Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

造作家具の取付@青山I邸

青山I邸

すっかりブログ更新をサボっておりました青山I邸ですが、造作家具の取付が始まっていました。

DSC_2929_pt

部屋中がコンテナのようなものでいっぱいになっておりますが、これらが組み上げる前の造作家具の箱たちです。内装のクロス張りも終わっているので、壁際に箱を置くと傷つきの原因になってしまうので、部屋中央に寄せて置いてあるのです。

DSC_2947_pt

Iさまがこだわりを持っていらっしゃるステレオシステムとスピーカー類を入れるための造作収納なので、似たような箱に見えますが、それぞれ寸法や扉の仕様、熱が逃げるための工夫などが細かく指定されているのです。

DSC_2946_pt

壁に立てかけられているこちらの材料は、ステレオ収納の天板になる御影石の甲板材です。丸穴が開いているのは、カウンター上に載せるテレビと配線を繋げるための孔です。石材の右奥には、すでに組み上がったキッチンが見えています。

DSC_2932_pt

こちらが、窓があった明るいキッチン空間に組み上がっているオーダーキッチンです。ドイツのキッチン御三家(?)の一つのジーマティック社の特注オーダー品です。

DSC_2941_pt

造作家具はリビングダイニングだけでなく、こちらの玄関ホールの大容量靴収納棚や、

DSC_2944_pt

こちら、主寝室の造作棚等、他にも書斎のCD&レコード収納棚などが順次取り付けられてゆく予定です。

DSC_2937_pt

最後に、リビングコーナーからキッチンとダイニングを見返した写真です。160平米強のマンションのLDKはさすがにスペースの余裕がありますね。

ページトップへ戻る