住宅は竣工してからが本当のお付き合い

住宅は竣工してからが本当のお付き合い

昨年末に竣工・お引渡しをした三世帯住宅、大田区N邸にご挨拶に伺って参りました。つい最近お引渡しをしたような気持ちでいましたが、既に約4ヶ月の月日が経っています。 まだ店舗部分の看板はついていないようですが、もう既に新しい店舗(酒屋さんです)も開店して、ご商売も順調だとの事でした。 自動販売機が濡れない様にと、お施主様が作った自販機カバーも、住宅の外壁と同じ材料で作ってあるので、とても上手く馴染んでいました。

連休の最終日に伺ったので、ちょうどお施主様の子どもたちも在宅中で、思わぬ大歓迎を受けました。工事中は本当に週に二日ずつ程伺っていたので、すっかり仲良しになっていた子どもたちも、たったの四ヶ月ですが、心身ともに随分成長しているようでした。

  • ようやく生活も落ち着かれたようで、住んで見ての貴重な感想、意見を伺うことができました。
  • 全ての住居部分と店舗からの入り口が合流した玄関が、上手く機能していること
  • 三世帯を繋ぐ吹き抜けのある階段ホールで、それぞれの気配を感じることが出来て、楽しいこと
  • 収納目的で作ったロフトが、子どもたちの最適の遊び場で、結局遊び目的のために、物を置かないことにしたこと
  • 子どもたちが、全ての階を行ったりきたりすることで、これまで以上に家族の絆が強まっているように感じること

どれも嬉しい発見ばかりです、このようなお話を伺えるのも、設計者冥利につきます。

住宅は建ってから、住んでからが一番面白いところです。お施主様と設計者の関係は、これからが本番です。 今度うかがうときは、スタッフも一緒に遊びに行きますので、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!

タグ

2009年05月07日 住宅は竣工してからが本当のお付き合い はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新築住宅


»
«