設計検査&竣工引渡し

設計検査&竣工引渡し

今年6月からリフォーム工事を始めた白金台のマンションリノベーション工事ですが、いよいよ工事が完了し、お施主様はお引渡しとなりました。

お引渡しの前、二回に渡り設計検査を行いました。工事の最終日に合わせた初回の検査では、
機器の動作不良や、塗装壁のヒビ、建具の不具合などをチェックいたしました。

二日間ほど掛けて指摘事項を直して貰ったあと、主に美的な観点から二回目の検査を行いました。この際はキッチン扉のズレや、コーナー部分の塗装塗り残し、造作家具の傷などをダブルでチェックしました。

引渡し前夜には、照明計画で協力してもらった照明デザイナーの三橋倫子さんに来て貰い、照明のシューティングも行ってもらいました。照明シューティングとは照明の向きや位置を調整し、想定している家具レイアウトや、”絵画アートの位置”に合わせて、照明を調整することです。

この写真は、検査後まで残ってくれた、工務店青、家具工事の現代製作所、そしてカガミ建築計画のスタッフに、照明の三橋さんも交えての記念写真です。

検査の翌日はお施主様引渡しでした。お施主様の目でもチェックしてもらいながら、各種機器の取り扱いを説明をして貰いました。

当日揃ったのは工務店の樋口さん、ガス屋さん、電気屋さんにキッチン屋さんで、約2時間掛けて丁寧に説明して貰いました。

リフォーム工事 施主検査

こちらの写真は、寝室周りの説明を受けているお施主様の様子です(操作ボタンの多さと難しさに、お施主様は閉口していらっしゃいました)。取り扱い説明(通称:取り説)の後は、保証書のお引渡しと鍵の返却、そして請求書をお渡ししたところで、無事引渡し完了となりました。

長期間の難しいリノベーション工事が無事終わったことで、お施主様もとてもホッとしてくださったようで、引渡し後、僕ら設計スタッフまで夕食に招待していただきました。

カガミ建築計画の担当スタッフの渡辺さん、事務所スタッフの岸本さん、笠原君、の片岡さん、樋口さん、現代製作所の上林さん、藤田さん、キッチン担当SSKの臼田親子、その他関わってくださった沢山の職人さん、どうもありがとうございました!

タグ

2009年10月02日 設計検査&竣工引渡し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸


»
«