Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

大工造作工事進行中@白金台E邸

白金台E邸

解体が無事終わった白金台E邸の現場に、大工さんが2人入っての造作工事が始まっています。

白金台E邸_大工の壁工事

広々とした現場に、木製の壁下地材やベニヤ板、Mクロス(ベニヤ板の表面に紙を貼った特殊なボード材)や石膏ボードなどが、きれいに整理されて置いてあります。

白金台E邸_大工の壁工事

 

リビングからダイニング越しにキッチンと玄関ホールを見返した写真です。ちょうど中央にセントラルエアコンの本体がありますが、それを新たに囲い直す壁ができてきていました。

白金台E邸_大工の壁工事

キッチン壁も、壁埋め込みの配管が設置され、フカし壁の下地もきれいに立ち上がっていました。

白金台E邸_大工の壁工事

先ほどのエアコン本体を隠す壁を別のアングルから見た写真です。キッチンへは廊下側から通用口がありますが、その横にはウォーターサーバーと冷蔵庫の奥行の違いを使った、廊下側から使える収納を作る予定です。ちょうどそこにウォーターサーバーの予備のパックが収納できるサイズになります。

白金台E邸_大工の壁工事

玄関ホールから、プライベート部分へと続く廊下部分の大工造作状況です。左側箱の中央に開口が空いているのがゲスト用トイレの入り口となります。扉が隠れて見えるように、扉と同じサイズのパネルを壁に並べるデザインを検討しています。

白金台E邸_大工の壁工事

廊下の左側は、SICと納戸の扉が続きます。扉のサイズに合わせて、壁を目地割して、壁の中に扉が埋め込まれているように考えています。

白金台E邸_大工の壁工事

廊下反対側の壁は、キッチンへの勝手口と収納の扉も含めて、アクセントクロスのパネル張りで考えています。

白金台E邸_大工の壁工事

プライベート空間の奥にある書斎と奥さまのクローゼットを分ける壁の造作は、天井ダクトの隙間を狙って、梁から木製下地を張り出したところから固定されていました。

 

 

 

ページトップへ戻る