貰うためにも良いコーナーです。

R0054498

最後に伺ったが、こちら南麻布にあるTフォルムのショールームです。大洋金物という独立系の輸入会社が運営するスタイリッシュな水栓金物ショールームです。

DSC_3039_pt

リクシルやTOTOのようなマスを相手とした巨大メーカーとは違うので、クセはありつつも特徴のある水回り部品が沢山あるので、それらを説明させて頂きました。因みに背面に立てかけてあるのはドイツのホーロー製浴槽のカルデバイの製品です。
僕らが良く使っている水回り製品のショールームを、今日は一日でツアーすることができました。各メーカーのイメージが掴めたと思いますので、これから比較しながら浴槽、シャワー、水栓、シンク等を一つずつ決めてゆくことになります。

 

 

 

ページトップへ戻る