「中央区Y邸」のアーカイブ

パドック材の赤が印象的な中央区Y邸の竣工!

リフォームコンサルタントとしてお手伝いしてきた中央区月島のヴィンテージマンションリフォームY邸が、検査そしてその後の補修、お施主さまの最終チェックを経て、無事お引渡しとなりました。

130919Ytei_shunkou-01

まずは、設計と施工をお願いしたリフォーム会社ライフデザインの山碕さん(営業)、鶴崎さん(設計)、長尾さん(現場)の三人の立会いのもと、カガミ建築計画の竹田さんと私、各務で施主検査を行いました。通常は僕らの検査は設計検査となるのですが、今回は施主側のアドバイザーとして立ち位置でしたので、ちょうど立ち会うことができなかったお施主さまの代理人としての検査となりました。

130919Ytei_shunkou-02

洗面所のビルトイン型のドラム式洗濯機と造作家具の取り合いをチェックしている様子です。施主検査では、通常このような細かい所までは検査しないと思いますが、やはり設計者魂に火がついて、ついつい細かい個所までチェックしてしまいました。

130919Ytei_shunkou-03

僕らがチェックした項目を、営業の山碕さんが後日纏めてくれたシートです。設計検査の10日後に補修工事が終わったとの連絡を受けて、お施主さまのYさまとこのリストに沿って、補修内容をチェックしてゆきました。

130919Ytei_shunkou-04

竣工お引渡し当日は、チェックしながら、各設備業者さんが来るタイミングに合わせて、取扱い説明も行いました。キッチンをお願いしたオーダーキッチン屋のクッチーナの篠崎さんがキッチンの使い方を説明してくれている様子です。

130919Ytei_shunkou-05

全ての取り扱い説明と補修箇所のチェックが終わった段階で、ライフデザインが用意した引渡し関係の書類に目を通して頂き、記名捺印をお願いいたしました。

130919Ytei_shunkou-06

お引渡しまで無事終わった所で、お施主さまのYさまと一緒の記念写真です。右から篠崎さん、うちの竹田さん、お施主さまのYさま、各務、そしてライフデザインの山碕さんです。一年以上を掛けて、色々な紆余曲折を経ての完成お引渡しでしたので、とても感慨深いものがありました。

130919Ytei_shunkou-12

因みにこちらがリフォーム前に関係者で撮った記念撮影です。ガラリと変わっていることがよく判るのではないでしょうか…、

130919Ytei_shunkou-07

ここから先は、お引渡し後にお願いして、竣工時の様子を取らせて頂いた写真です。キッチン横から細長い廊下を見返した様子です。入り口横のインターフォンとスイッチを纏めたアクセントボードが可愛らしいです。

130919Ytei_shunkou-08

お施主さまがこだわって選んだ、クッチーナのオーダーキッチンです。ただ、価格を抑えるために、レンジフードは別途発注したり、扉材は安価な扉材を選んだうえで、リフォーム会社にダイノックシートを張って貰うなどの工夫をしています。奥の窓先はすぐ川で、建物が建つ可能性がないので、開放的な空間がほぼ未来永劫確保されている贅沢な条件のマンションです。

130919Ytei_shunkou-09

今回のリフォームでも、特に僕らが気に入っている玄関ホールのフローリング張りのアクセントウォールです。玄関のタタキ部分のボーダー張りは、東南アジアのホテルを幾つも見て回ってきたお施主さまから見せて頂いたイメージ写真を参考にしたものです。

130919Ytei_shunkou-10

ドラム式ビルトイン型の洗濯乾燥機を組み込んだ洗面・脱衣室です。L字型に繋がった人工大理石のカウンターで、広々と感じられます。

130919Ytei_shunkou-11

色々なデザインにチャレンジしてみましたが、一番の存在感を見せた主役である、パドックのフローリングです。赤味が特徴で、東南アジアのカリンと同じマメ科に属しており、アフリカで採れるのがパドックと呼ばれる材だそうです。カリンよりも赤味が強くて、かつ色ムラがないと聞いていましたが、適度な色ムラがあって、とても高級な質感になりました。最後になりましたが、打合せから工事、お引渡しまで粘り強く頑張ってくれたライフデザインの皆さん、ありがとうございました。そして僕らのデザインセンス、リフォームに対する知識と想いを買って、リフォームアドバイザーとして活用してくださったYさま、竣工おめでとうございます!そして長い間ありがとうございました。

