広尾I邸の検査・お引渡し

広尾I邸の検査・お引渡し

先日中間検査をしたばかりの広尾I邸のリフォーム工事が、早くも完成しお施主さまの検査に立ち会って参りました。

130905hirooH_shunkou-01

Iさまご夫妻とお嬢様が、このタイミングに合わせて再度帰国してくださいました。右に立っているのが、工事をお願いした武田工務店の武田さんです。

130905hirooH_shunkou-02

お嬢様と一緒にキッチンの使い勝手を確認していらっしゃっるHさまの奥さまです。外国暮らしが長いお二人なので、日本のレンジフードを興味深そうに眺めていらっしゃいました。

130905hirooH_shunkou-05

こちらがキッチンの全容です。薄いグリーンの扉と人大の天板、キッチンパネルも薄いグリーンで上品な出来上がりになっていました。

130905hirooH_shunkou-06

この冷蔵庫もキッチン屋のジーマティック社に支給して貰ったものです。冷蔵庫横と上の収納は、キッチン扉に合わせて大工さんに作って貰いました。取手金物もジーマさんにお願いして支給して貰ったので、上手くマッチしたデザインとなりました。

130905hirooH_shunkou-04

まだ、家具が入っていない状態ですが、完成後のリビング・ダイニングです。壁際だけを明るくして、部屋中央にはほとんど照明を設けず、家具横にレイアウトするスタンドライトで部屋の明るさをコントロールする欧米スタイルの生活になる予定です。

130905hirooH_shunkou-07

玄関タタキには大理石敷きになっています。ただし、普通の大理石を張るには厚みが十分になかったので、コンフォート社のイージーストーンを初めて使ってみました。「EASYSTONE」は3ミリ厚の天然大理石を、実(さね)付きの特殊プラスティックに張り合わせた、12㎜の新しい化粧材です。接着剤込みで12.5ミリで仕上げることができ、また目地なしで、突きつけ仕上げが可能で、更に簡単でスピーディな施工性がある素材です。

130905hirooH_shunkou-08

廊下からリビングを見返したアングルです。右側の壁面収納は、古い家具を活かして、扉を塗り直し、取手を交換しています。

130905hirooH_shunkou-10

オーだユニットバスの東京バススタイルにお願いしたメインの浴室もきれいに仕上がっていました。もとはキッチンにあった洗濯機を浴室横の洗面所に移設しています。この両室の排水管は、シンダーコンクリートを斫って、全てやり替えています。

130905hirooH_shunkou-09

こちらは主寝室横のサブの浴室とトイレです。外国人仕様なので、トイレと浴槽が横合わせに並んでいます。こちらには大理石調のタイルを張って貰い、照明を交換し、浴槽も塗装で仕上げて貰いましたが、とても上質な空間に仕上がりました。

130905hirooH_shunkou-11

廊下横には来客用のトレイもあります。こちらの家具のジーマティック社にお願いしています。背面のクロスだけアクセントを張っています。
まだ未成工事や、やり直し工事があるので、まだ本当の完成ではありませんが、一度お引渡しをして、これからはHさまのご家族が帰国時には使い始めることになります。工事途中からのリフォームアドバイスは初めての経験でしたが、お施主様の忍耐力と、工務店の頑張りで何とかお役に立つことができたのではと思っています。

 

タグ

2013年09月05日 広尾I邸の検査・お引渡し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリフォーム 広尾I邸


»
«