「マンションリノベーション」のアーカイブ

造作家具週間@元麻布I邸

元麻布I邸の現場は、この一週間のほぼすべてが造作家具の搬入組み立てに費やされました。

dsc_3152_pt

220平米の空間に、これ以上は置けないほど本棚を設置して欲しいとのご依頼に加え、リビングのAVボードやキッチン横のパントリー、洗面やトイレのカウンターに加え、造作家具と揃えたデザインの扉(建具)等、様々な種類の箱やパネル、カウンター板が現場に運び込まれました。

dsc_3180_pt

リビングの窓際で組立て中なのは、大きな造作AVボードです。PS(パイプスペース)と柱型の出っ張りに合わせたサイズのローカウンターで、仕上がりはすっきり見える予定ですが、実は内部にはテレビ・ステレオ関連の配線が複雑に絡み合い、排熱するシステムまでが組み込まれているので、造作家具の箱の設置段階から大仕事になっています。

dsc_3154_pt

黒いネロ・マルキーナという大理石の甲板を色を合わせるために、オーク突板を木目を半分見えるように(セミ・オープンポア)に黒く仕上げて貰った材料を組み立ててゆきます。

dsc_3244_pt

一通り組み立てられたAVボードです。フレーム状に天井にも枠が回っており、甲板と壁に柄を揃えた大理石を貼ってゆきますが、窓廻りは黒く塗装した鉄板を張って貰うなど、まだ細かい調整が残っています。

dsc_3237_pt

組み上がったAVボードをダイニング側から見た様子です。まだ手前で職人さんたちが削り合わせているフィラー(壁と造作家具の隙間を埋める材料)や棚板が組み込まれてゆきます。

dsc_3176_pt

廊下には、大量の本棚が組み込まれてゆきます。

dsc_3167_pt

隣り合った本棚の側板をピッタリと寄せることで、縦横の桟のサイズがあってくるデザインなので、このようにクランプを使って、ガッチリと隣同士を連結してゆくことになります。

dsc_3171_pt

扉で開口部がある上部にも本棚が続いているんで、その部分も竪桟を二重に重ねないデザインで作って貰っています。見た目はどうということない納まりに見えますが、実は相当面倒な作り方なのです…。

dsc_3256_pt

ほぼ出来上がったプライベート廊下の本棚群です!

dsc_3164_pt

それ以外にも、パブリック部分に並ぶ黒い本棚や、

dsc_3165_pt

ご主人の書斎の壁にも両側に本棚が並んでゆく予定なのです。

dsc_3161_pt

こちらは、キッチン横に組み込まれているコーヒー&ワインコーナーの棚です。正面右奥のカウンター下にビルトインのワインセラー機器が組み込まれる予定です。

dsc_3254_pt

収納量は大量に確保したいのですが、全ての壁面が収納で埋まってしまうと、圧迫感が出てしまうので、この吊戸棚のように、一部をオープンにしたり、色味やサイズを細かくコントロールして、軽やかに見えるように工夫しています。

dsc_3272_pt

以前にある程度組み上がっていた洗面所のカウンターにも、白いビアンコブロイエという大理石の甲板と立ち上がり壁が設置され、メディスン・キャビネットも取り付けられています。

dsc_3261_pt

来客用トイレの手洗いカウンターにも、AVボードで使う黒大理石の残り板を有効活用したカウンターが付きました(今回の大理石は、スラブという大判の状態で買っています。大きく材料取りした後に残った部分が無駄にならないように、他で転用できそうな部分はなるべく使い切るようにしているのです)。

dsc_3174_pt

こちらは主寝室の入り口に作っている小さな引出収納ですが、こちらの天板には洗面の白大理石の残りを使うことにしています。

dsc_3252_pt

その他にも、キッチン壁のイタリア・フィアンドレ社(日本側の輸入代理店アークテック社)の大理石柄大判タイルの貼り込みも始まっています。

r5552488_pt

重量のある大理石の貼り込みと比較すると、大判ながら6ミリと薄いタイルなので、二人の職人さんで軽々と持ち上がっていて、安心感があります。
ここ数日は、大好きな造作家具組立て週間でしたので、ほぼ毎日、担当スタッフの前田君と現場に通いました。お陰さまで、大きな問題なく据付けが進み、あとは竣工まで秒読みになってきました。

