オーダーユニットバスの設置

オーダーユニットバスの設置

六本木T邸にオーダーユニットバスが設置されました。柱や壁の位置を避けながら、最大寸法を確保するため、通常のサイズとは違う変形1519サイズに、ジャクソン社の浴槽、二種類の天然石張りを張り分けた壁、ハンスグローエの水栓(レインシャワー付き)を装備した特注ユニットバスです。

オーダーユニットバスの設置

通常のユニットバスであれば、半日ほどで組みあがりますが、こちらは特注の製作品の上に、寸法的にも既存壁と柱の間の寸法をギリギリを狙っているので、防水パンの設置だけで二日掛かり、壁立ち上げで一日、浴槽設置と天井張りで一日の計4日掛かっての大工事でした。

特注ユニットバス 防水パンの設置

写真は防水パンを設置している様子です。洗い場と浴槽部分で二枚の防水パンを接着し、コンクリートの床に水平になるよう、慎重に設置してあります。スラブ段差の切り替え部分にちょうど当たっているので、洗面所の排水がユニットバス内部を貫通するという特殊な収まりとなっています。

壁の立ち上げは、防水パンの縁に溝があり、そこに壁パネルの垂直を確認しながら設置してゆきます。軽そうに見えますが、石張りで壊れやすいこともあって、二人の職人さんで組み立てています。

ジャクソンの浴槽

ユニットバスに組み込むジャクソン社のネオベンティ浴槽です。今回はジャグジーやブローは入れておらず、追い炊きのみの機能です。

オーダーユニットバスの給排水接続工事

ユニット設置後に給水・給湯・排水・ガス式浴室暖房乾燥機を接続してゆきます。この特注ユニットバスは東京バススタイルにお願いしていますが、水道や電気の接続を含まない費用で約320万円程になりました。壁と床躯体に防水を施す、所謂在来工法であれば、同じ内容をもっと安価に仕上げることが出来たかもしれませんが、高層ビルでは地震の揺れも大きく、防水層が万が一切れてしまった時のことを考えれば、やはりオーダー式のユニットバスを選択することになります。
完成後の浴室の写真は、六本木T邸リノベーションをご覧ください。

タグ

2011年02月14日 オーダーユニットバスの設置 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木T邸


»
«