「白金台P邸」のアーカイブ

ヴィンテージマンションリフォーム白金台P邸完成!

工事がほぼ終わったヴィンテージマンションリフォームの白金台P邸に設計検査で伺って参りました。

DSC_7902_pt

まず何よりも、この窓から見える緑が一番の贅沢なので、その景色を邪魔しないようなデザインを心がけました。造作家具は、設計要素の中でも、最も好きなもののひとつですが、この景色と一緒に見える造作家具は、大人し目なデザインにしています。

DSC_7907_pt

LDでも緑の景色と反対側にある壁には、少し凝ったデザインの造作家具をデザインしてみました。廊下からの扉は、以前は一枚でしたが、他の場所から移設してきた扉と合せて、両開きに変更しています。

DSC_7911_pt

リビングもそうでしたが、フローリングの張り方は少し工夫しています。まっすぐにフローリングの筋を通さず、空間単位でボーダーを廻した張り方にして貰っています。床暖房(温水式)が入っていると、このようなボーダー張りは難しいのですが、今回は床暖房がないことをメリットにできないかと考えて、この張り方にチャレンジさせて貰いました。

DSC_7919_pt

デザイン的にもう一つチャレンジしてみたのが、この廊下のブラケット照明(壁付け照明)です。廊下の幅が十分に広くないと、却って狭く感じてしまい要素ですが、今回は広過ぎる廊下だったので、アクセントとして採用させて頂きました。よく見ると、扉の大きさが違っていたり、廊下に防火扉が2枚も合ったりと、整理することができない要素が多くある廊下でしたが、このブラケット照明のお蔭で、一体感が感じられるようになったのではないでしょうが…。

色々な是正すべき点を指摘させて貰って、一週間の補修期間を経て、次はお施主さまと一緒の施主検査です。

R0055591_pt

時間の都合が付かず、暗くなってからの施主検査になってしまいましたが、照明の中での独特なヴィンテージ感に、Pさまご夫妻はお二人ともとても喜んでくださいました!

R0055577_pt

リノベーション後に再販することを考えていらっしゃるので、こちらのキッチン設備にはそれほど費用を掛けていませんでした。ただ、それでもデザイン的なこだわりをある程度表現したかったので、大理石柄のタイルを斜め45度に張ってみました。壁際で黄色ジャケットを着ているのは、AllAboutの高級マンションのガイドの坂根康裕さんです。
実は、当日の夕方からお施主さま検査の前に、坂根さんにお願いして、こちらのマンションを取材して頂いていたのです…。その時の記事が「ヴィンテージマンションリフォーム事例」です。

DSC_8003_pt-2

広いリビングダイニングには、大の大人が7人入っても、全く狭さを感じさせませんね…。と同時に、家具がないと広さの実感が湧かないので、急遽お施主さまにお手持ちの家具やラグ、小物等を入れて頂くことになりました。

白金台P邸 (8)

お施主さま検査での指摘事項を直しながら、お手持ちの家具や新しく購入頂いたラグ、小物類などを現地に持ってきていただき、僕らがお手伝いしてステージングしてみたのがこちらの写真です。

白金台P邸 (1)

緑だけが見える快適なテラスには、新しく屋外用の家具を購入して頂きました。リフォーム前からあったウッドデッキも、清掃したことで、本当にきれいになっています。

白金台P邸 (5)

少し広く感じられた玄関のベンチにも、素敵なクッションと小物を置いてくださったことで、快適なコーナーになりました。廊下奥のガラス張りの部屋は、書斎か書庫をイメージしていましたが、テーブルとイスを置いてくださったことで、ちょっとした打合せができそうなミニオフィスにも見えるようになりました。

白金台P邸 (4)

廊下からリビングへのエントランス前に、ジャストサイズのラグを置いてくださったのも効いています。

白金台P邸 (3)

ダイニングの家具の上の小物や、ガラス扉に移り込んでいる、鮮やかな赤色のラグも、マンションが持っていたヴィンテージ感を強く感じさせる要素になってくれています。

白金台P邸 (2)

どなたかが暮らし始めれば、恐らくテレビを置くことになる個所には、円形のオブジェが、飾り棚にも小物が置かれています。ダイニングエリアとリビングエリアを、文字通り色分けしてくれるラグも、このためにお施主さまが購入してくださったものですが、本当に素敵になりました!