 

 

 

タグ

2013年09月19日 | パドック材の赤が印象的な中央区Y邸の竣工! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸

アクセントクロスの活用法@中央区Y邸

普段は壁や天井は塗装で仕上げることが多いのですが、コストやお子様がいらっしゃるご家庭では、汚れに対する強さやメンテナンス性を考えて、ビニールクロスを使うこともあります。中央区Y邸では、壁と天井はクロスで仕上げています。

130910tukishimaY_corss-2

ただ、白っぽいベースとなるクロスだけで張り回すと、部屋に入った視線がどこにも引っ掛からないで上滑りしてしまう感覚があるので、アクセントとなるクロスを適宜配置してゆくよう心掛けています。大きな川面に面したこちらの壁では、右の二つの窓の間に灰色のクロスを張っています。写真では判りにくいですが、クロスの色に合わせて、二つの窓の木製枠も灰色で塗装しています。

130910tukishimaY_corss-2-2

同じリビングダイニングの反対側です。向かって右には、梁型の下のテレビを置く予定の壁にも灰色のクロスを張っています。機器の黒さと同調するように一番濃いクロスとなっています。濃さが浮かび出るように、上部の梁型には間接照明を仕込んでみました。また、この写真では判りにくいですが、玄関へと繋がる廊下の向かって左側に薄い灰色のクロスが張られています。これは、インターフォンや照明スイッチをこの場所に盛って来たかったのですが、コンクリートの躯体壁ではスイッチ類を動かせないでの、一部壁をフカしました。そのフカした部分をサインボード的に見せるために、薄目の灰色クロスで巻き込んで仕上げて貰っています。

130910tukishimaY_corss-1

こちらは主寝室のクロス張り状況です。正面左側が廊下からの入り口で、その横は三枚の折れ戸付きのクローゼット収納です。右側がベッドのヘッドボードを寄せる壁ですが、こちらも濃い灰色で仕上げて貰っています。小物入れのニッチも同じクロスで仕上げています。

130910tukishimaY_corss-5

玄関では、入って右側の壁とそこから寝室へと向かう廊下の右壁をベージュ色のアクセントクロスで仕上げて貰っています。この空間では、アクセントクロス以上に、正面のフローリング張りの壁の方がアクセントウォールになっていますね。床に這っているサペリ材をそのまま壁に立ち上げています。

130910tukishimaY_corss-6

廊下側からリビングを見返した写真です。こちらから見ると左側の壁がアクセントクロス仕上げとなっていますが、やはりフローリング張りのアクセントウォール壁の方が目立っています。

130910tukishimaY_corss-3

玄関横のニッチ奥の壁も灰色のクロスでアクセント仕上げとなっています。その手前の板仕上げに見える個所は姿見の鏡を張る予定です。

130910tukishimaY_corss-4

こちらはクロスではありませんが、玄関の三和土(タタキ)部分はタイルの二色張りでボーダー仕様としています。

130910tukishimaY_corss-7

洗面所の床と壁一部にも大判のタイルを張っています。浴室との境の柱もタイルを張って、アクセント的に使っています。アクセントウォールというより、アクセント柱?でしょうか。

 

 

 

 

No tags for this post.

2013年09月09日 | アクセントクロスの活用法@中央区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸

中央区Y邸リフォームの中間検査

先日配管検査をしたばかりの中央区Y邸ですが、今回は中間検査に 行って参りいました。

130820Ytei_chuukankensa-1

木製の壁・天井下地が組み上がり、床の不陸調整も済み、コンセントやスイッチ位置や仕上げの最終確認をしてきました。ライフデザインの営 業・山碕さん、設計・鶴崎さん、そして現場・長尾さんの三人と一緒に周って、細かいディテールについても打合せを致しました。

130820Ytei_chuukankensa-2

こちらは寝室の下地状況です。壁際は梁型を隠すためと配線を通すために、80ミリほどフカしています。天井はなるべく天井高さを確保するために、最小に下地寸法で仕上げて貰う予定です。

