ライムストーン張りの壁@赤坂M邸

ライムストーン張りの壁@赤坂M邸

赤坂M邸の見せ場ともいえる、ライムストーン張りの壁ができてきたとのことで、打合せ予定もなかったのですが、お施主様のMさまと一緒に現場に伺って参りました。

130122akasakaM_ishibari-1

石の高さを3種類に変えて、磨き方も光を反射する本磨きとマットな質感の本磨きを混ぜて、壁自体の厚みを表現しようとデザインしてきた壁です。とてもきれいに張られており、Mさまと一緒にしばらく眺めさせていただきました。

130122akasakaM_ishibari-2

こちらは玄関ホールからリビングへのガラス扉です。重厚感のある石壁と透明感のあるガラス扉が上手くマッチしており、不思議な浮遊感が演出できました。

130122akasakaM_ishibari-3

ライムストーン壁に掘り込みを作り、そこにガラス扉用のヒンジを埋め込み、ガラス扉を吊っているディテール写真です。ライムストーンは、リビングの壁だけでなく、玄関ホールで直角に曲がり、寝室への扉まで張り込まれています。コーナーも互い違いに張っていることで、重量感が感じられます。

130122akasakaM_ishibari-4

玄関ホールの既存収納の形状を一部変えて、扉も交換したものができつつあります。以前はノッペリとした白い壁収納でしたが、チークの突板張りに変えたことで、シックな高級感が出てきました。

130122akasakaM_ishibari-5

ダイニングの壁もアクセントクロスが張られ、ニッチ収納の内部もチークの突板に交換しています。この赤坂M邸のリフォームでは、築浅のマンションであることも考えて、とにかくコストパーフォーマンスの良いデザインを心掛けてきました。施工・プロデュースのライフデザイン社は、本来はスケルトンリフォームを得意としている会社なので、却って大変かもしれませんが、本当にきれいで間違いのない工事をしてくれています。

タグ

2013年01月18日 ライムストーン張りの壁@赤坂M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 赤坂M邸


»
«