目黒S邸 ビフォー&アフター写真集

目黒S邸 ビフォー&アフター写真集

まだ現場は、明日の引き渡しに向けて手直し最中ですが、先日撮影した目黒S邸の竣工写真(家具なし)とリフォーム前の似たアングルの写真を比べて、ビフォー&アフター比較写真を数枚作ってみました。テレビのように劇的!とまでは言えないかと思いますが、古びたマンションがシックで雰囲気のある落ち着いたインテリアに変わった様子が判ってもらえると思います。

ビンテージマンション ビフォー&アフター写真

リビングからダイニング・キッチン方向を見た写真です。正面に隣の建物をブロックする目隠し壁を作ったことで、空間に落ち着きが生まれたのではないでしょうか?また、床のナラ・フローリングと天井のウォールナット羽目板も大きく雰囲気を変える要素になっていると思います。

キッチンリフォーム ビフォー&アフター

今回のリフォームでは、基本的な水回りの位置は変更していませんので、キッチンも元の位置のままです。ただ、食器棚(カップボード)で閉じられていたキッチンを、対面型のオープンキッチンにリフォームしたことで、明るさと空間の広がりが大きく変わりました。また、細かいところでは、床置きで露出されていたエアコンを、向きを変え書斎テーブルの下に納め、木製グリルでカバーしたことも空間の落ち着きに寄与しているかもしれません。

ヴィンテージマンションリフォーム ビフォー&アフター

こちらはリビングの反対側を見たアングルです。元は天井までの大きな壁面収納だったものを壁に戻し、その壁に大型液晶テレビとエアコンを埋め込みました。下部には圧迫感がないように小さなスケールの収納棚を設けました。また、左の窓際には、隣室との境の一部をガラスで作り、大きな窓が連続で続いているこの部屋の特徴を生かしています。因みに右側の壁と正面の壁はポーターズペイントで塗装しています。微妙に色を変えて、陰影を演出したツモリですが、微妙すぎて違いが感じられないかもしれませんが…。

寝室から見返した廊下の様子です。以前は和室だったので、襖がありましたが、今回のリフォームで壁内に引き込める引き戸に変更しました。向かって左側に面がそろった収納を並べたことで、全ての引き戸を引き込むと。廊下を介して寝室とリビングが一体に繋がります。リビングから伸ばしてきた天井の羽目板も、この効果を増幅してくれています。

洗面リフォーム ビフォー&アフター

もしかしたら一番大きく変わったのが、この洗面かもしれません。以前は既製品がポンと置かれただけの狭くてさびしい洗面でしたが、トイレの向きを変え、浴室やキッチンの巾を調整することで、ホテルライクな木質系のきれいでスタイリッシュな広い洗面を実現することができました。カウンター下にはミーレ社のドラム式洗濯機を入れ、大きなメディスン・キャビネット収納、背面にもタオルを十分に収納できるリネン棚を設けました。ぽ

タグ

2010年09月27日 目黒S邸 ビフォー&アフター写真集 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 目黒S邸


»
«