Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

7種類の取り扱い説明付の竣工お引渡し@六本木N邸リノベーション

六本木N邸

設計&施主検査で見つかった問題点の補修や未成部分の施工が終わった高級リノベーション工事、六本木N邸も無事竣工お引渡しとなりました。

R0050428_pt

中央にお施主さまのNさまご夫妻、リフォームキューの営業と現場担当、キッチン施工、ウォークインクローゼット支給工事、、家具コーディネーター、テレビAV関連工事、そして電気工事、照明関係の方々との竣工時記念撮影です。先に帰ってしまったオーダーユニットバスの担当者も含めて、7種類の設備等の取り扱い説明付きの長時間お引渡しでした。

DSC_1412_pt

こちらは前日に3時間ほどかけて調整して貰ったテレビ・AV・音響と空調&照明&窓のブラインドすべてを連動させるクレストロン制御のスマートホームシステムです。今回は施主支給工事で別途工事だったので、補修工事のタイミングで入ってもらいました。

R0050368_pt

お施主さまお手持ちのコンピューターゲームも接続したAV収納の内部レイアウトの様子です。背部からテレビやスピーカーに繋げる配線スペースがありますが、機器量が多く作業も大変だったようですが、うまく作動するように調整できたようです。

R0050416_pt

テレビシステムの取り扱い方法をB&Oの村瀬さんが説明してくれました。

R0050419_pt

お預かりしていたアイ・パッドを持ち帰ってソフトをインストールして、コントロールシステムの端末として使えるようにして貰っています。

DSC_1413_pt

家具レイアウトをした際に、2か所用意してあったエアリアルヨガの場所の一つは使わないであろうことがわかったので、急遽セール中のB&Bのお店に伺って、ちょうど在庫があったパトリシア・ウルキオラデザインのラウンジチェアのHUSKを購入することになりました。

DSC_1414_pt

在庫品で購入できたのは黒いファブリックだったので、もう一色予備用にクッションを購入することにして、そのアクセントカラーを選んでいる最中です。

R0050443_pt

メイズの柚澤さんに選ぶのを手伝ってもらったベッドのリネンの肌触りを確認して頂きました。

DSC_1560_pt

主寝室のカーテン、足元のラグの入って、ほぼ完成形になった主寝室です。シックでスタイリッシュでカッコよいです!
1点だけ遮光仕様でお願いしたカーテンでしたが、足元が少し浮きすぎているので、こちらについては再調整して頂くようお願いいたしました。

DSC_1555_pt

お引渡し時の取り扱い説明も多岐にわたりました。洗面脱衣の使い方の後に、オーダーユニットバスの説明を東京バススタイル和久田さんにお願いしました。

R0050438_pt

浴室内テレビの使い方やオーバーヘッドシャワーや追い炊きの方法を丁寧に説明して貰っています。

R0050435_pt

キッチンはSSKの臼田さんです。主にガスレンジとオーブンの使い方を奥さまに説明して貰いました。

DSC_1554_pt

タイム&スタイルにお願いしたウォークインクローゼットの使い方はそれほど難しくありませんが、ベルト掛けなどの取り付け位置を指定して頂きました。

DSC_1392_pt

こちらは事前に奥さまに現地に来ていただいて、ダイニングの床に敷くラグを選んでい頂いていた様子です。マナ・トレーディングが扱っているベルギーさんの高級ラグ、リミテッド・エディションとアメリカのチルウィッチのコントラクト用ラグのサンプルをお見せいたしました。

DSC_1396_pt

スタイリッシュでカッコよいラグばかりですが右下のレザーを使ったダークなものに決定いたしました。

DSC_1410_pt

ミノッティのソファーのクッションの色彩、肌さわりが思っていた以上に地味だったので、追加でクッションを作りたいとのことで生地サンプルも持ってゆきました。

R0050457_pt

とても仲の良いご夫婦で、ここまでデザイン決定ではほとんど同じご意見だったNさまたちですが、このクッション選びではお二人の意見に相違があって、相当苦戦致しました。

DSC_1556_pt

お二人それぞれに選んでいただいた生地を並べてみましたが、お互いの意見を尊重しながらも、アッチコッチと悩み続けて、結局この日は決めることができませんでした。

DSC_1548_pt

丸々4時間ほど掛った取扱い説明とお引渡しの種類説明ですが、何とか無事終えることができました。根気強く最後までご説明を聞いてくださったNさまご夫妻、どうもありがとうございました。そして無事の竣工お引渡し、どうもおめでとうございます!

 

 

 

 

ページトップへ戻る