白金台P邸 (7)

出来上がりの様子を、まだきちんとご紹介していなかった洗面と浴室です。こちらは、ヴィンテージ感よりも、清潔でスタイリッシュに感じることに主眼を置いてデザインいたしました。

白金台P邸 (6)

来客用のトイレは、周りをコンクリートの躯体壁で囲まれていたので、広さの調整ができませんでしたが、床と揃えたタイルを壁面にも張り、黒い木製フレーム鏡などで、廊下の雰囲気に繋がるように考えてみました。

 

タグ

2016年02月16日 | ヴィンテージマンションリフォーム白金台P邸完成! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸

タイル張り・造作家具&再塗装建具の取り付け@白金台P邸

床のフローリングが張り終わった白金台P邸リノベーションプロジェクトの現場に、今度がタイル屋さんが入ってきました。

R5541256_pt

キッチンと大型パントリーが一体化した空間の床タイルは、大理石柄が美しいヴィストーン(平田タイル)を斜め貼りして貰っています。

R5541369_pt

トイレの床と壁には、同じヴィストーンをイモ目地で張り伸ばしてもらっています。造作家具でデザインした手洗いカウンターと鏡の額縁も取り付けられていました。

R5541383_pt

ハーフユニット浴槽を使った浴室の壁には、大理石柄ボーダータイルのストーンボックス(アドヴァン)の2色を張り分けて貰っています。

R5541381_pt

テンパーガラス(強化ガラス)の扉はまだですが、ステンレスサッシがとりついた浴室は、タイル張りの効果で高級感がグンと出てきました。

R5541320_pt

順番は前後しますが、浴室手前の洗面脱衣室には、ダブルシンクの洗面カウンターがとりつきました。奥の廊下突き当りにもリネン収納があり、収納量も十分なスタイリッシュな洗面+浴室になりそうです。

R5541385_pt

洗面カウンターの上には、やはり造作家具で作ってもらったメディスンキャビネットがあります。扉裏にLEDの間接照明を仕込んでいますが、電圧を落とすためのトランス(変圧器)が必要となるので、写真のような位置にトランスを隠す収納を作ったもらっています。

DSC_7646_pt

キッチンと背面収納も取り付けられました。キッチンの吊戸棚下には、使えそうなスペースがあったので、キッチンパネルを工夫して貰い、小物を置けるニッチ収納を作ってもらいました。

R5541341_pt

リビングには2つの造作収納が設置されます。一つ目は写真左側に見える柱形を覆うように設置された、オーク白拭き取り仕上げの飾り棚です。2つ目が写真中央右のカウンター収納です。

R5541327_pt

写真では分かりにくいのですが、室内のシックなデザインとマッチさせるように、アールデコ的なデザイン様子を取り入れています。

R5541389_pt

天板にはポルトロという高級大理石を採用しています。イタリアのラ・スペッツィア近郊で採れる大理石だそうで、写真のような黒字に金色の柄が印象的なとても美しい大理石です。

DSC_7635_pt

工事中には、収納の建具を再塗装するために、建具が取り下げられていましたが…

R5541358_pt

木目を残したセミ・オープンポア仕上げで、黒く塗られた建具が戻ってきました。

R5541403_pt

建具に使われていたヒンジやレバーハンドルなどの金物類もヴィンテージ感を活かす貴重なアイテムなので、すべて軽く磨いた上で再利用して貰います。

R5541404_pt

まだ、埃が待っているので、シックさが十分に伝わらないと思いますが、玄関ホールの雰囲気がガラリと変わりました。

R5541392_pt

同じように黒く塗られた両開きの扉が廊下からリビングへの入り口にも吊り込まれました。

R5541394_pt

同じタイミングで、クラシカルでシックさを演出するもう一つのアイテムの壁付けブラケット照明も取り付けられました。

R5541340_pt

リビングのテラスに面したアルミサッシには、プリーツ網戸を隠す木製の方立(ホウダテ)が立てられました。アルミサッシの軽さが、この方立を取り付けることで、奥行と重厚さを演出しようと考えています。

 

タグ

2016年01月22日 | タイル張り・造作家具&再塗装建具の取り付け@白金台P邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸

窓際の梁を隠す、R形状の下がり天井

窓から緑しか見えない白金台P邸のリフォーム計画では、その緑が見える窓をどう見せるかかが、大きなデザイン上のポイントとなっています。

DSC_7435_pt

従来は、窓上に張り型があって、窓を圧迫しているように見せていたので、このように垂れ壁部分を天井とR形状に繋ぐことで、梁の存在を消して、軽く見せることを考えています。また、アルミサッシのテラス側に見える網戸も隠したいので、新たにサッシ手前側に木製の方立を立てて、そこにプリーツ式網戸を収める計画としています。

