Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

作り付けTVカウンターの下地工事@港区R邸

港区R邸

港区R邸の現場にて、リビングダイニングの壁に作り付けTVカウンターの下地工事が始まっていました。

ダイニング側からTVカウンター正面を見たアングルの写真です。大工の蓮池さんの背部にベニア板が張られた箇所が、そのTVカウンターです。

ベニア板の一部が凹んだ箇所に壁掛けTVが埋め込むような形で設置され、その周りにポルトロという大理石が張られる予定となっています。下には突き出し形のようにカウンターを設け、デザインでどっしりとした安定感を演出しようと考えています。

下の片持ち(片側の壁や柱だけから持ち出す形で支える)突き出しカウンターの構造が、下から覗くとよく分かります。下地となる壁裏には鉄骨(赤い柱)を入れ、そこからアングル金物(銀色の三角形の金物)などで、持ち出す構造としています。

この持ち出しカウンターにも大理石を張って、一体化するデザインとしています。

R家のお子さまはお二人とももう十分に大きいので、このカウンター上に乗っかって遊ぶことはし無さそうだと思っておりますが、試しにスタッフの前田君に乗って揺すって貰いましたが、ビクともしないほど頑丈に取り付けられていました。

似たようなデザインの片持ちTVカウンターは南麻布K邸でも作って貰ったことがありましたが、工務店が違うと作り方も微妙に違ってくるのが面白かったです。

このTVボードの周りには、違った大理石でのフレームを廻しますが、そのフレーム上の大理石を張るための下地も壁背部の鉄骨から金物でしっかりと固定されています。大理石フレームにはダウンライトを仕込むので、そのための穴もすでに開口されていました。

リビングの一角には、写真のような一部がカーブした不思議な金物が搬入されていました。こちらは実はコーナーがカーブした折り上げ天井に沿って貼る金物でした。

大工の工藤さんが折り上げ天井裏のベニヤ板を張ってくれていますが、この四周に先ほどの金物を張るデザインとしております。

主寝室は壁付けテレビを設置する下地が作られ、折り上げ天井も組まれていました。

息子さんの寝室のTVも、やはり壁に埋め込んだようになさりたいとのご要望があって、急遽壁を付加してTV用のニッチを作って貰いました。

パッと見ると、完成まではまだまだの状態のようですが、仕上げ材を張るための下地は3人の大工さんによって順調に作られていることを確認して参りました。

ページトップへ戻る