130820Ytei_chuukankensa-3

壁をフカした部分に照明のスイッチと、小物置きを作りました。ちょうどベッドサイドに小さな収納ができることになります。

130820Ytei_chuukankensa-4

こちらは廊下から洗面へ入る開口部周りです。引き込み扉を二枚入れているのですが、その細かい取り合いも上手に作って貰っています。

130820Ytei_chuukankensa-5

通常は枠材や建具はオーダーで作って貰うケースが多いのですが、今回はCPを考えて既製品の建具と枠を使っています。ライフデザインが使ったことがあるという神谷コーポレーションのステルス枠(枠までクロスを巻き込むので、枠が見えなくなるというネーミングのようです…)に初めて挑戦しています。長尾さんが出してくれた墨に、ピッタリと納めてくれています。

130820Ytei_chuukankensa-6

その奥の洗面所の床下地状況です。右手に洗濯機を設置し、正面の壁に洗面カウンターがくる予定です。配管が床上に少し出ているので、その分は床に段差が生じることになります(この点は、設計時点から判っていたので、クライアントにも説明済みです)。床に左手にはオーダーユニットバスが既に設置されています。

130820Ytei_chuukankensa-7

こちらが組み上がったばかりのオーダーユニットバスです。まだ部品全てが組み上がったわけではありませんが、壁に使っているタイルが洗面にも繋がるので、洗面と一体感のある浴室になる予定です。

130820Ytei_chuukankensa-8

玄関周りの下地も組み上がってきています。木ベニヤ板が立っているのは、玄関ホールからリビングへの引き戸を納めるポケットの幕板です。この幕板部分に姿見の鏡を張ることにになっています。

130820Ytei_chuukankensa-9

リビングダイニング部分も間接照明のアゴが出来上がっており、天井もほぼ張り上がっています。ここからクロスを張って、キッチンを入れて、建具を吊り込めば、リフォームも完成です!

 

 

タグ

2013年08月19日 | 中央区Y邸リフォームの中間検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸

配管&墨出しチェック@中央区Y邸

更新が遅れ気味になっていますが、中央区Y邸の工事も順調に進んでいます。設備配管が完了し、墨出しも住んだとのことで、現場にチェックに行って参りました。

130805tukishimaY_haikankensa-1

床シンダーコンクリートを斫った状態だった先回と比べると、モルタルで床の不陸(ガタツキ)を調整した後なので、スッキリした現場になっていました。写真は、右からライフデザイン社の現場監督・長尾さん、設計の鶴崎さん(このケースでは、設計施工がライフデザイン社で、僕らは施主側のデザインアドバイザーです)、そしてうちのスタッフの竹田さんです。この後、現場をチェックしている際は、出張中のYさまはスカイプでの参加となりました。

130805tukishimaY_haikankensa-4

部屋中央で、ほぼすべての配管が集中して集まっているPS(パイプスペース)部分の配管状況です。パイプスペースは①防火壁で区画されているケースと②配管自体が防火仕様となっており、区画されていないケースがありますが、今回は②のケースだったので、このようにすべての配管を確認することができました。中央を縦に通る銀色の管が共用排水管(汚水・雑排水)で、床の灰色の管は新たに接続した排水管です。青とピンクと白の管はそれぞれ新規の給水管と給湯管とガス管です。天井からぶら下がっているのは電気配線関係で、まだ交換する前の既存分電盤もぶら下がっています。

130805tukishimaY_haikankensa-3

このマンションでは、トイレ部分と浴室部分はスラブが一段下がっていたので、排水管と給水・給湯管が重なっても問題がありませんでした。

130805tukishimaY_haikankensa-5

コンクリート壁のコア抜きもきれいに無駄なく行われていました。オレンジ色の管はCD管とよばれるもので、その中に電気配線が通っています。

130805tukishimaY_haikankensa-2

こちらは洗面室側の床配管です。アンダーカウンター型のビルトイン洗濯乾燥機も設置するので、排水管が2つに分岐されているのが判ります。配管類は一部、モルタルで埋め込まれて閉まっている個所もありましたが、圧を掛けてチェックした内容の報告も受けました。

130805tukishimaY_haikankensa-6

墨出しも現場監督の長尾さんが丁寧に書きこんでくれたので、スムーズにチェックすることができました。引き込み扉のポケットと電気配線が重なってしまってので、当初の僕らの設計より、少し寸法がずれましたが、ここまできちんと書かれていると、すぐに問題点を把握することができます。

130805tukishimaY_haikankensa-7

こちらも引き込み扉のポケットを示した墨出しです。ライフデザインらしい、基本に忠実で真面目な現場で、とても気持ち良くすべての項目をチェックすることができました。

タグ

2013年08月01日 | 配管&墨出しチェック@中央区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸

解体検査はスカイプで!

