Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

オーダーキッチン(アドヴァン)の組み立て@西麻布N邸

西麻布N邸

西麻布N邸では、打ち合わせ当初のキッチンショールーム巡りの時から、CP(コストパフォーマンス)を考慮して、オーダーキッチンを始めたアドヴァンでお願いしてみたいとの話がありました。原宿のショールームは展示も豊富で、キッチンだけでなくタイルや水栓といった建材や設備を一気に見ることができるので、確かにキッチンも採用できればお客さまのショールーム巡りも効率的にできると思っておりました(打ち合わせ時の様子はこちらです)。その後リノベーション工事が進み、いよいよキッチン家具の組み立てが始まりました。

こちらの写真ではすでに組み立てが始まっていますが、初日は現場に材料を搬入するところから始まりました。

100平米を超える大型LDがいっぱいになるほどキッチンキャビネットが積まれていたそうですが、僕らが現場に伺った2日目には、箱物は吊戸棚以外はほぼキッチンに収まっており、後はこちらのような多様なパネル材や棚板材や…、

長いシンクカウンターなどが並んでいるだけの状態になっていました。

キャビネットには、最初から引き出し金物や開き丁番金物が取り付いています。これらを建築工事で作った壁に合わせて、平行にかつ直角にお互いを固定してゆく作業へと入ります。すべてをピッタリサイズで作ってしまうと、少しでもズレがあるとそのズレ寸法を吸収できなくなってしまうので、数か所のバッファーを用意しておいて、そこに取り付けるフィラーで調整してゆきます。

一通りキャビネットの設置が終わったところで、カウンター材を載せてゆきます。引き出しや扉も、そのままで現場に置いておくと傷がつく原因になるので、仮の状態ではありますが、それぞれのキャビネットにはめてゆきます。

その後、以前のキッチンからの再利用のガゲナウの大型ビルトインオーブンのEB385410、新しくお客さまにご購入いただいたIHクッキングヒーター4つ口のVI260134ガスのハイカロリーバーナーのVG231234、そしてバーベキューグリルのVR230434を設置してもらいました。

同じタイミングで、アリアフィーナの1200ミリ幅の特注大型レンジフードと、イタリア輸入建材のアークテック社が扱っており、ちょうど国内在庫があったフィアンドレ社の大判タイルをキッチン背面パネルとして張って貰っています。
これで、ほぼキッチンは完成となりました。建築工事との取り合いも多く、工事のタイミングが何度もズレたりと大変な工事でしたが、アドヴァンの頑張りでここまで仕上がってまいりました。

 

 

ページトップへ戻る