 

 

タグ

2016年11月14日 | 造作家具週間@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

引き込み扉の特注取っ手のバリエーション

引き戸を作るときは、なるべく壁の隙間のポケットに入り込む形の引き込み戸で作るようにしていますが、いつも工夫しているのが取っ手の形状と素材です。既製品では、取付け方法や色味のコントロールが難しいので、鉄を加工して貰った特注の取っ手をオーダーで作って貰っています。

r5552519_pt

こちらは、造作家具に揃えて、突板に同じ染色をして貰った建具です。ここでの特注取っ手は、いつもよりサイズを大きくして、染色の色に合わせて焼き付け塗装をして貰いました。取っ手のサイズに合わせて、建具にも横目地を入れて貰っています。

r5552523_pt

黒染色の突板で作って貰った建具では、ステンレスのバイブレーション仕上げ(方向をわざと乱して研磨した仕上げ)の取っ手も作って貰いました。焼き付け塗装をしないと、溶接跡を隠すことができないので、試作品を作って貰って研究した成果です。

r5551447_pt

余談になりますが、これらが以前から試作として作って貰った特注取っ手です。一番左で木材に組み込まれたものが通常の焼き付け特注取っ手で、その左からバイブレーション仕上げ、ヘアライン仕上げ、ステンレス鏡面仕上げのものです。

r5551443_pt

造作家具と建具の8割方をお願いしている現代製作所の藤田さんと取っ手試作品を見ながらの打ち合わせ時の様子です。

r5551442_pt

右下のスケッチが、試作品を作るうえでこちら側でお願いしたイメージ図です。いつかは、鏡面仕上げの取っ手も、どこかのプロジェクトで使ってみたいと思っています。

タグ

2016年11月11日 | 引き込み扉の特注取っ手のバリエーション はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

アンティコスタッコ壁の作り方@元麻布I邸

大規模リノベーションの元麻布I邸では、玄関ホールとダイニング壁の一部をアンティコスタッコで作ることになりました。
「アンティコスタッコ」とは聞き馴れない建築用語かと思いますが、ベネチアンスタッコとも呼ばれるもので、大理石を細かく砕いた粉を漆喰に混ぜて、ヘラを使ってムラ感がありながら光沢感のある美しい壁を作る技術のことです。

dsc_3118_pt

アメリカではよく使われる技法でしたが、日本に戻ってからは使ったことがなかったので、リフォームキューの現場監督の神成さんに工程を事前に確認しておいて、施工される様子を見学に行って参りました。

dsc_3111_pt

写真の左側の壁と、そこからさらに折れ曲がってダイニングの突き当りまでの壁がアンティコスタッコで仕上げる壁となっています。

dsc_3115_pt

日本でも幾つかの会社が施工してくれるようですが、色合いが最も美しく、色の種類も一番多かったAIZUさんにお願いしています。こちらが事前に調合されたアンティコスタッコのベースです。

dsc_3122_pt

僕らが見学に行った前々日からボード壁のパテ処理、そして前日にはラフな下塗りを終えている段階でした。そこから職人さんがヘラで塗ってゆくのですが、その手の動きのスムーズなこと…。
左官といえば、鏝(コテ)にもっと湿気のすくないモッサリした土状のものを持って押し付けてゆくものです。塗装といえば、ローラーや筆にもっと湿気の多い液状のペンキを塗ってゆくものですが、アンティコスタッコは、ちょうどその中間のようなものでした。お好み焼きで使うヘラに、ちょっとベースをのせて、ランダムな円弧を描くように塗りつけて、同時に磨きだしてゆくような作業でし。

