Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

シンダーコンクリートの斫り&解体工事@白金台P邸

白金台P邸

バルコニーから緑しか見えない白金台P邸プロジェクトですが、設計内容が詰まってリフォーム会社との見積り調整もできたので、いよいよ工事着工となりました。

R5540431_pt

管理組合へのリフォーム申請、近隣にお住いの方々へのご挨拶を経て、解体工事が始まりました。既存の建具や造作の家具は塗装し直して再利用するのですが、キッチンや設備関係は大幅に手を入れることになっています。

R5540434_pt

写真でスッポリと穴が開いているように見える箇所は、壁型のエアコンが設置されていた場所です。今回のリフォームでは梁型をフカして(膨らませて)天井カセット式エアコンに変えるので、この場所には飾り棚を作ることでできます。

R5540435_pt

キッチンキャビネットが撤去されて、ガランドウになったキッチンエリアです。ただ、このエリアの解体はこれだけでは済みません…。

R5540536_pt

床下に隠れている排水管などの配管類をできる限り交換するために、シンダーコンクリート(軽量コンクリート)を斫る(ハツる)作業があるのです。同じマンションをかつて同じチーム(カガミ建築計画+リフォームキュー)で工事したことがあるので、大よその構造や設備が判っているので、こういった段取りはスムーズに進んでいます。その時も現場監督をしてくれた富田さんが職人さんと一緒にハツリ工事を手伝ってくれていました。

R5540613_pt

嵩上げされていたシンダーコンクリートを全て撤去したところ、このような配管類が出てきました。室内型給湯器があるので、ガス管と給水・給湯管があり、そこに勾配を取りながら排水管が流れている、このすべてがコンクリートの中に埋設されていたのです…。
勿論撤去できない部分は出てしまいますが、築古マンションなので見える範囲の配管類は全て交換する予定となっています。

R5540586_pt

同じキッチンの床でもキャビネットが置かれたいた部分の下にはシンダーコンクリートがなく、床下にベニヤ板を開けるとこのように配管が整然と並んでいる個所もありました。

R5540429_pt

ハツリ工事は浴室でも行われました。一度リフォームされてきれいになっていた浴室ですが、お施主さまの好みとは違っていたので、水回りもほぼ全面やり直すことになっています。

R5540488_pt

浴槽を撤去すると、このようにコンクリートブロックが積まれていました。

R5540599_pt

そのコンクリートブロックを撤去して、シート防水されていた部分も撤去すると、このようになります。新しく設置する浴室エリアについては、シンダーコンクリートまで撤去して、その他は配管が交換できる部分だけ斫り工事を行いました。

DSC_6894_pt

リフォーム前は二つ浴室がありましたが、一つは洗濯機をなどを置くユーティリティーとして使う予定なので、こちらについても浴槽を撤去して、シンダーコンを斫って貰っています。

R5540631_pt

設備の配管ルートに沿って斫っている途中の様子ですが、何か古い遺跡の発掘作業のような景色ですね…。
ただ、実際は騒音が発生する時間帯をなるべく少なくするために、3か所で同時にハツリ工事を行っていたので、室内で道路工事をしているような大騒音で、打ち合わせもできず、ホコリで写真も上手く撮れないような状況でした。

DSC_6898_pt

まだ少しホコッた錠多雨ですが、概ね解体工事が終わった現場の様子です。

R5540592_pt

現場の廃材搬出が終わった所で、墨出し作業に入りました。今回は大きく間取りを変更する箇所は少ないので、墨出し寸法のチェックもとてもスムーズに進みました。

R5540652

この間にも、お施主さまのPさまとはインテリアデザインを詰める作業をしています。原宿のアドヴァンで水回りに使うタイルや大理石を見比べている様子です。
因みに机の上に載せてある黒いパネル状のものは…

R0054138_pt

こちらです。既存で使われていた家具の扉をリフォームキューに持ち帰って貰って、こちらが指定した色とツヤにサンプル塗装して貰ったものです。4種類の色ツヤを作ってもらいましたが、Pさまとの打合せで右手前の一番黒い色で進めることに決まりました。

 

 

ページトップへ戻る