Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

マンションバルコニーの屋外家具選び@ニチエスショールーム

港区R邸

お部屋の2辺に大きなバルコニー(併せて約60平米!)がある港区R邸の屋外家具選びで、お客さまご夫妻と千駄ヶ谷のニチエスのショールームを訪問いたしました。

ダイニングの横には、屋外で食事を楽しめるアウトドア用ダイニングを、リビングの外にはリビングの延長となると屋外用ラウンジチェアを、そしてコーナーで一番展望が開ける個所には、特別な屋外家具をと考えています。

ショール―ムに入ってすぐにある、円形で360度回転するデドンのオービット・ラブシートはお客さまもすぐに気が付いて、是非採用なさりたいとの話になりました。

白は清潔感があって良いがそれでも都心では汚れが目立ちそうだとのことで、選べる生地を持ってきてもらい、

灰色の生地をベースに、クッションにグリーンを使ってアクセントにする形でリラックスできるイメージを考えてみました。

最終的に選んだクッションの色味は、この3色になりました。

マンションベランダの屋外家具では、嵐や突風で吹き飛ばさせる可能性があるので、オービット・ラブシートの裏側も確認させて貰いました。このようなキャスター付きで、移動もできるそうで、フレームにワイヤーを結び付けて、ウッドデッキ下の構造体に固定することもできることを確認いたしました。

ダイニング前のテラスのテーブルは、こちらのテーブルで片側にだけシートを入れる考えでおりましたが、奥さまから娘さんのお友達が来るときには大勢で座りたいので、幅は狭くても良いが、両側からシートを入れられるものをとのことで、他のテーブルにすることになりました。

ダイニングのイスは、このCTRのラウンジチェアの小型版のアームチェアとすることになりました。清掃方法やメンテナンスのことを気になさっていたので、カバーリングの外し方も説明してもらいました。

ショールーム奥にあった、このスイングレスト・スタンディング・ラウンジャーにも興味を持って頂いたのですが、残念ながらスペース的にもバルコニーの避難経路を確保できなさそうなのと、マンションへの搬入が難しそうだったので、今回は諦めて頂きました。

 

 

 

ページトップへ戻る