Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

オーダーユニットバス設置@外苑前C邸

外苑前C邸

外苑前C邸のリフォーム工事現場に、東京バススタイルでお願いしていたオーダーユニットバスが入って参りました。

オーダーユニットバスの設置

まだ壁下地しか作られていない現場に、そこだけ完成度の高い空間が挿入され。まるでタイムカプセルのように感じられました…。

オーダーユニットバスの設置

大理石調タイルのマーベルプロ(ダイナワン)を2色(三面がクリームで、一面がグレー)使いで壁に張り、ジャクソンの浴槽をいれた高級浴室となっています。

オーダーユニットバスの設置

キッチンなどの設備類は壁がある程度仕上がってから設置取付けなのですが、ユニットバスの場合は、開口周りのアングルピース(接続用金物)と枠の取り合いが発生し、浴室が設置されないと周りの壁を作ってゆくことができないという問題があるため、このような早いタイミングでの設置が必要となるのです。

外苑前の高級マンションリノベーション

その他の部屋も壁のボードが張られ始めております。

外苑前の高級マンションリノベーション

リビングの奥の壁は柱を挟んで、向かって左側がTVとAVボード、右側がワインセラーコーナーの造作家具が組み込まれる予定です。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらはキッチンとダイニングの間仕切壁です。幅の狭い壁が2枚経っているように見えますが、右端がキッチンとダイニングの出入り口で、小壁の中央には引き込み扉が2枚入り、キッチンとダイニングを繋げることも閉じることもできる仕組みとなります。

外苑前の高級マンションリノベーション

同じ小壁を、キッチン側からみるとこのようになります。リフォーム前のキッチンと似たようなレイアウトとなっていますが、対面カウンターの中央が扉の開閉でコントロールできるところが今回のキッチン設計のミソとなっております。

外苑前の高級マンションリノベーション

ダイニングとリビングの角に当たるベランダに面したコーナー窓にも少し工夫をしています。

外苑前の高級マンションリノベーション

ダイニング側(写真左側)は従来通り、床から天井までの大開口としていますが、リビング側(右側)はソファーの背面になるので、下まで窓が開いている必要がないので、腰の高さまで壁を作って、開口面積を絞っています。また、コーナー部分にも柱を立てて、一連の窓ではなく、ダイニングの大窓とリビングのピクチャーウィンドウと二つの窓に切り分けています。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらは玄関から繋がる廊下部分の壁の仕様です。右側の扉はキッチンへの引き込み扉で中央の開口は洋室1への開き扉です。どちらも扉、枠共に以前のものを塗り直して再利用することになっています。二つの扉の真ん中の小壁も建具と枠と同色で塗装して、一枚の大きなパネルのように見せる予定です。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらは玄関ホールです。
カラーガラス張りの 靴収納と靴の脱ぎ履き用のミニベンチのあるモダンでスタイリッシュな玄関をイメージしています。

外苑前の高級マンションリノベーション

主寝室は、予算の関係もあって凝ったデザインではありませんが、使いやすいウォークインクローゼットとヘッドボードをデザインしております。

外苑前の高級マンションリノベーション

壁がここまで立ち上がってくると、空間のボリュームが掴めるますね。細かい部分のチェックを担当スタッフの神崎さんと竹田さんと一緒に見て回りました。