リフォームアドバイザーとしてお手伝いしている中央区Y邸の解体工事検査に伺って参りました。現在東南アジアに赴任中のYさまは、スカイプでの参加になりました!

130701tukishimaYtei_kaitai-3

設計施工で請負工事をしてくれているライフデザイン社の山碕さんが持っているのがアイパッドで、スカイプで交信中の様子です。

130701tukishimaYtei_kaitai-4

すっかりきれいに壁と床を剥がされた現場で、細かい設備の取り合いをスカイプのカメラで写しながら打合せしました。残念ながら、現場の光量が少ないので、細かいディテールの様子までは届けることができませんでしたが、とても有意義な検査になりました。

130701tukishimaYtei_kaitai-5

水廻りエリアの解体状況です。浴室だった部分はスラブが下がっていることは、竣工時の図面通りで、鋳鉄管の竪配管も予想以上にきちんと施工されていました。

130701tukishimaYtei_kaitai-7

こちらは鋳鉄管の接続部分の詳細です。鋳鉄管に直接VP管(硬質ポリ塩化ビニル管)を繋ぐことはできないので、写真のストラブ・グリップ・Gタイプという製品を使うそうです。特徴としては、①オールステンレス製で腐食に強く、②軽量・コンパクト、③優れた耐震性能、④二次加工不要の施工しやすさ、等が挙げられるそうです。

130701tukishimaYtei_kaitai-8

かつての居室は、シンダーコンクリート(嵩上げ用軽量コンクリート)で嵩上げされた中に、給水・給湯・ガス管が埋設されていることが判っていましたが、きれいにシンダーコンクリートを斫る(ハツる)ことができて、全ての配管を専有部分内で更新することもできることが判りました。

130701tukishimaYtei_kaitai-6

今回の計画では、かつてリビングだったところに主寝室を持ってゆき、寝室が3つ並んでいた個所にリビングダイニングキッチンを移設するという、大シャッフル計画なので、給水・給湯・ガス管も全て移設する必要があります。かつての寝室部分にそれぞれの管を持ってゆくために、コンクリート躯体壁に穴をあける(専門用語ではコア抜き)作業が必要で、その為の事前準備で、レントゲン写真で鉄筋の位置を探り出した状況です。予想以上に鉄筋が密に入っており、施工は大変ですが、建物の頑丈さは確認できたので、お施主さまのYさまも喜んでいらっしゃいました。レントゲンについては、以前別のプロジェクトでレントゲン検査に立ち会った際の様子をご覧ください。

130701tukishimaYtei_kaitai-9

左からライフデザイン社の設計の鶴崎さん、現場の長尾さん、営業の山碕さん、カガミ建築計画の竹田さんが、設備の取り合いを打合せしている様子です。排水管の接続や、ダクトのルート等、設備的な問題をほぼ全てクリアすることができました。

130701tukishimaYtei_kaitai-1

時間的には前後してしまいますが、先月中ほどに工事契約をした際に最後の仕上げチェックをした際の様子です。

130701tukishimaYtei_kaitai-2

しばらく海外に赴任している間にリフォーム工事を進めることになるので、お施主さまのYさま、設計施工のライフデザイン、そしてデザインアドバイザーの僕らのチームワークが一番重要な工事になりそうです。

タグ

2013年06月27日 | 解体検査はスカイプで! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸

リフォームアドバイザーとしてのお仕事@中央区Y邸

これまでこちらでご報告していなかったプロジェクト、月島Y邸の工事がいよいよスター トすることになりそうなので、これまでの経緯を簡単にご説明しておきます。

130329tukishimaY-05

中央区月島で築30年のマンションにお住まいのYさまが、最初にリフォーム施工会社経由で間接的にコンタクトをしてくださったのは約2年前のことで、その後、直接ご相談頂いたのは昨年4月でした。

