防空壕の埋め立てと確認申請

防空壕の埋め立てと確認申請

大田区の三世帯住宅N邸の防空壕、無事埋め立てが完了いたしました。既存建物の取壊し前から、
代々この土地に住んでいるお母様達から話を伺っていた防空壕ですが、その埋め立てが完了いたしました。幸いなことに、新しく建てる住宅とは、ほとんど位置が重なっていないので、完全に撤去するのではなく、砕石と砂利を使って埋め立てることにしました。

防空壕の埋め立て

埋め立てと言っても、ただ土を流し入れるのではありません。砕石(砂利の荒いもの)と砂利を30センチほどの高さまで流しいれ、水を掛けながら、重機で転圧する事を繰り返して、埋め立ててゆくのです。このプロセスを繰り返す事で、後々の地盤沈下を防ぐができます。因みに、水を掛けながら転圧する事は、水締めといいます。

埋め立てられた防空壕

そして…ようやく確認申請がおりました。姉歯事件以降、手続きが複雑で難しくなった役所の確認申請ですが、ようやく本日無事おりたとの連絡が役所からありました!地鎮祭を明日に控えた、素晴らしいタイミングで確認申請がおり、事務所のスタッフの気分も晴れ晴れです。

タグ

2008年05月29日 防空壕の埋め立てと確認申請 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新築住宅


»
«