建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション|建築家・各務謙司のブログ

Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

トップライト付き玄関のあるマンションのリノベーション

西麻布N邸

西麻布N邸は、マンションの最上階住戸(ペントハウス)であることの特徴を最大限に活かしたお宅で、リノベーション前から玄関ホールには吹き抜け&トップライトがついていました(その他にもメゾネットになってることや、本物の暖炉がついていることも特徴)。その玄関ホールのリノベーション工事も進行しています。

写真右手が共用廊下からの玄関扉で、入った玄関ホールの直上がトップライトとなっています。玄関入って右手には(ちょうどこの写真の正面)キッチンへの勝手口と収納が並び、

入って正面にリビングへの両開きの扉が見え(今はまだ見えませんが)、左手には納戸への扉が来ます。扉はシャム柿の鏡面塗装で、床が大理石とタイル、壁が白の塗装壁と大理石、カラーガラス張り、造作家具の塗装と並び、トップライトからは、以前からお客さまお手持ちのガラス製照明TARAXACUM(フロス)を吊り下げる予定です。

リビング側から見返した玄関ホールです。大工さんがフロアヒンジの取り付けを行ってくれています。

床からの鉄筋に溶接固定されたフロアヒンジの様子です。

工事進行中のリビングダイニングから玄関ホールを見返しても、天窓からふんだんに光が注ぎ込んでいることが分かります。

先日来、ブログを書いてきたリフォームする暖炉も不燃のケイカル板(ケイ酸カルシウム板)が張られて、後は大理石や鉄製の箱が届くのを待つのみとなっています。

リビングダイニングの天井も、エアコンのブリーズライン(吹き出し&吸い込み口)やダウンライトの開口が開けられ、塗装屋さんが塗装下地作りのために石膏ボードの継ぎ目にテープを張り始めていました。

先日、金物屋さんと打ち合わせをしていた、壁の大理石張りの目地として使う真鍮材も現場に届いていました。

こちらがフラットな部分で使う目地材で、横に溶接しているカットアングルで壁に固定する考えです。

出隅のコーナーに使う真鍮は、打ち合わせ通りに変形の足を延ばして、壁固定することができそうです。

その他、現場にダイニング上に吊る大型ペンダント照明がアメリカから届いたので検品しました。

日本製の製品のように施工要領書や寸法などが記載されたディテール図もないので、早めに現品を取り寄せて、取り付け方法を研究する必要があります。

来客用トイレに張るガラス製タイルも届いたので、その張り方を現場監督の石山さんと打ち合わせをしました。

10枚でネット張りされているのですが、タイル同士の接合の様子を見て、どのように目地を詰めてゆくかを相談に乗って貰いました。

その他、お客さまご支給のIKEAの棚をご主人さま用のシャワー室手前、トイレ上に取り付けものを確認させて頂きました。

ページトップへ戻る