DSC_7432_pt

まだこの段階では、却って天井が下がってきて圧迫感が増しているように感じれそうですが、出来上がりはきれいになる予定です…。床の工事も、同時進行で進んできています。

R5540845_pt

こちらは、事前に大工さんたちが工場で曲げ加工してきたFGボードです。水に浸しながらゆっくり圧力を加えて曲げてゆくので、均一には曲がってきませんが、曲がった形で組んだ下地にビスで固定することで、全体のカーブが出来上がります。

DSC_7436_pt

天井の梁だけでなく、リビングの床と窓サッシの下端も20センチほどずれていました。ベランダと一体感が感じられる式台が、室内側にも伸びているイメージで、このような台を作ってもらいました。窓サッシ戸の間に溝が見えますが、そこにプリーツ網戸が入る予定です。

DSC_7439_pt

床は、元々が直床でカーペット張りだったので、マンション管理組合の規約に則った、遮音マットを敷いて、その上からフローリングを張るための下地ベニヤ板を敷き込んでもらっています。

DSC_7501_pt

FGボードと床下地が張り終わったリビング空間を横から見た様子です。カーブの部分と平らな天井が繋がっただけで、圧迫感は随分減ってきていると思っているのですが、如何でしょうか?

R0054536_pt

まだ、複雑な形状の枠材が現場に置かれていました。設計した僕らは、仕上がりイメージを考えながらデザインしていますが、造る側のリフォームキューでは、それらをどのように作ってゆけば、材料に無駄がなく、かつ効率的に作ってゆけるかを検討して、材料を発注してくれています。役割の違いではありますが、僕らのデザイン性を理解して、それを頑張って実現してくれる施工側には、感謝あるのみです。

DSC_7492_pt

同じ大工造作工事では、玄関タタキ横のベンチ家具の下地も組まれていました。

DSC_7451_pt

設備に絡む形で、浴室の壁&天井下地工事も進んできました。

DSC_7461_pt

後は、ちょっとの間、この気持ち良いテラスに仮置きされていたハーフユニットバスを組み込んでゆきます。
それにしても、このテラスで緑に囲まれながら露天風呂を楽しめたら、どんなに気持ちが良いのでしょうか…。

R0054644_pt

そして、後日ハーフユニット浴槽が組み込まれた浴室の様子です。手前、洗面脱衣室との壁下地も上がってきました。

廊下の床のフローリング張りも始まりました。IOCの幅広フローリングのオーク40クリアブラッシュドを採用していますが、通常の張り方と少し変えて、壁の縁四週にボーダー状に一枚廻したうえで、中には横張りしてゆくスタイルで張って貰っています。

R0054643_pt

張り終わってきたリビングのコーナー部分のフローリングです。広い面積を、一様に張ってしまうと、ノッペリしてしまいがちなので、今回はこのような工夫をしてみました。

タグ

2016年01月06日 | 窓際の梁を隠す、R形状の下がり天井 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸

木軸大工工事@白金台P邸

解体工事が無事完了し、墨出しも終わった白金台P邸リノベーションの現場では、木造軸組み工事が始まっています。比較的築浅のマンションでは、LGS(軽量鉄骨)を使って壁を作られていることが多いのですが、今回の白金台P邸のような築30年を超えるヴィンテージマンションでは、天井はLGSながら壁は木軸という混成工法で作られているケースが多くあります。

DSC_7053_pt

リフォーム工事に於いては、基本的には元からの作り方を参考にして、似たような材料を使って新規壁や天井をつくってゆくのが王道ですが、LGSと木軸だと材料も二種類、職人さんもLGS屋さんと大工さんと手数が増えてしまうので、今回は壁に倣って木軸で天井も組んでゆくことになりました。

DSC_7070_pt-2

写真正面の柱形の左側に、壁がえぐられているように見える箇所は、以前壁付けエアコンが設置されていました。新しく梁型を拡張するように伸びてきている下がり天井内に天井カセット式エアコンを仕込むことにしています。

写真 2015-11-26 13 27 42_pt

こちらは以前のエアコンの冷媒管(白い管)とドレイン管(灰色の管)を、新たに作った下がり天井へと繋ぎこんでいる様子です。梁型の手前に板が伸びてきているのは、間接照明を仕込むためのアゴ製作の下地です。

