マンションリフォーム 共用部の養生範囲と方法

マンションリフォーム 共用部の養生範囲と方法

高級マンションであればあるほど、リフォーム・リノベーション工事をする際の、共用部分の養生の条件が厳しくなります。今回リノベーションをすることになった、白金台の高級マンションは、まだ築5年のマンションです。

したがって、壁紙を貼りなおす程度のリフォームはありましたが、今回計画しているような、大規模のリノベーションは、マンションの管理事務所にとっては、初めての体験となるようです。

管理会社では、沢山のマンションを担当しており、その中で大規模リフォームの経験も豊富にあるので、工事先だって、管理会社、管理事務所スタッフ、工務店と設計の四者で、リフォームのルール、共用部の養生範囲と方法を確認することになりました。

マンション竣工時に、管理事務所が作った、引越し用の「荷物搬入時の注意点」という書類をベースに、四者で打合せを致しました。

養生範囲は

  • 道路からマンションピロティー
  • 正面玄関から、受付”前を通って、ロビー
  • 廊下を経てエレベーターホール
  • エレベーター内
  • 工事階のエレベーターホールから当該部屋までの廊下

となりました。

地下駐車場を使うものだと考えていましたが、1階ロビーを通る経路を使うことになりました。距離は長くなりますが、床の段差がなくなるので、搬出入は容易になりそうです。

養生方法も細かく指定されました。

  • ピロティーの石床は、硬質アクリルシート敷き
  • 台車を使う箇所は、1800幅のビニールシートの上に、900幅の硬質アクリルシート敷き
  • エレベーター内部は、床は管理室の養生マット敷き、四周の壁は清潔なアクリルシート張り(天井と扉は除く)
  • 当該階の廊下の絨毯床も、清潔なアクリルシート敷き
  • 共用部分の自動扉は、プラスチックダンボール(プラダン)で養生

更に、テープの跡を残してはいけないので、養生をテープ留めすることも禁止となりました。重石を置くか、養生同士をビニールテープで繋ぐか、養生するものにピッタリの形の養生セットを作るか、色々と工夫が必要になりそうです。

色々と厳しく、難しく、面倒な面もありますが、これからは、こういったことをきちんとすることで、よりお客様とマンション住人の方々、そして管理会社の信頼を得ることができるだろうと、工務店と良く話して、納得して貰うことができました。

これらを踏まえて、いよいよ来週から工事開始です!

完成後の様子はこちらをご覧ください。マンションリノベーション_白金台

タグ

2009年05月29日 マンションリフォーム 共用部の養生範囲と方法 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸


»
«