Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

グレードアップ追加工事で更に高級感が増した青山P邸

青山P邸

リノベーション工事を進めてきた青山P邸ですが、当初考えていた設計通りに工事が完了したのですが、出来上がりを確認してくださったお客さまから、もう少し費用を追加すれば、どの位グレードアップが可能かとのお話があり、急遽追加工事をすることになりました。

こちらが第一次工事が完了した時点でのお客さま検査時の様子です。これだけでも十分にきれいでカッコ良い空間に仕上がっていると思っていたのですが…。

玄関ホールからダイニングに入った正面の壁が、単なる塗装壁だと大きな無垢感のあるテーブルが映えないのではとのことで、こちらの壁を大理石張りに変えることになりました。ボードの塗装壁では大理石は張れないので、壁の上から下地用の合板を張ってから大理石を張って貰いました。

また、玄関に入ってすぐ左に見える壁が塗装壁だったのですが、タタキに使ったものと同じ大理石を、こちらの壁にも張り伸ばすことにいたしました。

そうこうして、追加工事が終わって出来上がったのが、こちらの写真です。確かに、正面の壁を大理石で仕上げて、照明を追加したことで、華やかさが増しました。

先ほどの工事途中の写真と見比べると、グレードアップ感が良く判りますね。

玄関は、右奥に見える壁を大理石で仕上げただけでなく、この写真の左側の壁全体もチークの突板パネルを貼って、空間のグレードアップを図っています。

こちらが木製パネルを貼る前の玄関ホールと廊下の様子です。カラーガラスと大理石壁、そして奥に見えるタイル張り壁と奥へ奥へといざなうような空間が、これだけでも十分素敵だったのですが、更に高級感が演出できるようになりました。

一番奥の主寝室も、柱型奥のミニテーブルだけしかありませんでしたが、腰壁パネルを貼って、さらに柱型にも鏡を張って、ベッドを置いた時の様子が想像できるような設えに変えてみました。

専有使用権のある庭に張ったウッドデッキの様子です。こちらには、植栽を入れる予定となっていますが、まだプランターしか届いておりませんでした。右端には、エアコンの室外機を隠すカバーも出来上がっていました。

こちらはグレードアップ工事とは関係ありませんが、リビングのライブラリーコーナーの完成時の様子です。奥へとプライベート廊下が続いていますが、扉がありますので、その開閉でリビングの雰囲気がガラリと変わる工夫となっています。お篭り感を演出するために、ニッチの天井と書棚の奥の壁を同じ灰色で塗装しています。照明の縁を黒にしたのと、天井カセット式エアコンのフェイスも同じ色で吹付塗装して貰いました。
長らく工事が掛かりましたが、2段階のグレードアップ工事を経て、素晴らしい空間へと変貌を遂げてくれたと思っております!

ページトップへ戻る