dsc_3078_pt

まだ完全に乾いた状態ではありませんでしたが、こんな感じに仕上がってゆくのです。

dsc_3067_pt

当日の作業が全て終わってから数時間経った状態です。まだ乾いていないところもチラホラ見えますし、照明を当てていないと地味な仕上げにしか見えませんが、肉眼ではきれいに仕上がっていました。
外壁と同じザラッとしたタイルが貼られている玄関ホールとリビングに対して、滑らかでしっとりとしたアンティコスタッコの壁が上手く対応してくれそうです。素晴らしい職人技と仕上がりの美しさでワクワクする一日でした!

 

 

タグ

2016年11月08日 | アンティコスタッコ壁の作り方@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

大理石&大理石調タイルの使い分けについて

青山P邸の工事現場では、大理石と大理石調タイルを張る作業が始まっています。

dsc_3208_pt

玄関ホールとダイニングの間にある壁には、グリジオ・ビリエミという大理石が貼られています。右手側に縦に一本スリットが入っているのが見えますが、そこはステンレスのコの字型の金物が入っており、後日ガラスが取り付けられる予定です。

dsc_3224_pt

こちら廊下突き当りの壁は大理石調のタイルです。アドヴァンのイマルミ・グリジオという600角のタイルです。

dsc_3209_pt

玄関からの廊下がここで突き当たって、右へと曲がるとプライベート廊下へと変わってゆきますが、その結節点に当たる部分にこのタイルが貼られています。

dsc_3211_pt

洗面所と浴室には、やはりミネラルDリビング(アドヴァン)という大理石調タイルを使っています。

dsc_3215_pt

タイル張り作業を接近してみた写真です。タイルの目地幅が均一になるように、このような十字型の黒いスペーサーを挟んで張ってゆくのです。本物の大理石を壁に貼る場合は、「眠り目地」といって目地幅をゼロにすることが可能ですが、硬くてその分脆いタイルでは、最低でも2ミリほどの目地が必要になってくるのです。因みに、床の場合は特にマンションでは二重床となると、人の荷重で揺れるので、大理石でも眠り目地はできません。

dsc_3148_pt

キッチンのガスレンジ正面に当たる壁は大理石調タイル張りで、

dsc_3150_pt

キッチン床は本物の大理石張りです。

dsc_3139_pt

玄関床の本物の大判大理石張りで、

dsc_3151_pt

そことフラットに繋がった通り抜け型シューズインクロゼットのタタキ部分にも大理石を貼って貰っています。

dsc_3141_pt

来客用トイレの床と壁も大理石張りとしています。

dsc_3231_pt

本物の大理石が手前に張られていて、奥に大理石調タイルが貼られている様子です。
やはり色味や柄などに由来する迫力は、真正の大理石の方が迫力があります。ただ、石の厚みや貼る職人さんの手間、費用などを考えると、どこもかしこも大理石という訳にはいかないのです。その時に、奥の方に見える壁や水が掛かるような壁(本物の大理石は水が染みこむので、洗面やキッチンに使う場合は十分は撥水加工が必要になるのです)には注意が必要なので、そんな部分に大理石調タイルを使うことで、上手くメリハリを出すようにしています。
また、部屋に入ってすぐの部分などで、目につきやすい個所や間近でテクスチャーが見えるような場所にはなるべく本物の大理石を使い、ちょっと離れた場所や頻繁に水拭きするような個所には大理石調タイルと使い分けるようにしています。

dsc_3551_pt

3日後には、大理石壁にガラスの袖壁が取り付けられていました。職人さんが間違って突っ込まないように、養生テープがバッテン状に張られています。職人さんがちょうどガラスを固定するためのコーキングを打っている最中でした。やはり本物の大理石は光が当たると特にきれいに見えます。