DSC_7398_pt

アゴの下地となるランバーをしたから支えるサポート在を大工の工藤さんが丁寧に作ってくれている様子です。

DSC_7400_pt

大工工事では、窓際をすっきりさせるための内枠の造作も始まっていました。従来は窓開口部の外側にスライド式の網戸がありましたが、折角の窓からの景色を阻害する要素になっていたので、新たに内枠を作って、その凹部にプリーツ網戸を組み込むようにしています。

DSC_7406_pt

廊下からリビングダイニングに入る扉のための枠も取り付けられていました。

DSC_7075_pt

奥の寝室から水回り(正面左側)とウォークインクローゼット(正面右側)を見返した様子です。かつては廊下だった部分を水回りに取り込んだり、変形だった二つの寝室の形を整える作業をして貰っています。

DSC_7068_pt

キッチン内では、キッチンカウンターを取り付ける位置が変わったので、そのための袖壁の設置や、吊戸棚を固定するための下地作業も始まっていました。

DSC_7085_pt

ほぼ同時進行で、設備の配管工事も進んでいます。こちらの写真は浴室内ですが水色の給水管とオレンジ色の給湯管が外から入ってきています。

R5540742_pt

設備配管は元々躯体壁に開いていた小さな隙間やスリーブから最短距離を目指して配管されています。騒音問題で、シンダーコンクリートが斫り切れなかった箇所でも、このように狭い空間を活かして配管を設置して貰っています。

DSC_7065_pt

こちらは書斎部分の天井裏の換気関連のダクトです。室内強制排気型のガス給湯器があるので、奥の二本のダクトがそのための給気と排気を担ってくれるのです。

DSC_7397_pt

設備機器関係では、ハーフユニットバスが現場に搬入されていました。

芝白金ヒルズP

照明器具が決まっていなかった、廊下のブラケット照明(壁付け照明)器具も、良いものが見つかったので、高さ関係をチェックするために、壁に赤いテープで形状を貼ってバランスを確認してみました。

 

タグ

2015年12月21日 | 木軸大工工事@白金台P邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸

シンダーコンクリートの斫り&解体工事@白金台P邸

バルコニーから緑しか見えない白金台P邸プロジェクトですが、設計内容が詰まってリフォーム会社との見積り調整もできたので、いよいよ工事着工となりました。

R5540431_pt

管理組合へのリフォーム申請、近隣にお住いの方々へのご挨拶を経て、解体工事が始まりました。既存の建具や造作の家具は塗装し直して再利用するのですが、キッチンや設備関係は大幅に手を入れることになっています。

R5540434_pt

写真でスッポリと穴が開いているように見える箇所は、壁型のエアコンが設置されていた場所です。今回のリフォームでは梁型をフカして(膨らませて)天井カセット式エアコンに変えるので、この場所には飾り棚を作ることでできます。

R5540435_pt

キッチンキャビネットが撤去されて、ガランドウになったキッチンエリアです。ただ、このエリアの解体はこれだけでは済みません…。

R5540536_pt

床下に隠れている排水管などの配管類をできる限り交換するために、シンダーコンクリート(軽量コンクリート)を斫る(ハツる)作業があるのです。同じマンションをかつて同じチーム(カガミ建築計画+リフォームキュー)で工事したことがあるので、大よその構造や設備が判っているので、こういった段取りはスムーズに進んでいます。その時も現場監督をしてくれた富田さんが職人さんと一緒にハツリ工事を手伝ってくれていました。

R5540613_pt

嵩上げされていたシンダーコンクリートを全て撤去したところ、このような配管類が出てきました。室内型給湯器があるので、ガス管と給水・給湯管があり、そこに勾配を取りながら排水管が流れている、このすべてがコンクリートの中に埋設されていたのです…。
勿論撤去できない部分は出てしまいますが、築古マンションなので見える範囲の配管類は全て交換する予定となっています。

R5540586_pt

同じキッチンの床でもキャビネットが置かれたいた部分の下にはシンダーコンクリートがなく、床下にベニヤ板を開けるとこのように配管が整然と並んでいる個所もありました。

R5540429_pt

ハツリ工事は浴室でも行われました。一度リフォームされてきれいになっていた浴室ですが、お施主さまの好みとは違っていたので、水回りもほぼ全面やり直すことになっています。

R5540488_pt

浴槽を撤去すると、このようにコンクリートブロックが積まれていました。

R5540599_pt

そのコンクリートブロックを撤去して、シート防水されていた部分も撤去すると、このようになります。新しく設置する浴室エリアについては、シンダーコンクリートまで撤去して、その他は配管が交換できる部分だけ斫り工事を行いました。

