Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

在来工法浴室の既存枠をステンレス枠にリフォーム@白金台Y邸

白金台Y邸

ヴィンテージマンションリノベーション・白金台Y邸では、既存浴室は防水はやり直さず、基本的な内装をお化粧直し手的に手直しすることとなっています。

芝白金ヒルズB&A-12

洗面脱衣質側かた見たビフォー&アフターの写真です。照明を全面的にやり直しているのと、浴室壁の張り直しも効いていますが、一番効果が出ているのは扉とその枠廻りの交換ではないでしょうか?

浴室建具枠チェックA,B案_140924-1-1

こちらが当初こちらで書き起こしたステンレス枠のスケッチです。黒い既成のアルミ枠の上に、新しく赤線で描いたSUS鏡面磨きの枠を取り付ける想定です。

Exif_JPEG_PICTURE

その後ステンレス屋さんと何度かやり取りをして採取的に決まった形で作ってもらったのが、このような枠材です。

Exif_JPEG_PICTURE

一つ一つの材料を、端部を既存枠に引っ掛けながら、パチリと嵌めてゆきます。一度仮付けしてから全て取り外して、微調整しながら丁寧に嵌めてゆきます。

Exif_JPEG_PICTURE

白く見えるのがステンレス枠ですが、キズや手垢が付かないように白いビニールで養生されています。3時間ほど掛かって、四周の枠が全てはまり、テンパーガラスの扉も仮付けされた状態まで来ました。

Exif_JPEG_PICTURE

最終的にステンレス枠をビス留めして、合体した部分をシールで埋める前に、下枠にガタツキがあったので、一度取り外して微調整していました。

Exif_JPEG_PICTURE

ステンレス枠が取りついた翌日には、大理石の柄付きアルミパネルのアルポリックを内部に張り付けてゆく作業でした。

Exif_JPEG_PICTURE

まだバスルーム内部の天井は張られていませんが、新しいステンレス枠とアルポリックの壁の取り合いです。

Exif_JPEG_PICTURE

その後、手前の洗面脱衣の洗面ボウルと浴槽の塗装・磨き直し工事が入りました。浴槽の塗装は時間が合わず撮影できませんでしたが、洗面ボウルの塗装状況です。まずは金物類を全て撤去して、廻りを養生してから白い塗料を全面に塗り回します。

Exif_JPEG_PICTURE

このような磨き機と紙やすりを使って、順番に磨いてゆきます。

Exif_JPEG_PICTURE

二つの洗面ボウルで3~4時間ほどで、ここまできれいに再塗装されました。浴槽となると、サイズも大きいので、丸一日は掛かってしまうそうです。

芝白金ヒルズ-35

こちらが、後日浴槽の再塗装、水栓金物も交換された浴室の様子です。

DSC_5517_pt

リフォーム前の様子と比べると、随分きれいになったことが判るのではないでしょうか?

芝白金ヒルズ-33

こちらは浴槽から脱衣とのガラス扉側を見返した写真です。天井も張られ、新しい電気式浴室乾燥機が入り、浴室用ダウンライトも入って、見た目だけでなく機能的にも相当グレードアップいたしました。

ページトップへ戻る