Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

イタリア高級モダン家具搬入@南平台N邸

南平台N邸

半年前に完成時期を見越してオーダーしていた、イタリアから輸入の高級モダン家具が続々と南平台N邸に搬入されています。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-01

順番は前後していますが、一番の大物がミノッティの大型ソファWHITEです。背もたれ部分が所々抜けていて、ミニカウンターのようになっているデザインが特徴のソファーです。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-02

こちらがそのミニカウンターを差し込んでいる様子です。因みにこのミニカウンターは革張りとエナメル仕上げの二種類が選べますが、N邸では3カ所のミニカウンターのうち、2箇所を革で1カ所をエナメルで仕上げて貰っています。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-03

ほぼ組み終わった時点で、テレビや上部の間接照明、背面の造作家具との位置関係を見ながら、置く場所を決めてゆきます。一度置いてしまうと、全ての部品が連結されてしまうので、一人や二人では動かせなくなってしまうのです。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-04

細かいディテールの部分まできれいに作られているのがミノッティの職人魂(?)で、上部に座面クッションが置かれて隠れてしまう部分もきちんと革の縫製がなされていました。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-07

ソファのレイアウト位置が決まった所で、寸法を測った上で動かし、大型のラグを敷き込んでもらいました。ラグはソファーの下に差し込むレイアウトとしています。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-06

ミノッティとは前後していますが、ソファーの正面に置くメリディアーニのローテーブルも搬入されました。エナメル調の表面仕上げとメタリックな脚が美しいテーブルでした。フルーとメリディアーニは両方とも中津家具にお願いしています。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-08

同じころ、主寝室ではイタリア高級ベッドメーカーFLOU(フルー)のベッドフレームが4人掛かりで組み立てられていました。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-09

背面のヘッドボードだけでなく、フレーム周りや脚部分も革で巻き込まれた超高級仕様のベッドです。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-10

組み上がったベッドの横に、ミノッティのラウンジチェアJENSENとそのオットマンが搬入されていました。渋いヌバック仕上げなのですが、まだ養生されており仕上げはチラ見することしかできませんでした。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-12

隣の書斎では、カッシーナのベッドとエアフレームのデスクが組み立てられていました。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-13

こちらは既に組み上がっていたモルテーニのウォークインクローゼットです。中央の飾り棚はアルフレックスの特注品です。

140402kaguhannnyu_nanpeidaiN-11

養生を外したリーバのダイニングテーブルとベンチ、右手前に見えるのが新しく入ったミノッティのダイニングチェアで、左奥にはアクセントとして入れた、やはりミノッティのラウンジチェアです。これでミノッティ、カッシーナ、モルテーニ、メリディアーニ、フルーと全てイタリアから輸入して貰った高級モダン家具が揃い踏みしたことになります。
搬入のルールが厳しいマンション管理組合と、イタリアからの納期を睨めながら、3日間に渡る搬入計画を立てて、全てに立ち会ってくれたスタッフの竹田さんの頑張りにただただ感謝です…。
イタリア輸入家具が勢揃いした様子は、南平台N邸からご覧ください。

 

 

ページトップへ戻る