Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リネアタラーラのキッチン&書斎家具の組立て@世田谷区Y邸

世田谷区Y邸

世田谷区のY邸では、全体の建築工事はにお願いしていますが、浴室は東京バススタイルとしてキッチンと背面収納と書斎の家具はリネアタラーラに別途発注(設計&監理はカガミ建築計画ですが、お支払いはお客さまから直接の形)でお願いしています。

お客さまの細かいニーズに応えて、何度も図面修正をして貰った、こだわりのキッチンがようやく現場に入って組立て始められました。

こちらは背面収納(カップボード)側です。

カウンター下の収納は引出が基本となっていますが、最上段は手掛けで引っ張り出す形となっていますが、それより下段の引出は、触るだけで引き出せて、軽く押せば無音でしまわれる電動引出を採用しています。この不思議な形の機械が引出の奥に仕込まれている電動装置、ブルム社のSERVO-DRIVEです。この装置の分だけ、引き出しの奥行きが5センチ短くなってしまうことで、お客さまも随分悩まれたようでしたが、利便性を考えて採用になりました。

こちらはキッチン上部の吊戸棚についている、電動のフリップアップ装置です。

この図面のような形で、大きく扉が開くシステムとなっていますが、扉の頂部が天井に当たらないように、細かく寸法の検討をしてもらった上での発注・設置となっています。

冷蔵庫上の収納もフリップアップ扉となっていますが、こちらは手動タイプです。この収納内部には弱電関係の機器類を設置する予定なので、排熱のために、箱の上下にパンチングメタルで作った通気口を作って貰っています。

今回のプロジェクトでは、リネアタラーラにはキッチンだけでなく、書斎の造作家具セットもお願いしています。6畳ほどのスペースに、ご夫妻それぞれのワークテーブル、更にご主人さまの本や奥さまの趣味の収納、洋服の収納などが複雑に組み合わさった造作家具です。

 

 

ページトップへ戻る