130329tukishimaY-00

マンションリフォームに強いご興味をお持ちで、色々なリフォーム会社を調べた上で、僕らに第三者的な監修アドバイザーという立場でリフォームを手伝って貰えないかとのご依頼がありました。そこで、大手リフォーム会社2社、中規模リフォーム会社3社を一緒に選び、リフォーム提案と見積りを取り寄せることになりました。

130329tukishimaY-03

各社が作ってくれたリフォーム案と見積りを、なるべく条件を揃えた状態で横並びに整理してみたのが上の表です。どの会社もYさまのご要望を、自分たちのやりやすい方法、得意なデザインに引き寄せての提案なので、前提条件が違った中で比較検討するのは、素人の方では難しいようで、僕らがお手伝い致しました。Yさまも士業のプロの方なので、この段階から有料でのサービスをお願いしたいとのご依頼でした。

130329tukishimaY-04

提案内容と見積りを比較し、更に現地調査時の担当者知識や彼らとの相性を考慮して、デザインが得意なC社とマンションリフォームの経験が豊富なライフデザインの2社に絞って、再度提案内容を纏め直して、もう一度見積りを依頼致しました。図面は、当初こちらでお手伝いして作ったリフォームプランに、2社の提案の良いところを書き加えてみたものです。僕らがお手伝いして書きくわえたリフォーム要項と図面で同じ条件で2社を比較して、最終的にライフデザインさんに絞ってリフォーム提案を進めるようにをお願いすることになりました(因みにここまでのリフォームアドバイス料としては現地調査も含めて20万円でした)。
本来は、ここまでのサービスで終わりだったのですが、この直前に、Yさまが会社のお仕事の関係で東南アジアに海外赴任することになり、その留守中に工事をすることを考えて、僕らに更なるデザインアドバイスと、留守中の現場チェックをお願いできないかとのお話なり、プロジェクトとしてお手伝いを続けることになりました。

130329tukishimaY-06

リフォーム計画を進める前に、Yさまが気になさっていた、キッチン排気をした時の風切音を解消する実験を、まず行うことになりました。写真は、ライフデザイン社の営業担当の山崎さんが提案してくれた、排気ダクトの中間に取り付ける中間電動シャッターです。実験的にこの機器を取り付けたところ、風切音が大幅に解消できたので、リフォーム工事も小さな前進をすることができました。

130329tukishimaY-07

まだキッチンや浴室、仕上げ材などが決まっていなかったので、まずはライフデザイン側の推薦で、代官山のオーダーキッチン・クッチーナのショールームにYさま、ライフデザインの山碕さん、設計の鶴崎さん(僕らは今回は設計ではなく、リフォームアドバイザーなので、ライフデザイン側でも設計者を立てて貰っています)と一緒に伺って参りました。

130329tukishimaY-09

費用的にも制限がある中で、どのような素材、材料を組合せればYさまのお好みの雰囲気にできて、高級感も得られるのかを検討するために、このように素材を集めて、かつインテリアイメージを煮詰める作業を3度ほど繰り返しました。こちらでも、あくまでもアドバイザーとしてお手伝いしています。

130329tukishimaY-10

キッチンだけでなく、浴室にも強いこだわりをお持ちのY様と一緒に、特注のオーダーメイドユニットバスの日ポリ加工のショールームを訪問致しました。直前に訪問した大手ユニットバス会社の製品でも「まぁ、良いかな」と仰っていたYさまも、やはりフルオーダーで広がるユニットバスの可能性を間近に見て、気持ちが大きく動いているようでした。

130329tukishimaY-11

昨年4月のご相談から始まったプロジェクトで、途中からはYさまがお仕事でと赴任先からご帰国の度に打合せを重ねるという、変則的な形で進めて参りましたが、紆余曲折を経て、いよいよ工事本契約を結んで、工事を進めることになりそうです。 変則的でかつ、実験的なコーディネートスタイルでのマンションリフォームのお手伝いですが、改めてYさま、どうぞ宜しくお願いいたします。

タグ

2013年03月28日 | リフォームアドバイザーとしてのお仕事@中央区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 中央区Y邸