Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

出張料理人・岸本恵理子さんのお料理での竣工記念パーティ@原宿K邸

原宿K邸

昨年4月に全面リノベーション工事が終わってお引渡しをしていた原宿K邸ですが、先日竣工お祝いのパーティーを開いて、施工の現場監督の辰・田所さんと設計担当者であるスタッフの竹田さんと各務をお招きくださいました。

お料理は、各務の義姉でもあるイタリア料理の出張料理人である岸本恵理子さんに声を掛けてくださいました。原宿K邸の奥さまは、お料理が大好きだとのことで、料理の先生にもついていらっしゃいますが、そこから偶然に義姉の恵理子さんとも繋がって、竣工パーティーを開くなら彼女にお願いしようと以前から盛り上がっておりました。

パーティー当日に先立って、1週間ほど前には料理をする現場視察(?)とのことで、原宿K邸のキッチンの様子を見に来てもらっています。

パーティー当日の料理のメニューを一緒に考えると共に、お鍋やお皿、ボウルなどで調理に使えるものがどの程度あって、何を持参したらよいかをこのように調べさせて頂きました。

通常の出張料理だけであれば、食事開始時間の2時間前にお宅に伺えれば、十分時間があるとのことでしたが、今回はパスタ生地を練るところや、料理の下準備も半分くらいは一緒にやりたいとのこちら側の希望があったので、3時間ほど前にK邸に来てもらっています。

お料理がお好きな、お嬢さまも参加して手打ちパスタを作っている様子です。当然ながら、私、各務も手伝いましたが、ここでは後ろのシンクで食器を洗っております。

手打ちパスタで作ったのが、シシリアのトラーパニに伝わるブジアーテというねじりパスタです。細く伸ばしたパスタ生地を、焼き鳥のくしのような細い棒を使って捩じってゆくものでした。ソースも、シチリア風のイワシとフェンネルと干しブドウと松の実を使ったオーソドックスなものでした。

料理は、焼き立てのグリッシーニに前菜が4種類、パスタ2種類にお肉のメイン料理とデザートと豪勢なコースでしたが、作るだけでなく教えてもらうという欲張りなスタイルで、恵理子さんも大変だったのではないでしょうか…。

全ての料理の写真を撮ったわけではありませんが、左上から時計回りに、生ガキの前菜、芽キャベツのフリット、ピエモンテ名物の極細パスタのタヤリン(こちらはあまりに細いので、事前に仕込んで貰っています)、チョコとキンカンのデザート、メイン料理の豚肉のロースト、そして先ほどのイワシのシチリア風パスタです。

メインの豚肉は、K邸キッチンに採用したミーレの最新式スチームオーブンDGC6800を使って、2時間近く掛けて肉の内部温度を60度でレアに仕上げたローストポールでした。

美味しいお料理にお酒、そして皆が料理を作ったり食べたりしながら、賑やかに設計や工事のプロセスを振り返りながらのパーティー、本当に楽しく時が経つのを忘れてゆっくりさせて頂きました。岸本恵理子さん、美味しいお料理どうもご馳走様でした(キッチンが使いやすいとのお墨付き、どうもありがとうございました)。そしてKさまご夫妻、とても素敵なお食事会にお招きくださり、本当にありがとうございました!

 

 

 

ページトップへ戻る