女の子の子供部屋の最終色決め

女の子の子供部屋の最終色決め

一月ほど前に打合せで訪問した、子供部屋インテリア家具の専門店、ビベル(Vibel)の青山ショールームに再度伺って参りました。

お嬢様と最終色決め打合せ中

今回は、微調整した子供部屋の家具とインテリアの仕上げの色や素材を決定する為で、早めの時間にスタッフの竹田さんと各務で候補の色見本を集めて置き、時間差でお施主様Mさまの奥さまとお嬢様のKちゃんに来て貰い、候補の色サンプルを見ながら、打合せをさせて貰いました。

スケッチ着彩@ビベル

候補の色が決まってゆくと同時に、ビベルの中島さんが用意しておいてくれたスケッチパースに着彩していってくれます。

スケッチ着色

ピンクが大好きなKちゃんですが、ピンクだらけではなく、ちょっと色味が混ざったフクロウ柄の壁紙等、センスを発揮してくれた成果が、以下の着色スケッチです。

女の子の子供部屋インテリアイメージ

余りファブリックを使って、可愛らしいクッションも沢山作って貰うことになりました。ベンチ上にフワリと掛かる、ピンクと黄色のストライプ柄の天蓋がポイントです。

子供部屋二段ベッドの実験中?

打合せ後は、しばらくショールームをお借りして、二段ベッドを怖がらずに遊んでくれるかの実験(遊び?)をさせて貰いました。これでほぼ内容が決まったので、発注することができます。

タグ

2012年06月18日 女の子の子供部屋の最終色決め はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション インテリア 神戸M邸


»
«