dsc_3549_pt

ガラスコーキング作業を反対側のダイニング側から見返した様子です。

dsc_3538_pt

先ほどタイルが先行して貼られていた洗面脱衣室には、ダブルボウルのシングが乗る洗面カウンターが設置されていました。その上部にタイルが貼られていないのは…

dsc_3552_pt

こちらで調整中のメディスンキャビネットが取り付けられるからです。両側には鏡付きの扉の収納キャビネットで、中央にはチーク突板の飾り棚が付いたちょっとおしゃれな構成としています。

dsc_3536_pt

来客用トイレにはウォールナット突板張りの手洗いカウンターが設置され、

dsc_3555_pt

SICには大容量の靴収納棚が設置されました。

 

タグ

2016年11月01日 | 大理石&大理石調タイルの使い分けについて はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山P邸

レザー張り建具のディテール研究&工場訪問 

元麻布I邸の玄関ホールからリビングへの建具を人工レザー張りにしたいと考えています。これまでも、幾度か家具の天板や建具などに人工レザーを張って貰った経験がありますが、スティッチを入れた際の糸の細さや、その間隔といったディテールのことや、どのようなことができて、何ができないのかを研究したいと以前より思っていました。

r5552205_pt

今回の建具製作をお願いしている現代製作所の藤田さんから、レザー加工を依頼している工場を紹介して貰い、スタッフの前田君と一日掛けて栃木県の工場まで打ち合わせ兼見学に行って参りました。
先方では、東京からわざわざ設計者が来るというので、何を知りたがっているかすら判っていないようでしたが、欧州のハイブランドで使われているレザー張りの建具や、レザーを使った取っ手ディテールなどの写真を見て貰いながら話をさせて貰ったところ、食いつくように写真を見ながら、これは出来るが、あれはどうやって作っているか判らない等、工場の人たちが集まって話をしてくれました。

r0058280_pt

事前に、現代製作所経由で制作を依頼していたサンプルを見せて貰いながら、スティッチの線が曲がってしまう理由やコーナーでスティッチの間隔を合わせることが如何に難しいかの説明も聞かせて貰いました。

r0058281_pt

スティッチの線が曲がってしまう理由は、下地として使っているベニヤ板の繊維にあるとのことでした。先ほどのサンプルの背面を見たところですが、ベニヤの繊維の方向に沿って縫っていると、微妙な力具合で繊維に負けてしまうそうです。
それでは、下地をベニヤ板代わりに繊維質がないMDFやアクリル板で作ったらどうかと聞いてみたところ、試してみる価値はありそうだと言ってくれましたが、硬い下地だと針が折れてしまう可能性もあるとのことでした。

実際に作業をしているところを見せて貰いたいとお願いして、2階の作業所に連れて行って貰いました。

r5552220_pt

ミシンは家庭用ミシンを大きくしたようなものでした。貼る下地に合わせて作った大きなT定規(T字型のガイド)のようなものを使って、手で支えながらゆっくり5センチずつを縫ってゆく地味な作業でした。

r5552229_pt

こちらが縫製用のミシンです。かなり使い込まれた年季物でした。

r0058305_pt

厚手の下地だと、縫ってゆくうちに針が熱を帯びてしまい、そのことが原因で糸が切れてしまうことがあるそうで、職人さんが独自に工夫して、ミシンの上にオイルポットを取り付けて、糸をオイルに潜らせて熱を帯びることを防いでいるそうです。

r0058310_pt

濃い木のガイドも職人さんが作ったもので、それに沿って大きなレザーパネルを動かしてゆきます。表面が濡れているように見えているのがオイルの跡で、縫製後にきれいに拭えるそうです。

r0058298_pt

こちらは二つの針と裏地テープで、二枚のレザーを継ぎ張りできるミシンです。

r5552237_pt

一枚のレザーにこちらのミシンを使うと、8ミリ間隔でスティッチを入れることができます。

r0058296_pt

こちらは職人さんが今まで作業しながら作った型紙です。企業秘密だから、写真は撮らないでと最初はいわれましたが、この写真を見せても、誰も何だかすら判りませんよと言ったところ、笑って許してくれました。

