Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

香港で特注の建具+ケーシング発注

広尾N邸

広尾Nプロジェクトのお施主さまは、現在外国に在住中です。壁や建具等、全ての建材(建築そのもの?)が、日本のものはプラスチックっぽく、軽いことを嘆いていらっしゃいました。そこで、重厚で頑丈な作りの当地の建具を、向こうで発注して個人輸入で日本に入れることになりました。

140811hongkongN-04

ちょうど友達の結婚式で当地に行く予定だったスタッフの竹田さんに、Nさまとタイミングを合せて建材ストリートにある建具屋さんに行って貰いました。

140811hongkongN-08

無垢材(パイン材・アッシュ材・ウォールナット材など)を框(かまち)に使った框扉や、

140811hongkongN-05

塗装された建具、突板でデザインされたもの等、色々な種類の扉が所狭しと並んでいたそうです。

140811hongkongN-07

扉内部の作りは、このようになっているそうです。日本では、軽さを追求することで、紙でできたペーパーハニカムを芯材として建具を作っているので、あちらの作りの半分以下の重量となっています。因みに価格は、同じグレードで比較し、郵送費を別にすれば、3分の1程度でしょうか。

140811hongkongN-06

お施主さまのNさまは、以前より建具を含めたインテリアが大好きで、現地でのお友達のお宅の簡単なリフォームもお手伝いしたことがあり、こちらの建具屋のオーナー、ベンさんとも以前からの知り合いだったそうです。

140811hongkongN-13

竹田さんが日本で用意しておいた建具とケーシング(枠)の詳細図を元に、開き扉、両開き扉、引き込み扉など合計10本を特注のデザインとサイズでオーダーして頂きました。オーダーしてから作り上がるまで2週間ほどで、それからすぐに飛行機便で発送すれば、3週間後には日本に届いてしまうそうです。

140811hongkongN-09

併せて、建材ストリートのすぐ近くにある金物屋さんに寄って、建具のドアノブや造作家具の取手なども選んで頂きました。

140811hongkongN-11

日本であれば、メーカーのカタログから選ぶのが一般的ですが、世界の工場である中国をバックに持つこちらの国では、特注オーダーをしても何でも安く手に入るので、このようなお店で形を選んでオーダーしても、日本と比較すれば超格安で製品が手に入るのだそうです。

140811hongkongN-12

バッタもののような製品から、きちんとしたモノまで、ありとあらゆる金物がこのお店には並んでいたそうです…。

140811hongkongN-10

やはりこのお店でも馴染のNさまは、的確にご自分のイメージにあった金物類をピックアップしていってくれたそうです。竹田さんは、横に秘書のように立って、必要な材料とその個数だけを確認していればよかったとのことでした。

140811hongkongN-02

こちらが竹田さんが泊めて貰ったNさまの現地のご自宅です。高い天井高に、塗装仕上げの壁と天井、サイザル麻の床というシンプルな空間に、お好きな家具や調度品、アートや照明を本当に上手にレイアウトしてあったそうです。

140811hongkongN-01

Nさまも本当にインテリアが大好きで、家具レイアウトを変えて、しっくりくるまで何度も繰り返して、ようやくこの空間が出来上がってきたそうです。

140811hongkongN-03

写真では幾度も見せて貰った住宅でしたが、とにかくどこを見ても、本当に素敵な空間だったと竹田さんが心から感心していました。僕、各務も近いうちにタイミングを見計らって訪問したいと願っております。

 

 

 

 

ページトップへ戻る