Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

チーク羽目板&クォーツストーン&大判大理石調タイル

白金台H邸

白金台H邸は、造作キッチンの機器類の設置が終わり、造作家具の設置もほぼ終わってきました。

キッチンの対面オープンカウンターコーナーはL字に廻って、壁と平行に落ちてくる端部のディテール個所もきちんと施工がされています。手前左に見えているのは、壁面に沿って張って貰ったチーク板目の羽目板です。

ヴィンテージマンションらしさをある程度残しながら、後はモダンな仕上げに見せたかったので、パッケージエアコンが収納されている個所の既存木製ルーバーを活かして、その周りにチークの扉と羽目板を張って貰いました。

羽目板(ハメイタ)はL字に玄関に向かって折れ曲がっています。納戸がこの壁に沿ってあるのですが、来客の方々にあまり見せたくない扉なので、同じチーク突板で仕上げて貰った扉を取り付けて貰っています。

木目も揃えて作った扉で、ヒンジも隠しヒンジで納めているので、閉じると扉があること自体が感じられなくなってしまいます。

キッチンはガスレンジやビルトインの食洗機も含めて、ほぼ組み上がっています。ちょうど連ジードの取付けを始めるところでした。

ガスレンジは日本製のリンナイのデリシア・グリレで、大型のガス式オーブンを下部に組み込んでいます。

キッチン壁面に張ったのはアークテック社が扱っている、イタリア・フィアンドレ社の大判大理石調タイルです。大判で1.5m×3mまでのサイズが取れる大判なので、この壁面を一枚で仕上げて貰いたかったのですが、エレベーターでの搬入ができなかったので、諦めて三枚に切断して貰っています。

斜めからタイルを見た写真ですが、大理石柄をそのまま写真に取ってタイルに焼き付けた物とは違って、表層だけでなく中までインクが染みこんだ特殊な焼き方をしたタイルなので、間近でみてもとてもきれいです。

こちらがレンジ上に取り付けるレンジフードで、アリアフィーナ社のフェデリカを設置することになっています。

キッチンの対面カウンターのコーナー部は、このような納まりになっています。出来上がってしまうと、何の変哲もないディテールなのですが、実際には何度も打ち合わせをして、クォーツストーンを部品ごとに作ったものを現場で合体する苦労作となっています。

その他の造作家具も続々と完成しつつあります。こちらは洗面所のダブルシンクの洗面カウンターとメディスンキャビネットです。

その背面で、ハーフユニットバスを使った浴室もタイルが張り上がり、ステンレスサッシと強化ガラスで、とてもきれいに仕上がっていました。

主寝室の横のウォークイン・クローゼットのお化粧コーナーも、壁のカラーガラスが張られて、これで完成形です。

リビングのAVボードも箱は組み上がっていますが、柱型と絡む箇所がまだ未完成です。

こちらは玄関横の来客用トイレの手洗いカウンターです。壁羽目板と同じチークの板目で扉を作って貰っています。

その来客用トイレは、玄関ホールに扉があるので、閉じた時になるべく目立たないように、周囲の壁と揃えてカラーガラスを張って貰っています。ただ、幅木の納まりなどに間違いがあったので、折角ここまで作って貰ったのですが、残念ながらカラーガラスは張り直しになってしまいそうです…。

 

 

ページトップへ戻る