dsc_3058_pt

工場には、沢山の人工レザーや厚手の布のロール生地がストックされていました。

dsc_3057_pt

レザーを縫い合わせる糸もあらゆる色のストックが置かれていました。

dsc_3063_pt

こちらが工場の1階の様子です。昔は技術を活かして、色々な細工をした家具やパネルなどを制作していたそうですが、残念ながら今のレザー家具の主流はファミレスのベンチ型シートがほとんどで、作り甲斐のあるものが少なくなってきたと嘆いていました。それだけに、欧州のレザー家具や金物などの細工は刺激になったようで、僕らが依頼したレザー建具も良いものに仕上げたいと力強く言ってくれました。

 

 

 

タグ

2016年10月28日 | レザー張り建具のディテール研究&工場訪問  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

塗装下地のパテ処理の重要性について 

青山P邸の現場では、壁と天井が塗装仕上げなので、その下地作りでパテ処理が行われています。

dsc_2986_pt

こちらはダイニングの天井のパテ処理状況ですが、中央に黒くスリットが入っているのが照明ボックスです。木製のボックスを天井とフラットになるように埋め込んで、周囲の石膏ボードとの継ぎ目をパテ処理してゆきます。

dsc_2987_pt

170平米と広いマンションなので、奥の部屋から順序立ててパテ処理をしているので、こちらリビングダイニングはまだ一度目のパテ処理最中です。最初は、石膏ボードを固定しているビスの頭部分をパテで埋め、ボードの継ぎ目(ジョイント)は寒冷紗を貼ったあとでつぶしてゆきます。

dsc_2992_pt

こちらはパテ処理が先行して行われている奥のプライベート廊下と個室部分です。ビスとジョイントを埋めた後、二度目のパテでより幅広く処理範囲を広げている様子が判りますね。

dsc_2998_pt

廊下に面した個室の建具周りは、さらにパテ処理が進んで、ほぼ総パテ(全面パテ塗り)状態まで行っています。総パテまでする職人さんは少なくなってきていますが、ここまで進むと、すでに塗装されたような状態に見えてきます。

dsc_2983_pt

これはリビングの一角に作っている書庫コーナーの天井ディテールです。目地の個所で、塗装色を塗り分けるので、プラスチック製の目地を入れて貰っています。塗装用パテ処理では、このボードとプラスチックの継ぎ目もパテで一体化させてゆくのです。

dsc_2980_pt

これがリビング側からみた書庫コーナーです。ニッチ状に凹んだ箇所に本棚が組み込まれきます。塗装で仕上げるメリットは、天井や壁が一体感を持つことだと思っています。両者がシームレスに繋がることで、空間性を強く感じることができるのですが、その際にどれだけ丁寧にパテ処理したかで、後々ヒビが入ってくる度合いが違ってくるのです。

dsc_2990_pt

こちらはまだボード張り後何もされていない玄関ホールです。壁と天井に細いスリットが入っていますが、ガラスの袖壁を嵌め込むC型チャンネルが埋め込まれた状態です。

dsc_3004_pt

玄関框と姿見の鏡が貼られる凹みと木製幅木の取り合いディテールです。こういった異種素材が出会った箇所は良い丁寧に考えてゆくことで、空間の一体感が強まると思っています。

dsc_2993_pt

こちらは浴室のステンレス枠とタイル張りの枠の取り合いです。白いシールで保護された部分は鏡面仕上げのステンレスで、そこに突きつける形でタイルが貼られる予定です。
塗装下地のパテ処理や、細かいディテールの組立てと目立たない工程が続きますが、この過程をどれだけ丁寧に進めるかで全体の仕上がり感のグレードが決まってくるので、本当に大切なプロセスだと思っています。

 

タグ

2016年10月14日 | 塗装下地のパテ処理の重要性について  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山P邸