Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

解体範囲確認のための現地打合せ@西麻布N邸

西麻布N邸

工事金額や契約内容の詰めが終わり、正式にお客さまのNさまと工務店との間で解体工事契約が結ばれたので、現地にて工務店の担当者と一緒に解体する範囲の確認をさせて頂きました。

当日は、オーダーキッチンをお願いしているアドヴァンの西田さんにも立ち会って貰い、既存キッチンと新規キッチンのサイズの違いや、再利用することになっている調理機器の確認を致しました。

都心のマンションでは珍しい暖炉は、お化粧ではなく実際に使える状態でデザインし直したいとのことでしたので、改めて仕上げの背部の作りも現地で確認したところ…、

耐熱レンガや上部の煙道の断熱などは、暖炉の専門家に入って貰って施工をお願いした方が良いとのことになりました。

既存でも段差がある洗面所や浴室などについては、解体範囲の決め方によって解体時の騒音が変ってくるので、なるべく解体エリアを少なくする方法を一緒に検討して貰いました。

既存のPS(パイプスペース)はサイズと形を変える計画なので、事前解体で壁を壊してもらっていた点検口からカメラを差し込んで状況撮影をしています。

上の写真が点検口から上をの覗いた写真で、下半分の写真が下を覗き込んだ写真です。上部は天井裏まで登ったところで横引き管に接続されているので問題が無さそうでした。下については、取り出し口の位置は一段下がったスラブの個所にあるようだったので、こちらも問題なく解体を進めることができそうです。
その他、ロフト部分に再利用するカーペットのエリアの指定や、長物の搬入経路の確認などもこの打ち合わせで一緒に済ませることができました。いよいよ来週から解体工事が始まります。

ページトップへ戻る