「六本木F邸」のアーカイブ

マンションリフォームの照明計画

現在設計進行中の二つのリフォーム物件の照明計画を、いつも設計相談に乗ってもらっている照明デザイナーの三橋倫子さんに見て貰いました。

照明デザイナーの三橋倫子さん

模型が写っている六本木T邸は、大人っぽいスタイリッシュな照明で、特徴であるスチールサッシへの光の当て方や、モルタル壁の見せ方の工夫を、もう一つの六本木F邸ではオークの木目に優しく光が回り込むデザインを相談に乗ってもらっています。

通常の照明計画であれば、事務所内でも設計できますが、今回ようにリビングライコン(ライトコントロールシステム)が絡むと、機器の相性や容量などの調査が必要になります。そんな時にいつも相談に乗ってもらっているのが三橋さんで、これまでも白金台S邸高輪M邸などでもお世話になっています。

その後、六本木F邸プロジェクトはお施主さまの都合で、残念ながらキャンセルとなってしまいました。ここまでお手伝いしてきたので、何とか実現させたかったのですが、致し方ありません…。Fさま、ここまでのプロセス、どうもありがとうございました。

タグ

2010年11月01日 | マンションリフォームの照明計画 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木F邸 六本木T邸

遅ればせながらの六本木F邸の現調

ここまで設計作業を続けてきており、ほとんど図面も完成してしまっている六本木F邸で、遅ればせながら現調(現地調査)と実測を行って参りました。

六本木ヒルズレジデンスの現地調査

レーザー測量器で天井の高さを実測している笠原君と記帳している渡辺さんです。以前伺った際は、まだ前のオーナーがお住みの状態でしたが、今回は無事引き渡しも終了し、きれいに荷物がなくなった段階でしたので、順調に作業を進めることが出来ました。

こちらは窓の枠周りの詳細図を調査している岸本さんと笠原君の様子です。通常実測調査には、2~3時間掛かるのですが、今回はほぼスケルトンにしてのフルリノベーションを考えていますので、内部の壁位置などは細かく測る必要がないので、思った以上に早いペースで作業が進みました。

天井裏と床下、点検口があって覗ける個所は全て頭を突っ込んで、設備のダクトや給排水管がどのように通っているのか確認いたしました。後々このような地道な調査が役に立つことが多いのです。

ご購入したマンションの引き渡しの時期と、設計のタイミングがずれると、今回のように設計がほぼ終わってしまってから実測となる変則的なスケジュールになることがあります。ただし、それも六本木ヒルズレジデンスのように竣工図がほぼ信頼できるマンションならではの特例なのです。さすがに図面に大きな違いはありませんでした。

タグ

2010年10月08日 | 遅ればせながらの六本木F邸の現調 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木F邸

壁埋め込みテレビと壁掛けテレビ

六本木F邸の打合せを事務所でお願いいたしました。本日はリビングの壁掛けテレビと寝室の壁埋め込みテレビのデザインと詳細についてご相談致しました。

壁掛けテレビとソファの関係

リビングで問題となるのはソファに座った時の視線の高さとテレビの高さの関係なので、壁一面に通す予定だったカウンター家具を、テレビの個所は一段下げて、視線とテレビの中心がほぼ重なるようにテレビの高さを調整することになりました。

壁埋め込みテレビの詳細

寝室のテレビは壁埋め込みの予定です。本体の横側にDVDの取出し口が付いたタイプのテレビなので、操作性とテレビの放熱をどうするかを考えながら、幾通りかのデザインをご提示しました。斜めに切り込みを入れた形は、結構気に入っていたのですが、最終的にはテレビの横に小扉を付けるスタイルで進めることになりました。

一時間の短い打合せでしたが、密度の濃い、詰まった打合せをすることが出来ました。Fさま、本日はお忙しい中、どうもありがとうございました。

打合せの後には、Fさまが差し入れてくださった、渋谷セルリアンホテルの美味しいケーキを、スタッフ一同むさぼるように頂きました。Fさま、お気遣いどうもありがとうございました。

タグ

2010年09月17日 | 壁埋め込みテレビと壁掛けテレビ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木F邸

