建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション|建築家・各務謙司のブログ

Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

突板塗装仕上げサンプル×50枚以上

港区R邸

仕上げ材について、お客さまが大きなこだわりを持っていらっしゃる港区R邸プロジェクトでは、大量の仕上げ材をサンプルを依頼したり、作って貰ったりしています。特に作り付け家具や扉については、材料や色味だけでなく、違ったツヤのサンプルも見てみたいとのことで、造作家具と建具をリフォームキューの下請けでお願いしているニシザキ工芸さんには沢山の突板塗装サンプルを作って貰いました。

お願いした突板は、オーソドックスなホワイトオークやタモやウォールナット、それに高級突板のシャム柿や黒檀、ゼブラウッドやワンダー黒檀(人造コクタン)などで、生地のままのものだけでなく、指定色で染色してもらったり、ツヤを3分-7分あるいは5部-鏡面と塗り分けて貰っています。また、塗りつぶしの鏡面仕上げサンプルも幾つか作って貰っています。

突板塗装サンプル依頼表

こちらは、第一弾として前田君が作ってくれた突板サンプルの注文票です。お客さまが気に入ってくださっている素材と色合わせをしたり、お子さまの部屋などではダイノックシートに合わせた色味などもお願いしています。このあと追加でお願いしたものを合わせると、実に50枚以上のサンプルを作って貰ったことになります(実際にはお客さま分もあるので、その倍の100枚以上!)。

各種内装素材打ち合わせ@港区R邸リノベーション

突板染色&塗装サンプルが揃ったところで、これまでに決まった素材に、まだ最終決定していない素材と今回のサンプルを合わせて、港区R邸の現場に運んでRさまご夫妻に確認して頂きました。

各種内装素材打ち合わせ@港区R邸リノベーション

あまりに多くの素材が並んでいるのを見て、お客さまも当初は驚いていらっしゃいましたが、それだけ頑張ってリフォームキューと僕らで集めたこと、とても喜んでくださいました。まだ決まっていなかったプライベート廊下部分の壁や建具はワンダー黒檀を黒く染めた鏡面仕上げに、主寝室の建具と壁材は天然黒檀(シャチ柄)を黒く染めた鏡面で進めることに決まりました。

各種内装素材打ち合わせ@港区R邸リノベーション

これまで後手になっていた奥さまとお嬢さまの寝室についても、白の塗装色サンプルが揃ったので、現地で決めて頂くことができました。

奥さまのお好きなインテリア@港区R邸リノベーション

女性陣のお部屋のインテリアは、LDKや主寝室とは趣を変えて、白が基調となっています。お嬢さまと奥さまが一緒に考えた家具の雰囲気を確認し、造作家具で進めるか、既製品を購入して頂き、リフォームキューで同じニュアンスの白で塗り直すかを検討しておりましたが、価格差を出してもらったことで、既製品を採用する方向で決まりました。

奥さまのお好きなファブリック@港区R邸リノベーション

女性部屋はカーテンやレース、さらにベッドのリネンやスプレッド等、選ばなくてはいけないファブリック類が多いので、奥さまとスタッフの間瀬さんでナショナル・インテリアマナ・トレーディングや、FEDEフジエテキスタイルを随時廻って頂き、気に入ったサンプルを取り寄せて貰っています。

LGSスタッドと鉄骨柱が立ったリノベーション工事現場@港区R邸

リノベーション工事現場も順調に進んでいるので、お打合せの後に一緒に見させて頂きました。

LGSスタッドと鉄骨柱が立ったリノベーション工事現場@港区R邸

リビングのテレビボードには、片持ち(脚がなく、壁から持ち出して支える形式)の石のカウンターが来るので、その重さを支えるために、壁下地の中に鉄の角パイプを仕込んでくれています。大工さんの後ろに見える壁下地で、赤い柱がその角パイプです。

LGSスタッドと鉄骨柱が立ったリノベーション工事現場@港区R邸

この壁の背面にある息子さんの部屋から見ると、角パイプが仕込まれていることが良く分かります。この時点では、まだ床スラブや天井スラブにきちんと緊結されていませんでしたが…、

スラブ材に緊結された鉄角パイプの下地柱@港区R邸リノベーション

この数日後に現場を訪れた際には、このように鉄のアングル(L字型に曲がった材)金物でしっかり天井や床のコンクリートスラブに固定されていることを確認しました。

大理石と木製ルーバー壁の間接照明確認

お客さまとの打合せが終わった後、TVボードの背面壁に仕込む間接照明の設置方法と隙間寸法が決まっていなかったので、リフォームキューの坂本さんと実験をしたうえで決定いたしました。

 

ページトップへ戻る