Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リフォーム再販プロジェクト白金台H邸の完成

白金台H邸

工事開始から随分時間が経ったように思われますが、ようやく白金台H邸のリフォーム工事が完成いたしました。

工事途中で思わぬところにガス配管の立ち上がりが現れたり、浴室のガス追い炊き管の設置申請が管理組合に通らなかったり(実際は申請そのものを受理して貰えなかった…)、と色々と面倒なことが沢山ありましたが、完成してお客さまが喜んでいらっしゃる様子を拝見していると、それらの苦労もすべて消えてゆくのが不思議なものです。

リビングには大理石の大きな壁を作り、L字型のフレームで囲い込んでいます。柱型を取り込んだAV収納もきっちり出来上がっていました。

デザイン的に一番大変だったのはこのキッチンでした。このプロジェクトで、初めてゼロから図面を書いてくれた岩井さんが、ひとつのキッチンで、こんなに沢山の仕上げ材や色味・ツヤを指定したのは、初めてだったと言っていました。

細かく仕様を変えてデザインをしたキッチンですが、バラバラにならず、一体感がある素敵な空間に仕上がったと思っています(自画自賛)。

共用廊下から玄関に入って見える景色がこちらです。この小さな玄関ホールでも、カラーガラス、チーク羽目板、3種類の塗装色、ガラス、タイルにフローリングと多様な材料が散りばめられています。右側に見えているチーク羽目板の壁は…

途中納戸の隠し扉を経て、コーナーを回り込んでリビングの突き当りまで伸びています。木製ルーバーが組み込まれた2枚の建具は、内部のエアコン室内機隠しのためのものですが、古いルーバーを使ったり、色味の濃いチーク突板を使ったことで、ヴィンテージ感も上手く演出できたのではと思っています。

リビングからプライベート空間に進んで、すぐに見えてくるのが、このライブラリー廊下です。メラミンで作った書棚とビニールクロスの張り分けで作った費用を抑えてデザインした空間ですが、想像以上にカッチリとした良い空間に仕上がっていました。

その奥にある洗面脱衣も、クォーツストーンやチーク突板、鏡や床材のボロンで高級感のある空間に、

ハーフユニットバスを使った1816サイズの浴室も、タイルやステンレス枠等と相まって、とてもきれいに仕上がりました。今回のこの白金台H邸はリフォームをしたうえで、再販売に掛けることになっています。お客さまのご要望で、リースの家具も入れてからオープンハウスを開催する予定となっております。

ページトップへ戻る