六本木F邸の書庫・寝室デザイン検討中

現在寝室と書庫をデザイン中の六本木F邸で、寝室側からテレビを埋め込む予定の壁と書庫のデザインのスケッチを作成して、Fさまと打合せを進めています。

寝室側からはテレビ埋め込み、DVDや下着を入れておく引き出し、書庫側からは本棚、そして両者を区切る引き戸、三つを上手くまとめるようにデザイン検討中です。

寝室側に引き出しを出っ張らせると、建築的なディテールの処理は一番楽で、シンプルに納められるのですが、寝室側からのデザインはあまりパッとしません。

寝室側の引き出しを壁に埋め込んで、上部を書庫側から本棚、下部を寝室側からの引き出しとすると、壁の厚みが最も薄く、どこから見てもデザインはスッキリするのですが、引き込みで設計している引き戸を納める工夫が大変になりそうです。現在お施主様に説明しながら、どの方針で進めてゆくか検討中です。

タグ

2010年09月13日 | 六本木F邸の書庫・寝室デザイン検討中 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木F邸

六本木F邸 持ち物調査と1993年のBRUTUS

設計が順調に進んでいる六本木ヒルズレジデンスのマンションリフォームF邸ですが、収納計画をより綿密に設計するために、現在お住まいの代官山のマンションに伺って参りました。

インテリアやデザインにとても造詣の深いお施主様なので、このお住まいも黒御影石の床に、白く塗装された壁と天井、カッシーナとあるフレックスを中心にセレクトされた家具類は、とてもセンスが良く素敵なお住まいです。

寝室の造作収納

寝室には、CDやDVDが大量に収納できる造作の棚が作りこまれており、テレビやスピーカーも配線が完全に隠せるように、オーダーの作り付け家具を作っていらっしゃいます。しかし、今回色々な理由で六本木に引っ越すことになったので、これらの家具や収納の良かった点や使いづらかった個所などもヒアリングさせていただきました。

キッチン現調

キッチンの調査をしている、スタッフの渡辺です。広いキッチンですが、あまり頻繁に料理はなさらないとのことで、まだまだきれいな状態でした。お皿や鍋、調理機器や小物の量も調べさせてもらいました。

BRUTUS(ブルータス)独創空間に住みたい 

最後の雑談時にお施主様が持ってきてくださったのが、この雑誌BRUTUS(ブルータス)の1993年11月号でした。学生の頃に手に入れた「独創空間に住みたい」という特集でが大好きで、いつか実現させたいとずっと眺めながら考えていたという感動的なお話を伺いました。!

今回の計画では、収納を十分に確保し、余分なものを隠した生活スタイルを選択なさいましたが、本当はこの特集にあるような大きなワン・スペースで、何もかもが手を伸ばせば使えるような空間にも大きな憧れを持っていらっしゃるとのことでした。

タグ

2010年09月01日 | 六本木F邸 持ち物調査と1993年のBRUTUS はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木F邸

ショールーム見学 Tform(ティーフォルム)

元麻布の高級住宅街の真ん中にある、ハイグレード輸入衛生器具販売会社T-formのショールーム「Aqualabo(アクアラボ)」を見学して参りました。

Tformショールーム

現在設計進行中の六本木F邸、六本木T邸の水廻り機器の検討のため、ホーロー製の浴槽の質感やサイズの確認、洗面ボールのデザイン、レインシャワー水栓の使い勝手などを確認してまいりました。

こちらは、六本木F邸の洗面台の候補の一つです。大きな洗面ボールですが、付属の金属製トレイで小物を置くことも可能な、優れたデザインの洗面ボールです。

ホーロー製浴槽

国内では、あまり販売されていない鋼板ホーロー製の浴槽は、触感を確認しただけでなく、実際にスタッフの渡辺に入ってもらい、深さやサイズの確認もさせてもらいました。

ティーフォルムショールーム

その他、今回のプロジェクトでは使えそうにありませんが、いつかは使ってみたいと思えるようなスタイリッシュで雰囲気のある素敵な機器が盛沢山でした。こちらには、学校での教え子だったKさんが働いているので、約一時間半ほど掛けて、多種多様な製品を丁寧に説明して貰いました。

タグ

2010年08月17日 | ショールーム見学 Tform(ティーフォルム) はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木F邸 六本木T邸