DSC_6894_pt

リフォーム前は二つ浴室がありましたが、一つは洗濯機をなどを置くユーティリティーとして使う予定なので、こちらについても浴槽を撤去して、シンダーコンを斫って貰っています。

R5540631_pt

設備の配管ルートに沿って斫っている途中の様子ですが、何か古い遺跡の発掘作業のような景色ですね…。
ただ、実際は騒音が発生する時間帯をなるべく少なくするために、3か所で同時にハツリ工事を行っていたので、室内で道路工事をしているような大騒音で、打ち合わせもできず、ホコリで写真も上手く撮れないような状況でした。

DSC_6898_pt

まだ少しホコッた錠多雨ですが、概ね解体工事が終わった現場の様子です。

R5540592_pt

現場の廃材搬出が終わった所で、墨出し作業に入りました。今回は大きく間取りを変更する箇所は少ないので、墨出し寸法のチェックもとてもスムーズに進みました。

R5540652

この間にも、お施主さまのPさまとはインテリアデザインを詰める作業をしています。原宿のアドヴァンで水回りに使うタイルや大理石を見比べている様子です。
因みに机の上に載せてある黒いパネル状のものは…

R0054138_pt

こちらです。既存で使われていた家具の扉をリフォームキューに持ち帰って貰って、こちらが指定した色とツヤにサンプル塗装して貰ったものです。4種類の色ツヤを作ってもらいましたが、Pさまとの打合せで右手前の一番黒い色で進めることに決まりました。

 

 

タグ

2015年12月01日 | シンダーコンクリートの斫り&解体工事@白金台P邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸

窓から緑しか見えない都心のオアシス・白金台P邸プロジェクトスタート!

新しいプロジェクトがスタートしましたが、まずはこちらの写真をご覧ください。

R5540310_pt

大きなリビングダイニングの南面窓からの景色です。港区白金台の住所ですが広いテラス越しには緑しか見えません。

DSC_5596_pt

テラスに出たところの景色です。こちらも自分の建物の外観以外は鬱蒼とした自然しか見えません…。

DSC_6425_pt

築30年で180平米超えのこちらのマンションをご購入なさったお客さまからのPさまからご相談があって、ほぼスケルトンにしての全面リフォームのお手伝いをすることになりました。

R5538485_pt

一度大きなリフォームを経験済みのお部屋のようでしたが、空調や給排水設備関係はほぼ全て撤去して交換する必要がありそうでした。お施主さま立ち会いのもと、壁裏のエアコンを調査している様子です。

R5538480_pt

こちらは玄関ホールです。壁面いっぱいにクラッシックな造作家具と収納が据え付けられています。これらをどのようにデザインして再調理(?)してゆくかをお施主さまと工事をお願いすることになるリフォームキューの岩波さんと相談させて頂きました。

DSC_6431_pt

同じ玄関ホールを玄関扉側から見返した写真です。現時点では、既存造作収納や建具を活かして再塗装で色を変えて、よりシックでヴィンテージ感を感じられるようなデザインにリフォームしたいと考えています。正面には小さな和室が見えていますが、こちらもお施主さまとのご相談で、書斎に変えようと画策しています。

R5540402_pt

既存のキッチンは完全にクローズ型のとても広い空間です。本来はオープンキッチンに変えたかったのですが、壁式工法で作られているマンションなので、壁を抜くことは難しそうです…。

DSC_5591_pt

こちらは前のオーナーさまが水色タイルをベースにリフォームした水回りです。リフォームの費用を考えると、何とかこれを活かしてきれいに使いたいのですが、浴室洗い場と洗面の境はカーテンで、防水性能などに不安があるので、どこまでリフォームするかは要検討です…。

DSC_5590_pt

主寝室の奥に作られていた桐の突板で作られた既存ウォークインクローゼットは、とても素晴らしい出来なので、このまま再利用することが決まりました。

shirokanedaiM

前回リフォームされた時のきちんとした記録がなく、マンション管理組合に保管されている図面と見比べてみても、どこがコンクリート躯体で、どこをどのように変えたのかがはっきりとしない状況です。まずはお施主さまと現調時にお話をした内容を簡単に纏めてみたものがこちらの図面です。

R5538477_pt

お施主さまのPさまからは、とにかく都心に稀有な緑しか見えないこのお部屋の特徴を最大限に生かしたリフォームにして欲しいとお願いされております。これからどのような方針でリフォームデザインを進めてゆくか、担当スタッフの前田君と一緒に考えてゆきます。

タグ

2015年11月02日 | 窓から緑しか見えない都心のオアシス・白金台P邸プロジェクトスタート! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台P邸