左官屋のコテと塗装屋のヘラ

左官屋のコテと塗装屋のヘラ

本日から左官の上塗りが始まるので、午前中に色味やコテムラをチェックして参りました。イメージとしては、きれいに塗られた左官壁ではなく、幾度も塗り直されて補修されたような壁をイメージして欲しいと伝えて、工夫して貰っています。

左官上塗り マンションリフォーム

左官屋さんが大きな壁面に思い切りよく珪藻土を塗ってゆくさまはとても気持ち良いものでした。一度ある程度きれいに仕上げて貰ってから、霧吹きで水をふいて、またコテの向きを変えながら、コテムラをわざとつけて貰うことになりました。

左官屋のコテ

こちらは左官屋さんが使っているコテです。縦に握って、1~2ミリほどの厚みを盛りながら均してゆく作業となります。

塗装屋のパテしごき

本日は塗装屋さんのパテしごきの作業もあったので、似ているようで違う作業なので、比較の為に写真を撮ってみました。パテしごきはヘラを使ってなるべく薄くフラットに仕上げる作業です。速乾性のパテなので、厚みは薄い方が良く、壁や天井の不陸を均しながらシゴくイメージです。

玄関周りでは、大きさが変わった玄関土間と框周りの石材の補修工事も進んでいました。こちらも石用の接着剤と、奥行き調整用に丸めた銀紙を使った独特の作業です。

タグ

2011年04月07日 左官屋のコテと塗装屋のヘラ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木T邸


»
«