Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リノベーション・ジャーナルの取材・撮影-2

六本木M邸

先回のブログでご紹介したリノベーション・ジャーナルの取材撮影の第2弾です。

140815RJ_satuei-11

こちらはちょうど1年前にお引き渡しをした新築マンションリフォームの六本木M邸です。新築の高級マンションにモールディングやケーシングの装飾材、壁や床に使ったトラバーチンなどの大理石の素材感が、雑誌の特集に合うとのことで、撮影をお願いさせて頂きました。

140815RJ_satuei-13

まず何よりも目を引く、この框扉の由来を編集長にお伝えいたしました。堀商会で仕入れた扉の握り玉やヒンジ、そして特注の幅木やケーシングまで細かく撮影していただきました。
めったに閉めることがない扉だそうですが、このような状態で見るのもとても新鮮でかっこよいとMさまの奥さまが喜んでくださいました。

140815RJ_satuei-10

トラバーチンとスティングレーの2色の大理石を使って床を仕上げた玄関ホールを撮影中の大菅さんと広瀬さんです。

140815RJ_satuei-12

窓際のトラバーチンの式台と長めに作ったカーテンの取り合いなどの細かいディテールまで撮影してくれて、設計者冥利に尽きる取材となりました。取材・撮影にご協力くださったMさまご夫妻、どうもありがとうございました。

140815RJ_satuei-14

こちらはオマケの写真です。設計当時幼稚園の年中だったK君はリフォームに際して、ベランダから外へと通じる素敵な滑り台を提案してくれました。小学校2年生になったK君はその時のことをよく覚えてくれているそうで、「カガミさん」が来るなら昨年作ったこの「秘密基地の模型」を見せてあげてほしいと奥さまに言ってくれたそうで、大事にダイニングの上に置いて行ってくれました。今後の設計の参考にさせて貰います!

140815RJ_satuei-15

最後の撮影は白金台S邸です。こちらは、色彩や素材といった面では、それほど作りこんでおりませんが、建具や造作家具のディテールがよくできているとのことで、今回の取材の対象になりました。

140815RJ_satuei-16

玄関の収納とベンチとプライベートゾーンへの入り口を兼ねた造作家具です。その奥に見える建具を撮影中です。

140815RJ_satuei-17

窓際のアルミサッシを隠す、木製の方立のティテールも撮影してもらいました。

140815RJ_satuei-19

キッチン入り口に設けたワインセラー内臓のミニバーコーナーと引き戸の取り合といった玄人好みの詳細にも興味を持ってもらいました。

140815RJ_satuei-18

折角のタイミングでしたので、これまできちんと撮影をしていなかったキッチン部分も撮影させて頂きました。こちらも撮影にご協力くださったSさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

ページトップへ戻る