目黒S邸の墨出しチェック

目黒S邸の墨出しチェック

解体が済んで、断熱材と床張りが進んだ目黒S邸の現場に墨出しのチェックに行って参りました。

築40年を超えるヴィンテージマンションリフォームなので、現場も水平のレベル出しに苦労しているようで、スケジュールの遅れがあり、完全な墨のチェックはできませんでした。ただ、大墨(基本となる墨)の寸法はチェックできたので、工事は進めてもらえそうです。

写真で水色に見えるのが断熱材で、その上に張っているのが、12㎜の下地合板です。この上に、LL45を確保するサイレントトライマットを敷いて、フローリングを張る段取りとなっています。現場監督の大田さん、職人さんたち、暑い中どうもお疲れ様です!

タグ

2010年07月22日 目黒S邸の墨出しチェック はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 目黒S邸


»
«